2008年01月31日

ホッパー・路上を走る


 これまでにも長鉄ゆけむり号やら南海ズームカーやら、当レイアウトの併用軌道上を色々と走らせてきましたが、今回のは少しありそうなシチュエーション?かも知れません。

 先日入手した河合のホキ83004両セット。車体にひときわ目立つ「農協マーク」が何とも懐かしい代物です。これにKATOのホキ2200を組み合わせて昨年暮れに入線したDE15に牽引させて運転させました。どこかの臨港線ならもっと様になる所ですが、ここは一応観光地という設定。さすがに少し苦しい感じもします。

 観光バスの群れの中だとおかしいでしょうが、上の写真の様に路線バスやタクシー、バキュームカーまでもが行き交う交差点付近を走らせると意外にミスマッチ感がない気もします(自画自賛)
posted by 光山市交通局 at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | レイアウト・竹取坂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月30日

カーコレ第5弾


 カーコレの第5弾が発売されました。今回のはデュトロ・キャンター・エルフ・ハイエースの4車種で小型トラック系が中心です。
 今回私の購入したカートンがたまたまそうだったのかもしれませんが妙にエルフのバキュームカーが多かった気がします。これとは別に以前からGM製のバキュームカーも作っていたので手持ちのラインナップは凄まじい事になりました。
(人口20万級の地方都市に住む私ですが、そこですら最近は汲み取り業は急減しています。その内にバキュームカーもノスタルジーの対象になるのでしょうか?)

 まあ、それは置いといて今回のラインナップは「どこででも見かけそうな風景の一部としての車」が選択されているようです。これらの車、単体で見るとどうということはないのですが他の車種などと組み合わせてシーナリィの中に配置すると途端に相乗効果か車も風景も生き生きと見えてくるから不思議です。
 こうなって来るとワンボックス・ピックアップ等でも1セット出して欲しい感じもします。
posted by 光山市交通局 at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | アクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月29日

電車注意


 前回、気付いた足りない「あるもの」。
 今回のセクションは交差点に専用軌道から電車が侵入するシチュエーションですので当然電車の接近を車に報せる警報機・又は表示板が必要な事に気付いたわけです。
 たまたま見かけたテレビの江ノ電の場面に警報表示が出ていましたのでTOMIXの架線柱をベースに表示板などを追加して設置してみました。交差点ですので反対側にも同じ物が必要ですが、とりあえずは1本で対応です。
posted by 光山市交通局 at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | アクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月28日

今年最初の新車


 豊橋鉄道市内線モ3502「ヤマサちくわ号」が今年購入の新車第一号となりました。いわゆるラッピング電車ですが先日製作した交差点を横切る風景に入線させると賑やか感が一層高まる感じがします。

 この車輌、元々は東京都電の7000なのだそうですが、真っ赤な車体でもそれほど違和感は感じませんでした。似たような塗装の岐阜市内の路面電車を見慣れていたからかもしれません。MODEMOのこの形式は個人的には腰高で車輪が大きいイメージがありこれまで購入してこなかったのですが、実際に走らせる分にはそう違和感も無いようです。

 ところでこの路面電車をターミナルから交差点に進入させている時にふと、あるものが足りない事に気付きました。早速製作に取り掛かっています。
posted by 光山市交通局 at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 車両・路面電車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月27日

レイアウトの青空


 久しぶりに覗いた店で処分品として並べられていたレイアウト用背景画。以前購入したファーラーのそれが山岳風景中心で都市風のレイアウトにそぐわない所もあったのですが、今度のは空の面積も広くシーナリィの邪魔にならない様だったので早速飛びつきました(これもファーラー製のようですが)
 これまで使っていたアルプスのそれと差し替えてみたのですが、今回のは天地方向がかなり大きく(大体60センチ以上?)Nのレイアウトで使うとかなり雄大に見えます。特に高架上の列車などをあおり方向で見上げる際にかなり自然な感じが出ます。
 以前にも書きましたが、雲が上の方ほど大きく、下に行くほど小さく描く事で単に空があるというだけでなく奥行き感を感じさせているところは流石レイアウトの本場の製品と思います。下方には田園風景が描かれていますが当レイアウトでは殆ど高架や町並みの陰になって見えません。
posted by 光山市交通局 at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | レイアウト・竹取坂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月25日

カーコレ次回作

 そろそろ今年のカーコレ・トラコレ等の新製品予定の情報があちこちから聞かれています。
 今月末にカーコレの第5弾(ハイエース・エルフ等の小型トラック中心)がリリースされますが、早くも次回作に最近のコンパクトカーがリリースされるとの事。
 現行型ヴィッツとマーチ、先代のフィットとデミオという組み合わせのようですが、これまでやや手薄なジャンルだった事もあり嬉しい話です。

 写真はカーコレではなくトミカのマーチとフィットですが、次回のラインナップは全てトミカでも既にリリースされている車種です。
 これらがNスケールの大きさになるわけですが、実際のカーコレでも写真と同様にミニパトが入っていると有難いですが・・・
posted by 光山市交通局 at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | アクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月24日

新交差点にて


 先日作った交差点に車を思い思いに並べている所です。
 車の密度や車種の分布などでレイアウトの性格はもとより、曜日や時間帯の表現も可能と思われますので分解式のレイアウトとはいえ、車類は原則として固定していません。

 丁度サイドカーや頭文字Dのランエボなどが入手できたのでこれらも早速参加させています。

 私自身がそれなりに車好きでもあるのでレイアウトに並べる車はシチュエーションに合わせられるように出来るだけ多種類を揃えたいと考えているのですが、最近の昭和ブームの影響かレトロ系の車種の充実に比べると比較的最近の車種、レトロでも70年代の車種などはまだ手薄な印象です。
 一例を上げると485系・583系などが活躍した昭和40年代後半の新型車が殆どありません。(スカG とZ位でしょうか)個人的にはセドリック230や初代シビック、サバンナ、セリカ、2代目ローレル、初代タウンエース等は活用範囲も広く是非欲しいところなのですが。

 尤も、今年はその辺りがかなり改善されそうな気配があるので期待はしていますが・・・
posted by 光山市交通局 at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | アクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月23日

新たな交差点

 先日追加した陸橋部分はJR線を跨ぐとすぐに路面電車線が横切る部分、更にトロリーのリバース線のある併用軌道部とも交差し、線路と道路が入り乱れた変形五叉路(?)となりました。

 この部分、かなり複雑なので区分線の描き方や信号機(場合によっては警報機も)の配列に工夫がいりそうです。

 とはいえ、製作していた時は余り意識していなかったのですが出来上がってみるとこの部分はかなり賑やかな感じがします。特に車や電車を配置すると活気のある風景になるようです。

 実際、このポイントは高低差があるとはいえ、JR線と路面電車線が最も接近する一角でもあるので2・3の列車を交互に走行させる事で更に活気ある風景を演出できそうな気がします。

 陸橋の上から人間視点で見回すとトロリーのターミナルから接近してくる列車を見渡せます。
posted by 光山市交通局 at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | レイアウト・竹取坂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月22日

ディーラー周辺・跨線部の加工


 先日も記しましたが、メルセデスのディーラーの敷地の一部は以前コントロールパネルだった部分に食い込む形で移設されましたが、その前の通りの部分(線路からは道路橋のように見える部分の加工を行ないました。
 加工といっても灰色に着色したプラバンに歩道部や区分線などを施しポイント用ケーブルの通路となった部分にかぶせるだけの物です。
 こうする事でトンネルから出て切りとおし封となった部分を走る列車が再びトンネル(見た目は道路橋ですが)へ入り込んでゆくシーナリィが形成されました。
 実際道路部分を追加しただけなのですが、かなりリアル感が増したように感じます。

 このアングルでは橋の上から下を通過して行く列車を眺めるような感じとなって個人的にはいい雰囲気になったと思います。
posted by 光山市交通局 at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | レイアウト・竹取坂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月21日

番外・あーまーどとるぅーぱー


 この間からコンビニ(一部は無塗装版がトイザラスでも入手可能)で売られている「マイクロスケールシリーズボトムズ・AT&ATコレクション」という144分の1スケールフィギュア。 Vol1ではヘリコプターやキャリアカー等少し無理をすれば(?)レイアウトで使えるかもしれないパーツがあるので注意していたのですが、最近出たVOL2のラインナップにサイドカーがあるのを知り、これなら使えそうに思えたので近所のコンビニで3箱購入してみました。
 最初に開封した箱にサイドカーがあり、一応目的は達したのですが、同梱されていたATの方も組み立ててみると結構いい感じです。

 サイドカーは軍用タイプっぽいデザインですが、手を加えればそこそこ見られそうですし、 そのままでも結構様になる感じです。ただ、サイズが大きめ(過ぎるかも)ですが。 

 パイロットのフィギュアも付属していますが、スケールに比べるとやや大きめです。
 サイドカーはともかく、ATとパイロットは文化会館のコスプレコーナーへ直行となりそうです。これで更に即売会の彩りが充実してきました(笑)
posted by 光山市交通局 at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | アクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする