カーコレクション第6弾

先週末はジオコレ関連の新製品が多く月末の折結構な散財を余儀なくされています。  今回私の琴線に触れた物として建売住宅と並ぶカーコレ第6弾を取り上げたいと思います。  いわゆる「普通の車」のモデル化ですが、レイアウトに組み込む場合はこうした「普通に見る(あるいはかつて普通に見られた)」アイテムの存在は有難い物があります…

続きを読むread more

「建売住宅」

 今月の後半は色々と購入品が多かったのですが、先週末にはレイアウト関連のアイテムが大量に発売されて参りました(ある意味嬉しい悲鳴ではあるのですが)  今回のアイテムの中で個人的に期待度が高かったのがジオコレの「建売住宅」でした。  今回の製品は2タイプの住宅が2件づつのセットです。  ジオコレではここ2年ほど農家や住宅がいくつ…

続きを読むread more

今月の入線車・まさかの流電

 このところ入線車が旧国づいているのですが、個人的には今回のが極めつけと思っています。  中古ショップのジャンクコーナーで見つけたGMの流電。クモハが1両欠けた3連のトレーラーとはいえ、キットの組み立て品がショップの店頭に並ぶこと自体が地方では珍しいと感じられます。  スカ線カラーの電車は私自身好みの色なのですが、そこへ持ってき…

続きを読むread more

キハ82の話・2・大掃除(笑)

 先日入線したキハ82系。造形のあっさり感やモデルとしての古さについては個人的には承知して購入したので後悔はしなかったのですが、実は一番のウィークポイントはコンディションでした。  先日の80系の時も足回りの汚れっぷりに驚かされましたが、今回のキハ82系はそれ以上です。  パッケージに入っていた時点で動力車のキシ80の台…

続きを読むread more

今月の入線車・懐かしのキハ82系

   旧型車両の入線が続く当レイアウトですが、今回の物はモデルとしての年代物と言えます。  私がNゲージを始めた当時は特急型車両というのはKATOの20系しかなく、昼間の列車の特急に使える物が出ていませんでした。そんな訳でレイアウトをプランニングしても走らせる車両の制限は如何ともし難い物がありました。その事が当時のNゲージのフラ…

続きを読むread more

今月の入線車・73系仙石線仕様2 パーツ取り付け

 今回のは人によっては「何をいまさら」といった題材かもしれませんがご勘弁を。  先日購入したTOMIXの73系の中古ですが仙石線仕様のカラーリングで銀河モデルのディテールアップパーツが付属、ベンチレータもユーザー自ら取り付けるという、HGみたいな(実際にHGかもしれませんが)仕様です。  実はこのパーツの取り付けが私にと…

続きを読むread more

趣味の原点を振り返る・14・GMのカタログ

 前にもお話しましたが、鉄道模型の趣味の中断中の時期もTMSは毎号読んでいました。が、そのほかに目を通していたのがグリーンマックスのカタログでした。  鉄道模型のカタログはこの当時KATOやTOMIX、GAKKENN等の物が出ていましたが、当時の16番メーカーのそれに比べてカラフルな物が多かった上に実車資料などもあって一種の鉄…

続きを読むread more

今月の入線車2・73系仙石線仕様

 今月の入線車は何故か旧型車、それも旧国が目立ちます。  田舎の事とてショップは複数あるものの中古の出物自体が少ないので少し不思議な気もします。  80系から間を空けずに見つけたのがTOMIXの73系仙石線仕様でした。  こちらは80系とは違い新品同様の状態で出ていた物です。それだけに驚かされた所もあるのですが。  …

続きを読むread more

今月の入線車・「80系東海・比叡」

 80系電車はかねてから折があれば入線させようかと考えていた列車でしたが、先日中古ショップでKATOの出物を見つけて入線させました。  今回入線したのはパッケージ上は「東海・比叡」基本セットとされていた物です。値段的には普通の中古品とジャンクの中間位でしょうか。  ところが購入時には気付かなかったのですが、試走時のチェックで知っ…

続きを読むread more

趣味の原点を振り返る13・漫画の鉄道模型入門

 昭和50年前後はいくつかの入門書が出ていましたが、今回もその一冊を取り上げます。  水野良太郎著「鉄道模型入門」。以前に触れたカラーブックス「鉄道模型」の少し後に出た本です。  水野良太郎といえばTMSの漫画で有名ですが、当時の私のイメージで多胡輝著カッパブックスの「頭の体操」の挿絵を描いている人でした。当時は「頭の体操」…

続きを読むread more