2009年04月28日

モジュール更新計画・16・ターミナルビルへのアプローチ1

 

 モジュール改修に伴うビルラッシュに伴いいくつかのビルの製作がパラレルに進行する事態になっています。
 ホテル・雑居ビル・デパートと大物が続いているのですが今後のブログもここかと思えば又あちらと言う風に毎日違う建物の進行状況が披露される事になると思います。

 さて今回は線路の上を跨ぐターミナルビルです。
 この建物は先日来様々な形や配置を検討してきたのですが、それも固まってきたので本格的な建設に入ろうと思います。


 このビルはターミナル駅としてだけではなくショッピングセンターとしての機能も考えているので全体にデパートくさい外見になっています。材料は以前も触れたとおりGMの中型駅4個の組み合わせですがコレを半透明のプラダンにクリアボンドで接着すると言うかなり安直な手法で形を作りました。このキットは壁面のプラの肉が一部を除けば厚めなので照明を組み込んだ際の漏光処理も最小限で済みそうです。
 それにしても4個分のキットを切り継ぎしただけで向かいのデパートよりもはるかに堂々とした建物になってしまいました。


 これまで作ってきたホテルやデパートとの位置関係は大体こんな感じになります。
posted by 光山市交通局 at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ストラクチャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月27日

今月の物件・ジオコレ集合住宅B


先日の集合住宅Aに続きBとCもリリースされました。
 今回個人的に気に入ったのはBタイプのモルタルアパートです。

 私の子供の頃から田舎暮らしに現在に至るまであちこちで見慣れた「◎◎荘」等と名乗っている事の多い「アパート」というか「下宿屋」そのままの姿の建物です。
 子供の頃銭湯の行き帰りに見かけたドブ川沿いの路地に立ち並ぶアパートのイメージが髣髴とされます(まるで下町映画のワンシーンみたいな情景ですが昭和40年代前半の私自身がそんな日常を送っていました)


 とはいえ、この建物の真骨頂は下町はもとよりビル街の裏通りや新興住宅地の外れ、学校の隣接地など「大概の場所の何処に置いてもおかしくない」ほど配置に自由が利く点にあると思います。又、切り継ぎで平屋建ての個人住宅にするのも悪くなさそうです(おそらく余りパーツは大量に出そうですが)
posted by 光山市交通局 at 21:29| Comment(2) | TrackBack(0) | ストラクチャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月26日

モジュール更新計画・15・駅前百貨店へのアプローチ4


 今回は照明の検討の続きです
 前回の照明は漏光処理なしで照明を組み込んだので盛大に光が漏れていましたが、今回はファーラーのキット付属の漏光対策用の内張りを施しました。これは壁の部分を黒く印刷しているのですが窓に当たる部分はカーテンなどが書き込まれており今回使ったLEDセットのように光が強い光源に対して光を和らげる効果が期待できます。

 内張り処理後です。処理していない最上階ではまぶしい位漏れていますが2〜4階では1枚目の写真に比べて効果ははっきり出ていると思います。

 とはいえ、壁の継ぎ目からまだ少し光が漏れているのは早急に処理が必要ですね(苦笑)
posted by 光山市交通局 at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ストラクチャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月25日

今月の入線車・「モップ君」


 本線クリーニングにはTOMIXのクリーニングカーを使っていましたが、急曲線が多く建築限界のシビアな路面電車線にはこれまで適当なクリーニングカーがなく主に手ふきで対処していました。

 しかし、合体後のレイアウトでは手が届かなくなる区間が多くなったためにどうしてもクリーニングカーが必要な状態になってきていました。これまでBトレ利用のものなども試しましたが、清拭部が軽い事や併用軌道でのクリーニングに難があるなどで使い勝手が今ひとつな印象でした。そんな折に見つけたのが津川洋行の「モップ君」と言うものでした。

 外見は保線用のモーターカーそっくりですが、実際は機関車に牽引されつつ後部のスポンジで線路を拭いて行くタイプです。
 車体はダイカスト製の様で大きさの割に重い感じです。
 清拭部は硬質なスポンジ状ですが水を吸わせると大変柔らかくなります。一回目は洗剤を染ませて走行し、2回目では水で洗剤を拭き取るように使用するとの事です。
 そこで件の併用軌道に試してみました。

 一回目の走行後の状態です。洗剤はレンジ用マジックリンを推奨されていました(これを見つけるのに台所中を探し回りました)これで見ると汚れ自体は大分取れるようですが、見た感じ線路と線路の間、線路の外側も結構拭き取っているようです。

 スポンジを真水ですすいだ二回目の走行後。こちらも多少汚れは拭き取っているようです。
 レール上の油汚れを主に想定している造りのようですが、清拭幅の広さから行って線路脇の埃取りにも多少使えそうな感じもしました。
 走行中の様子では水を吸ったスポンジはかなり柔らかくて弾力性もありごしごし擦るというよりも軽くなでていると言った感じですが、繰り返し走行させれば(説明書ではエンドレスでは5〜10周を目安にとの事でした)汚れ落としの効果はありそうに見えました。
posted by 光山市交通局 at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 車輌・電車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月24日

今月のジャンク車・謎のイベント貨車


 帰宅中の中古ショップで一両だけぽつんと置かれていたものです。
 田舎ということもあってか地元の中古ショップに外国型の車両(それもブランド品)が並ぶということは殆どなく、私自身外国型には余り手を出さない性質でもあるのですが、今回の車両には妙に心惹かれました。

 物は西ドイツミニトリックスの有蓋車ですが絵柄などから推測するにミニトリックスの創業40周年記念モデルのようです。


 99年モデルという事でしょうか(すると今年が50周年という事になりますね)Nゲージで当時これ位の印刷をするのは結構大変だったのではないかと思えます。ちなみに裏面はドイツの鉄道(DB)博物館の100周年らしき表示があります。
 貨車として使うには大きさのバランスの問題などありますが、イベント用ラッピング車と考えると結構使えそうな感じがします。
posted by 光山市交通局 at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 車両・客車・貨車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月23日

モジュール更新計画・14・駅前百貨店へのアプローチ3


 デパートの本体が出来上がってきたところで次の課題は看板と展望台です。
 実はデパートの製作当初から屋上に展望台をつける事は考えていました。
 パーツとしては昨年末に中古キットを入手していた「東京タワー」の展望台部分を流用するつもりでいました。但し展望台パーツだけでは高さが足りないためにスチロール板でやや嵩上げをします。
 さて、形としては展望台は出来ましたが、デパートの屋上に据えてみるとどうもピンと来ません。
 どうもファーラーのビルの古さにミスマッチな感じが出てしまいます。

 どうした物かと考えていたのですが・・・

 ところで今回のデパートの隣にはTOMIXの総合ビルが配置してあります。実は今回のプランではこの総合ビルは今回のデパートの「増築された新館部分」という設定にしてありました(製作中のものは「本館部分」です)
 この新館の建物ならば今回の展望台は似合うのではないかと考えたわけです。

 早速試してみると本館よりも似合う感じです。
 早速予定を変更し新館部分に展望台を据え付け、本館には改めて総合ビルの屋上看板を載せる事にしました。


 二つの建物がひとつのデパートを形成する例はどこでも見る事が出来るものなのでそれ程不自然さは出ません。
 早速看板部分を追加です。

 なお、今回のデパートの屋号は私の知っているものの中から一文字づつ選んで組み合わせたものです。
posted by 光山市交通局 at 23:21| Comment(2) | TrackBack(0) | ストラクチャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月21日

モジュール更新計画・13・駅前百貨店へのアプローチ2


 先日2階〜5階部分を構成しましたが、今回は1階エントランス部分です。

 こちらもアリもののパーツでTOMIXの総合ビルの1階部分を使用しました。但しそれだけでは長さがかなり余る事、又、TOMIXの総合ビルが角地に配置するのを考えていない構造だった事から手を加えました。

 長さについてはショーウィンドー部分の延長を図るためにパーツを切り出して繋ぎ直し、又、一部に元のファーラーのビルのエントランスを付け直しました。元のキットでは1階から4回までツライチでのっぺりしているのですが、雨の多い日本のデパートでは1階部分だけはやや引っこんだ構造となっている事が多いのでこちらもそれらしく引っ込めてあります。

 サイドの部分には製品のままだと殆ど何も無い状態でしたのでGMの商業ビルの1階部分(これも切り継ぎの余りパーツです)をエントランス風に取り付けました。

 今回のデパートは照明の内蔵を前提に考えています。以前紹介したクリスマス用LEDを試験的に仕込んでみました。但し、内部の漏光処理をまだしていないので光が盛大に壁を突き抜けています(汗)
posted by 光山市交通局 at 17:08| Comment(2) | TrackBack(0) | ストラクチャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月20日

余談です。パワーパック追加

 
 モジュール記事は一休みして、今回はパワーパックの話です

 当レイアウトは線路配置こそ単純なものの複数のエンドレスが存在する関係で複数のパワーパックが必要なのですが、予算の都合とある問題がある事から複数の線路でパワーパックを持ち回りする事で対処してきました。
 とはいえ、エンドレスの数だけパワーパックがあるのも理想な訳で、何かいいものが無いかとここ1・2年通販の安売り情報などを漁っていました。
 特にTOMIXのパワーユニットがモデルチェンジしてからは旧製品を探し回る感じでした。

 そんな折、近所の中古ショップで定価の5〜6割安で中古の出物を見つけて早速飛びつきました。

 さて、先ほどあげた「ある問題」とは他でもない、プラグの形状の事です。TOMIXの同クラスのパワーユニットは先頃電源部のマイナーチェンジを果たしたのですが、その際にやたらでかいACアダプターを介する形式になってしまいタップコード経由での複数の接続が非常に面倒(と言うより不可能)な事になっていたのです。
 それを以前KATOのパワーパックスタンダードで経験していたので二の舞を避ける意味でもTOMIXの通常のプラグを使う旧製品が必要だった訳です。
 今回は運良く入手できましたが、この先でかいACアダプターしか装備していないパワーユニットばかりになってしまうと今後の悩みも増えてしまうわけですが・・・
posted by 光山市交通局 at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月19日

モジュール更新計画・12・駅前百貨店へのアプローチ


 GMの新型ビルにかまけて他の進行中の建物の改造が停滞していましたが、今回は駅前百貨店の続きに掛かっています。

 前回は以前のキットの素組み状態からいったん板状に分解し再構成する所までは行いましたが、それだけではピンと来なかったので以前から検討していた「上層階の継ぎ足し」を試みました。
 地方百貨店などでは往々にしてあるのですが基からある建物に後から階層を加える形で増築されるケースが見られます。今回のファーラーのビルだけだと4階しかない事もあって1フロア継ぎ足して5階建てにする事にしました。

 部品はタミヤのプラの丸棒と半年ほど前にジャンクで入手したTOMIXの高架駅側壁パーツの窓ガラス部分です。余談ですがこの側壁パーツは使いようによっては近代的なビルにも使えそうな印象を持ちました。
 行程は単純そのもので上記のパーツをファーラーのビルの上に取り付けただけです。イメージとしては最上階のレストラン街か、イベントスペースといった所でしょうか。この調子だと屋上にも何か欲しい所ですが・・・
posted by 光山市交通局 at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ストラクチャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月18日

いつかは入れるとは思っていたが・・・

 今回は久しぶりに車両の話です。
 
 自分自身が中央線の沿線に住んでいる事からいつかは入線するだろう(入線させたい欲求よりも半ば宿命のようなものとして・・・笑)と考えていた編成がいくつかあるのですがそのうちのひとつを先頃実現させました。

 等と大げさに言っていますが、コストの関係もあって今回も中古です。
 物はKATOのE351系スーパーあずさ。中央線の看板列車であり、今の私が最も手近に見られる特急列車のひとつです。
 
 中古だけあって動力系は結構くたびれが見られ走行ノイズが大きかったりしますが、それ以外はまあまあのコンディションといったところでしょうか。今回は基本セットのみなので前と後が違う顔になっていますがどちらの顔も結構個性的で個人的には気に入っています。

 この列車の売りのひとつに振り子機構があるのですが、確かにカーブでは傾いて見えます。ただ、個人の感想としてこのギミックが生きるのは当レイアウトの様なUの字カーブよりもある程度ゆったりとスペースの取られたS字カーブではないかと思っていますので今は本領発揮とは行かないようです(涙)
posted by 光山市交通局 at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 車輌・電車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする