2008年05月31日

205系1100番台鶴見線タイプ


 最近購入している新車は3〜4両編成の比較的短い物が増えています。レイアウトで走らせるのに手頃な長さである事や地方都市という設定に忠実である事などが理由ですが、最近は自分でもそういう理由で車輌を購入している事に少し疑問も感じているところです(これについてはまたの機会に)

 今回購入したホビーセンターKATOの205系1100番台鶴見線タイプもそんなひとつです。通勤車輌の4扉車でありながら3連でまとまる手頃さと、曲がりなりにも首都圏を中心に「通勤電車」として活躍してきたイメージから当レイアウトへの入線の運びとなりました(同じパターンで入線した物に仙石線仕様の205系や103系があります)
 当レイアウトの本線上を走る普通の電車としてはカラーリングも含めてよく似合っている車輌で今後も活躍しそうです。

 そのうちには現在計画中の地下駅への乗り入れも実現させたい物です。
posted by 光山市交通局 at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 車輌・電車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月29日

バスコレ11弾より


 世間ではそろそろトラックコレクションの第4弾が出回り始めているようですが、今回は大分前にリリースされたバスコレ第11弾の話を。
 バスコレの路線バスシリーズはセレクトは良いのですが、レイアウトで使う身としてみれば出来るだけ同じ会社のバスを複数揃えられる方が助かる物です。ショップによっては何台かまとめたセット物(?)や開封品を並べてくれたりしてくれる所もあるのですが、人気ブランドや地元ブランドの場合思うように手に入らない事も多いので少し困り物です。
 
 私の場合、現住地と実家が別の地方なので実家のある街のショップで現住地のバスを掘り出したりできる事があります(その逆も)又、秋葉原辺りでも地方の路線バスが何台か纏めて売られる事もありますが、欲しい物が手に入る確率は前者に比べると低い様です。

 そんな訳で最近レイアウト用に3台購入したのは第11弾の山梨交通のバスです。カラーリングが複雑ですが、何となくチョコレートの包み紙なんかにありそうな感じで賑やかな所が気に入りました。街中に配置してみても悪くない雰囲気です。
posted by 光山市交通局 at 22:12| Comment(2) | TrackBack(0) | アクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月27日

橋脚の交換

 あちらをやればまたこちらという様にレイアウトの改修作業は気になった所を中心にちょこちょこと進行しています。
 今回はJR駅の橋脚部分を。

 これまでJR駅の外れ側のガーダー橋の橋脚部分は通常の複線橋脚を使っていました。これは単純に高架セットに付属していた物を使っていただけだったのですが、個人的に見かけがどうもっしっくり来ていなかった部分でした。
 そんな折、先日加入したSNSにてレイアウトの写真をアップした際にこの部分を高架ビームに交換してはどうかという助言を頂きました。
 TOMIXの高架ビームパーツの存在は知っていましたが、高架線路の下に別な線路を通すための物という先入観から使わずに来てしまっていた物ですが、早速L(一番長いタイプ)を使ってみました。

 交換前に比べると橋脚部分が駅前の道路を跨いで配置される形となったのでこの付近の見通しが良くなり、同時に都会らしい雰囲気も少し高まってきたようです。橋脚付近の道路部分の改修なども必要ですが、橋脚の交換は成功と思います。
posted by 光山市交通局 at 06:41| Comment(0) | TrackBack(0) | レイアウト・開運橋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月25日

番外編・本日のゲスト


 今回レイアウトの着せ替え記念で来訪してくださったお客様です(笑)

 時々この種のお遊びをしてしまいますが、黄金期の特撮怪獣映画に浸った世代の一人としてはレイアウトに怪獣を乱入させるからにはそれに見合うだけの町並み・風景のリアリティが必要と考えています。
 実際、昭和30年代~40年代前半の特撮映画ではミニチュアの精密さもさることながら怪獣や超自然現象を交えた風景の構図の取り方が巧みでレイアウト作りの上でそれらの「見せ方」がフィードバックされる事も少なくありません。
 殊にステージの広さに制限のあるミニチュアセットの撮影で画面フレームの外の風景の広がりを感じさせる見せ方の工夫についてはレイアウトを広く見せる上でもぜひ会得したいと思っていますが、なかなか真似できないのが残念であります。
 この事については折を見て取り上げたいと思います。

posted by 光山市交通局 at 00:30| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月23日

ロウレリーフのビル街


 交差点の製作と平行してロウレリーフのビルの据付と製作も行っています。
 ビルのいくつかは以前この日記でも取り上げていますが、いざレイアウトに配置すると数が足りず追加が必要な状態です。
 今回のシーナリィでは背景に小さな建物を並べるよりもここぞという所にそびえるランドマークが配置されている方がこの場合は好適に思われます。殊に低い視点から見上げ気味にレイアウトを眺める時には効果的に感じます。

 二軒のビルの間に半透明のプラダンを四角く切り抜いたのを配置して構図を確認中です。設定上のビルの高さは12~17階程度(これくらいの高さがないと手前の5・6階のビルに隠れてしまいます)構図が決まったら、この板をベースにビルの外壁を作る予定です。

 素材が半透明のせいでまるで「ビルの生霊」みたいに見えます。まあ、実際どうなるか未定の段階なので影が薄いのは当たり前なのですが(^−^;)
posted by 光山市交通局 at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ストラクチャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月22日

交差点部分の改修・2

 交差点部分の角地に建てる建物について、色々考えましたが、繁華街という条件にずばりの街コレ第7弾「駅前歓楽街」からセレクトする事にしました。このシリーズには角地に対応した物もいくつかあり好都合です。

 選択したのは雑居ビルA(飲食店)とC(喫茶店)ですが今回のスペースだと吊るしの状態では収まりきらない変形角地ですので壁面パーツを中心に使い一部を改造する方向で考えます。
 とりあえずそれらのパーツを仮置きしてみました。
 並べてみるとこの2軒、カラーリングが似ているせいでしょうか一体の建物と言っても通用しそうな感じです。

 配置前の写真と比べると角地用の建物を配置したせいか交差点らしい感じがしてきました。
 道路パーツは当初他の場所と同じボール紙を使っていましたが、この場所では強度的に問題があり(反り返りやすい)1・2o厚のプラバンに変更しました。ただ、着色してもボール紙部分との色調の違いはごまかしきれません。
posted by 光山市交通局 at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | レイアウト・開運橋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月20日

レイアウトの改修と鉄コレ情報

 先週末は静岡のホビーショーだったそうで、各メーカーから新製品の展示や予定の発表が色々と出ていたようです。
 田舎暮らしの悲しさで現地に行く訳には行かなかったのですが、ネット上で雑誌などより早く新製品の速報が見られるというのはつい数年前まで考えられなかった事でこの点では全くいい時代になったものです。

 そんな新製品情報の中で個人的に注目したのが例によってトミーテックの「鉄道コレクション第8弾」だったりします。
 試作品の写真しか見ていませんが、それらから推定する限りでは名古屋市営地下鉄や営団銀座線の車輌の譲渡車がいくつか入っているようです。(琴電や銚子電鉄あたりでしょうか)

 以前にも書きましたが、今回のレイアウトの改修計画のひとつに地下鉄駅の増設を考えていました。
 駅といっても本格的なものではなく町並みの真下を走る本線のアクセントとしてごく短いホームを組み付ける程度の物にする積りです。そんな計画を立てた矢先にこんな車輌のリリースがアナウンスされるのですからたまりません。
 多少の改造が必要かもしれませんが楽しみがひとつ(財布にとっては地獄?)増えました。

 そしてもうひとつ同社から富山ライトレールのリリースが!
 待ちかねていた近代型の路面電車も登場です。こちらにも期待です。
posted by 光山市交通局 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(1) | 鉄道模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月18日

交差点部分の改修・1

 
 前回の竹取坂の改修時にはコントロールパネルを移設して開いたスペースを立体交差風の交差点に仕上げましたが、今回シーナリィを入れ替えた事で同じスペースがまた空きました。
 道路や線路の配置の関係から今回も交差点をここに作る形となります。
 但し、前回と違って本線の線路の露出部分がないので見た目には「ビル街の中の普通の交差点」になってしまいますが・・・



 とりあえず製作スペースの確認の為に白紙を切り出してはめ込みました。周辺の建物との関係を見ながらどういう交差点(或いは建物の追加)にするか検討しています。

 白紙のままだと殺風景なので車を並べてみました。これだけで風景が大分変わって見えます。写真の左側は竹取坂の時は陸橋風に本線が見渡せましたが、今回は映画館の側面が視界を塞いでいます。これでは余り角地らしくないので何らかの建物を配置する必要がありそうです。
posted by 光山市交通局 at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | レイアウト・開運橋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月17日

レイアウトの「着替え」その3


 ベースとなる道路の素材はこれまではボール紙中心でしたが、竹取坂などの改修以降はプラバンに塗装する形が主流となっています。今年の改修でも道路部分の改良が必要と感じます。

 一番手前側となる商店街と神社などのブロックを配置してレイアウトの着せ替えは完了です。
 写真では切れてしまっていますが手前の左側にあるガソリンスタンド付近は昨年まではコントロールパネルに侵食されて見苦しかったのですが今回はその部分が改修されてすっきりしたスペースとなりここにシーナリィを追加可能となりました。
 ここも改修のポイントとなります。
posted by 光山市交通局 at 00:03| Comment(2) | TrackBack(0) | レイアウト・開運橋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レイアウトの「着替え」その2

(前回より続く)
 竹取坂のシーナリィは最後に残った高架駅を取り外して完了です。次の開運橋のシーナリィの取り付けは最初に高架駅を交換する所からスタートです。

 駅そのものは前回の物と基本的には変わりませんが、先の日記でも記した小規模な改修・改良を施しています。
 次に手の届きにくい奥の方から道路や建物を配置したベースを並べて行きます。

 ベースとなる道路の素材はこれまではボール紙中心でしたが、竹取坂などの改修以降はプラバンに塗装する形が主流となっています。今年の改修でも道路部分の改良が必要と感じます。

 一番手前側となる商店街と神社などのブロックを配置してレイアウトの着せ替えは完了です。
 昨年のときは手前のガソリンスタンド付近がコントロールパネルに侵食されて見苦しかったのですが今回はその部分が改修されてすっきりしたスペースとなりここにシーナリィを追加可能となりました。
 ここも改修のポイントとなります。
posted by 光山市交通局 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | レイアウト・開運橋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする