2008年10月31日

レイアウトに「銅像」


 今日、帰宅途中に立ち寄った中古ショップで見つけたモノから。
 カプセルトイのコーナーを見ていてふと見つけたのが「こころの像紀行」の伊達政宗でした。これは数年前にリリースされた物だそうで他にクラーク博士、西郷隆盛、上杉謙信や武田信玄などがあったそうです。
 サイズ的にはNや16番のレイアウトに使うには手頃な感じで公園や駅前(武田信玄像は実際に甲府駅の前にあるそうです)に配置すると良いランドマークになりそうです。

 早速試してみましたが、交差点の脇等でもランドマークとして中々良い雰囲気が出せるようです。周囲に観光客などを配置してもよし、台座のみを使って自分の好みのフィギュアを「銅像化」して配置するのも良いかも知れません。
 ・・・ですがワタシ的に気に入った銅像はこちらの方だったりします。

 夜な夜な歩き出したりして(笑)
posted by 光山市交通局 at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | アクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月30日

困ったときの12系


 かねて予約していたKATOの12系(JR東日本仕様)が入線の運びとなりました。
 最近の当レイアウトでは機関車の増備が想像以上に進み、牽引する客貨車の方が不足気味だったのですが、12系ならば「イベント列車」という想定のもとに牽引機を択ばない自由度の高さがあり実に重宝するはずで正に「困ったときの12系」といえる客車です。
 (設定さえ許せば、それこそB6からC63まで使えそうです)

 今回の12系は先月入線させた通常タイプと微妙に車掌車の窓周りが異なります。又、今回の製品では車端部にも幌が装着されており増結しても余り不自然にならない感じです。これなら前に入線させた12系との増結もどうにかなりそうな感じです。
 さてこの列車、最初の牽引機は何にしますか。
posted by 光山市交通局 at 20:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 車両・客車・貨車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月28日

えちぜん鉄道Mc6001&6101


 先日鉄道コレクションで発売されたえちぜん鉄道のMc6001のセットを入線させました。
 これまでの鉄道コレクションに出ていた車輌群はベースとなる車輌が70年代以前の物が多く今回の様な比較的新しく見える型の車輌のリリースは珍しかったのですが、この型なら最近の設定のレイアウトでもそこそこ様になり、ややカラフルな車体色と相まってレイアウトでも重宝しそうな車輌といえます。

 そこで例によってビル街の併用軌道を試走させましたが、本来は近代的な住宅街などの方が似合いそうな感じもします。
 動力は既に出ている20M級用の物を使いました。
posted by 光山市交通局 at 14:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 車両・私鉄/民鉄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月27日

町並み改修10・地下駅の製作4・照明2


 前回、照明を組み込みましたが、ホームの端に灯りが廻らない事から光学繊維を使って導光を試みました。
 光学繊維は2o径の比較的太い物でしたが、より光らせる為に端を斜めにカットしたり切れ込みを入れるなどして見ました。
 又、前回書き忘れましたが、地下駅の天井にはアルミテープを貼り、できるだけ光が下を照らすようにしてあります。

 ・・・などと言いましたが、結果はご覧の通り。天井近くで丸く光っているのが光学繊維です。
 光学繊維での導光は思ったほど下を照らしてくれない様です。これでは精々が間接照明の足元灯のレベルでしょうか(汗)

 ただ、列車がいる時だと車体自体が反射板の役目をするせいかこのアングルではそこそこ明るく見えるようです。
posted by 光山市交通局 at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | レイアウト・開運橋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月26日

町並み改修9・地下駅の製作3・照明



 地下駅の照明ですが駅の規模を考えるとそれ程大袈裟である必要もない事から手持ちのパーツを活用する方向で製作しました。
 手持ちパーツというのは以前中古で購入した客車の室内灯ユニットの転用です。
 給電についてですがレイアウトの本線ではファイントラックを使用していますが、このシステムは大抵の場合レールの中央にフィーダーを差し込む部分があるのを逆手にとりここにフィーダーをコンセント代わりに接続し照明ユニットの配線に半田付けしました。
 

 元々車両用の照明を建物に使った訳ですが、その為TOMIXお得意の常点灯も生かせた様で列車の走行状態に余り影響されずに明るさを保てているようです。
 照明の方はこれで目処が立ちましたが、ホームの端などに光が廻りきれない恨みが残ります。
posted by 光山市交通局 at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | レイアウト・開運橋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月25日

町並み改修8・地下駅の製作2



 ホームは手持ちのTOMIXの旧式の島式ホームをベースにしました。但しそのままの形だと上から被せる路盤の支柱部分に干渉してしまう為切込みを入れてあります。

 側壁部分はプラバンの切り出しとGMの中型駅の余りパーツを組み合わせ、ホームに連続する改札口とコンコース部分とします。駅とはいいながら施設部分はここだけです。
 さて、地下駅というと当然必要なのが照明装置です。実は私は車輌ですら照明装置を組み込んだ事が無いので照明をどうするか色々考えました。何しろ昼間でも電気が点いているのが当たり前なのでこればかりは避けて通る訳に行きません
(以下続く)
posted by 光山市交通局 at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月24日

町並み改修7・地下駅の製作1


 路面電車線ターミナル周辺の町並みの改修と並行して進めている工程に本線の地下駅の製作があります。
 話は夏頃に遡りますが、その頃のレイアウトは「映画館通り」の真下に複線の本線が通っているのですがこれだけでは単に「街の下を列車が走っている」レベルなので風景のアクセントとしても地下駅が欲しくなりました。

 駅の設置場所としては路面ターミナルの向かって右側、以前交差点の改修として切り継ぎ店舗等を設置した付近のガソリンスタンドの真下(!)です。
 この部分はシーナリィを差し替える関係上、線路の上に建物の並ぶ地盤を被せる形となっているのでその部分を取り外せば後から駅を追加するのは容易です。
 地下駅とはいってもあくまで雰囲気重視で且つ、部屋毎に分割して配置しているレイアウトの端の部分なのでフル編成を停められる長さを確保できません。今回の作例では20M級2連程度の長さが精一杯です。
 上の写真は作業前の物です。ここから今回の工事がスタートしました。
posted by 光山市交通局 at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | レイアウト・開運橋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月23日

機関区セクション製作15・近代型詰所


 今回は機関区セクションの続きです。
 変電所と並んで電気機関車用のシーナリィ製作にGMの近代型詰所を使いました。こちらのキットも新発売当時に飛びついて作った物なのでかれこれ築30年は越えます(笑)
 こちらのキットも製作当時は無塗装で素組みだったので主に塗装とウェザリングで手を加えました。

 このキットもTOMIXと競合していますが、建物の雰囲気が異なるので二軒並べても同じ様な感じにはなりにくい気がします。
posted by 光山市交通局 at 18:33| Comment(2) | TrackBack(0) | ストラクチャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月21日

町並み改修6・折角の改修が


 ここまで進んでいたビル街の改修作業ですが・・・
 このターミナル駅は先日の写真ではホームのみなのですが、実際には二つのホームを跨ぐ形でドーム屋根がかぶさっています。これまでは作業の進行を確認する為に屋根を外していたのですが、改めて屋根をセットしてみると・・・

 見事なくらいにこれまでの改修部分が見えなくなってしまいました。
 もう少しは改修部が良く見えるかと思っていたのですが少し甘かったようです。レイアウトには雨が降らないので、気分によって屋根をつけたり外したりをするしかないかもしれません。
posted by 光山市交通局 at 14:17| Comment(0) | TrackBack(0) | レイアウト・開運橋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月20日

町並み改修5・ホーム脇小公園と「間抜けな展開」


 商業ビル裏面の加工も進行中ですが、それだけでは足りない感じがしたのでビル街とホームの間の空きスペースに小公園を設えました。
 とは言っても樹木とベンチを取り外し可能なベースの上に配置しただけです。

 手前からターミナル駅を眺めた時にビルの並びだけでなく、こうした緑を追加する事で見た目の潤いは出てくるかなと思いました。
 ここまでは一応順調に進んでいたのですが、この風景の並びにはある弱点があることに気付きました。
 改修前の写真を思い出していただくとそれが何か解ると思いますが、ある意味これまでの改修は何だったのかと思えるミスです。
 それについては次回に。
posted by 光山市交通局 at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | レイアウト・開運橋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする