2009年03月31日

ジオコレ二題


 今月末もジオコレ関連のアイテムは目白押しでした。そろそろ種切れではないかと思うたびに「まだこんなのがあったか」という製品がリリースされるあたりは凄いと思います。

 今回は集合住宅等を購入しました。このタイプのアパートは私の故郷や原住地でもかなり古ぼけた形ながら時々見かけるタイプです。製品では張り出しのテラス部分があるのですが、このテラスは建物と一体ではなく別パーツのテラスが「置いてあるだけ」という構成になっています。個人的にはこれは嬉しいポイントでした。
 というのもGMの住宅キットの増築部分に使えそうに思えたからです。
 ご存知の向きもあるかもしれませんがGMの住宅は雰囲気はいいのですが、掃きだし窓がなく特に南向きに住宅を並べると味気ない上にリアリティに欠けてしまう欠点がありました。今回の集合住宅のパーツなら使えそうです。

 試しにやってみたのが上の写真です。ただくっつけただけなのでふたつのキットのギャップが凄いですが、色調を揃えたり物干し台を追加するなどの工夫があれば結構いけそうな気がしました。

 もうひとつのアイテムは2輪車です。自転車はKATOやTOMIX等からも出ているので種類としては目新しさに欠けるのですが、あるようでなかった「自転車を押している人」や「乗ろうとしている所」のポージングがとてもすばらしく感じました。
 個人的にはせめてもう少し新しいタイプのスクーターとオートバイが欲しい(今回の製品は昭和30年代風です)所ですが、それでも今回のリリースはありがたいところですね。
posted by 光山市交通局 at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ストラクチャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月30日

モジュール更新計画・3 ベースの改修計画

 
 今回のモジュール更新ではベースの形状にも手を加えるつもりでいます。
 シーナリィを外したあとの更地ですが、ここは線路をまたぐ形でベースを延長してその上に町並みを構成する方向で考えています。
 これまでのモジュールでは運転会の時のメンテナンスや線路の接続を容易にする目的で本線部分は原則としてすべて露出させて来たのですが、線路にかぶせる部分を取り外し式にすればこの問題はクリアできると判断しました。

 試験的にグーパネのベースをかぶせてみましたが、これだけで前とは雰囲気が大分変わった感じがします。


 ベース上の建物はモジュールで使うものだけでなく風景の検討用にレイアウトから外してみたビル群も混ぜています。
 超高層ビルなども良いかとは思うのですが、運転会ではモジュールの裏側に当たるコントロールパネル側からのメンテナンスが大変になりそうなので余り高いのは自粛しようかと(笑)

 全体の雰囲気はこんな感じです。線路にかぶせる部分は分割式とし脱線事故などの際にはすぐに外せるように考えています(グーパネ自体が紙とスチロール製なのでベースが余り大きすぎるとたわみを生じる危険もあるのでその対策も兼ねています)
posted by 光山市交通局 at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | モジュール.1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月29日

トラックコレクション第5弾


月末はトミーテックの○○コレの発売が集中しやすく私の財布的には鬼門みたいな時期ですが(笑)今月もトラックコレクションやら2輪車やらと集中豪雨状態でした。
 もうそろそろネタ切れだろうなどと思っていてもいざリリース情報が出ると「こんなのが欲しかった」的なアイテムが出てくるのがこのシリーズの怖い所ではあります。

 トラックコレクションは道路公団のダンプカーや馬運車といった渋い選択が凄いですが個人的に目をつけているのは消防車だったりします。
 今回はキャブオーバータイプ(日野レンジャー)のポンプ車2種。ご丁寧に新旧です。
 第一弾でいすずTXが出たときには毎回消防車が出ると考えていなかったのでViKINGのマギルスや津川のエルフを急遽追加で購入したことがあるのですが、今では逆にトラコレだけで街コレの消防署からあふれ出す勢い。旧型を地元の消防団やホテルの消防隊(ハ○ヤですね)に譲渡しないと追いつかないような感じです。
 余談ですが、パトカーや自衛隊のジープと異なり消防車は一般への払い下げがあるそうなので私設消防隊やことによるとコレクターが実車を買い入れるケースが結構あるとの事で、そのためかなり昔の旧型が今でも活躍(?)しているケースがままあるようです。
 うちの近所の工業団地の私設消防隊の車庫にもTXが以前ありましたが・・・

 次に馬運車。
 こちらはかなり新しい型のようです。実家へ車で帰省する折、高速道路上でちょくちょく見かける車なのですが、これまでミニカーでもモデル化されたかどうか分からないほどの(モデル的には)特殊車両です(笑)
 レイアウトに競馬場でも置くか、これらが走行できるほどの一般国道でも配置しないと持て余しそうな車ですが、出た事自体は凄いと思いますし、個人的には好きな車です。
posted by 光山市交通局 at 18:01| Comment(2) | TrackBack(0) | アクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月28日

モジュール更新計画・2 ビル街の検討


 モジュールの更新ですが、前のシーナリィを外した更地の上にどのようなモチーフを使うかを検討しています。
 先日のブログで記したとおり、幹線級の電車や特急などが似合う都会風のモチーフを考えていますが、そこで使いたい建物をためしに配置してみました。

 物は以前竹取坂のシーナリィでランドマークのひとつとなっていたショッピングセンターに使っていたファーラーの商業ビル2棟です。竹取坂では風景のメインに使っていたものですが、規模から言って風景の雰囲気には大袈裟すぎるとかねて感じていたものですが今回のモジュールでビル街に使えるのではないかと考えた訳です。

 もちろんそのまま使えないと思われるので改造や切り継ぎは必要かもしれません。以前ならこの種のヨーロッパ色丸出しのビルは日本風の風景には使えなかったものですが、最近はこうしたモチーフの壁面を使ったビルが繁華街などで見られるようになっているので持って行きようによっては不自然に成らないと思います。


 これに大昔に入手していたTOMIXの総合ビルを組み合わせて見ましたが、これをどう配置するかが考えどころです。
posted by 光山市交通局 at 22:27| Comment(2) | TrackBack(0) | モジュール.1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月27日

機関区セクションもコンバート


 モジュールの更新(計画)がスタートしたところですが、昨年来蒸気機関車の溜まり場になっている機関区セクションも秩父の電車の大量入線にともない(笑)それに合わせた風景にコンバートしました。

 とはいっても建物の半分ほどを差し替えるだけなのですが。
 おまけにケースなしの状態で購入したため下手に仕舞い込めない中古蒸気やジャンクのDE10などは奥の側線に留置されっぱなしだったりします。


 それでも電車が並ぶだけで雰囲気が変わるのだから不思議なものです。
posted by 光山市交通局 at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | セクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月26日

モジュール更新計画スタート


 春らしくなったかとおもいきや、ここ2日ばかり冷え込みがきつくなっています。
 さて、唐突ながらそろそろ次のクラブの運転会に向けて私も手持ちのモジュールの改修(というよりも更新)に掛かろうと思います。
 上の写真は以前にも紹介した第1号のモジュールですが、初めてという事もあってどんな列車にも似合うような最大公約数的な風景になっていました。
 しかし、実際運転会に参加してみて感じたのですが運転会では長編成の列車、それも特急や通勤電車あるいはフレイトライナーなどの幹線級の列車が走る頻度が私の予想よりはるかに高い事が分かりました。
 そこで今回の改修ではある程度都会らしい風景にシフトさせ、特に通勤型や特急型がそこそこ似合う方向に振ってみたいと考えています。

 改修の手法ですが、このモジュールはシーナリィの一部をベースにねじ止めして取り外し・交換が出来るように設計してあります。そこで取り外せるパーツを取り外してみると

 ご覧のように長手方向にモジュールのほぼ半分のシーナリィが差し替え出来る事になります。
 これとは別に左側奥の丘陵部も取り外しできるので大雑把に言ってシーナリィの6割くらいを交換できるわけです。
 
 これらをベースに都会風の風景を作ってみようと考えています。
posted by 光山市交通局 at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | モジュール.1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月24日

なぜか秩父づいています(笑)


 先日は秩父1000系が入線しましたが、昨年末の鉄道コレクションの通常品ではデハ809&クハ859がリリースされていました。それ以前にも300系が出ていましたからここ1・2年の鉄コレでは秩父鉄道づいているといえます。

 800系は昨年の購入以来Nゲージ化更新をまだ果たしていない状態なのですが、今回の1000系導入に合わせて引っ張り出してみました。こちらは元小田急の1800だった車両ですが20M級4扉という共通点があるせいか1000系と並べても見劣りする感じはありません。カラーリングは以前の300系と共通なので雰囲気は合います。

 さて、私は未だに秩父鉄道に行った事はないのですが今日職場の同僚がお土産に持ってきてくれたお菓子が

 こんなものでした。何たる偶然。
 
 
 そんな訳で(笑)にわかに秩父ブームがやってきた当レイアウトではあります。
posted by 光山市交通局 at 21:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 車両・私鉄/民鉄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月23日

秩父1000系おかわり


 先日入線を果たした秩父1000系には旧塗装とともに新塗装冷房車の仕様も存在します。
 二つのバージョンが同時発売だったのでつい(笑)両方購入してしまいましたが、予算の都合もあって動力ユニットは一両分しかありません。
 幸い下回りはどちらも殆ど同じなので旧塗装に使った動力を気分に応じて新塗装車にコンバートする形で当分は対処する積りでいます。実物も同じ車両が改造されている様ですし。

 この手は以前別の鉄コレでも使いましたが、二つの列車を同時に走らせるのでもなければ結構経済的(けちとも言う)に見た目を変えられるので有難いシステムではあります。
posted by 光山市交通局 at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 車両・私鉄/民鉄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月22日

今月の新車・電車編「秩父1000系」


 鉄コレでかねての期待株だった秩父1000系が入荷したとのメールを受け、仕事帰り(今日は休出でした)にショップに立ち寄りました。こういう知らせがあると休出の疲れも吹き飛んでくれます(苦笑)

 今回の1000系。見ての通りかつての101系通勤電車の払い下げ車ですが塗装が変わったとはいえ、その面影は強く感じられます。
 ローカルによし、都会風の風景にも似合う(大抵の地方私鉄への譲渡車はかつて都会の大手私鉄や国鉄で活躍していた物が多いのですから当たり前と言われればそうなのですが)電車という事で目をつけていたものです。
 (人によってはカラーの塗り替えなどでかつての国電時代を再現する方もいるかも知れませんね)

 早速動力化して走らせましたが、3連の車体が走る様は長編成中心だった国鉄デビュー時代とは違った風情が感じられました。
posted by 光山市交通局 at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 車両・私鉄/民鉄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月21日

今月の新車(自動車)


 例によって中古ショップで入手したNスケールに近い車たちです。
 初代セリカ(いわゆる「だるまセリカ」)と初代スープラ(セリカXXの後継車)、マツダロードスターの3車。何れも缶コーヒーのおまけです。カーコレよりもやや大きめですがどうにか許容範囲でしょう。

 セリカのほうはややラフな造りでバンパー部に銀を入れるなどの加工を要しますが、他の2車はそのままでもどうにか違和感なく組み入れられそうです。

 カプセルトミカと思われるスバルレガシィはそのままでも大き過ぎました。先日発表されたエクシーガ(3列シートのミニバン)として使えるかと思って入手したのですが、それでもまだ大きく、Nのレイアウト上ではクライスラーのボイジャーか日産のクエスト並みの図体になります(笑)何らかの加工が要りそうです。

 これらの車もレイアウトの町並み上に配置されるとそれなりに個性的に見えます。
posted by 光山市交通局 at 21:51| Comment(2) | TrackBack(0) | アクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする