モジュール更新計画・44・路盤下のホーム3

 ホーム周りの続きです。  今回のモジュールではホームの配置されている線路が一番奥まった所にあるために上から地盤をかぶせた場合、そのままでは運転会の際などに何があるのか分からない状態になる可能性が高くなります。  したがって照明は必須と考えました。  こうした場合、最近は陰極管などを使ってリアルな照明を物にされているケース…

続きを読むread more

趣味の原点を振り返る18・GD Lineの衝撃

 今回は久しぶりに思い出話です。  JOHN ALLENのGD Lineはその発表当初から世界中のレイアウトビルダーの目標となっている有名なレイアウトとされています。  以前から断片的に写真は観ていたのですが、レイアウトの全体像を把握できたのは私自身がレイアウトを作り始めた2005年の事です。  CARMBACK版…

続きを読むread more

モジュール更新計画・43・路盤下のホーム2

 モジュールの改修は相変わらずスローペースですが、ここで一月半ほど時間を戻します。  先月の上旬に指を切る怪我をした事は以前触れましたが、その際に掛かっていた工程がターミナルビルの真下のホームのセッティングでした。怪我のおかげで若干工程が伸びましたが・・・  あれから大分空いてしまったので少々おさらいを。  モジュール…

続きを読むread more

モジュール更新計画・42・看板と「時代性」

 先日来工事が進行中の「ビルの壁」ですが現在看板の追加工事中です。  この看板ですが、何れも今では見ないロゴマークの物を選んでいます。  と、言うのも川を挟んだ反対側が街コレやジオタウン、「三丁目の夕日」の建物などを集中させたいわば「昭和レトロ区画」である事からこちらのビル街にも一応それに合わせた感じにしたものです。 …

続きを読むread more

モジュール更新計画・41・初めての合体

 前回も触れましたが、今回のモジュール改修は手持ちのふたつのモジュールにまたがる形でビル街を加えています。  実を言いますとこれまでの改修では町並みのコンポーネントごとに組み合わせる形での仮合わせはやってきたのですが、実際にモジュール本体同士の接合は時間とスペースの都合上中々出来ないで来ていました。  先日やっと場所が確…

続きを読むread more

モジュール更新計画40・ビル街の弱点を…

 先日の平日休を使った集中工事のメインがこれでした。  これまで制作してきたビル街と並木道のモジュールはすでに製作してきた二つのモジュールにまたがる形で配置されています。それゆえ各々のモジュールのシーナリィの半分づつがそのまま残る形となるわけです。  左側のモジュールはそこそこ近代的な風景なので良いのですが、右側のモジュールは街…

続きを読むread more

サプライズ入線

 昨日の平日休で一番の散財となったのがこれです。  KATOの157系。いわゆる日光型ですが、モデルとなっているのは後の「あまぎ」の仕様です。  子供の頃から151系とも153系ともつかない独特のデザインには惹かれる物があったのですが、モデルの方は趣味の中断期間に出ていたらしく入手は難しいと諦めかけていたものでした。  モ…

続きを読むread more

「集中工事」の合間に

 今日は久々に一日中晴天の平日休。  進捗はかばかしくないモジュールの改修も集中工事よろしく進行させました(と言うよりぼろ隠しに忙殺されたと言うのが正しい?)  朝起きて最初にやったのは街路樹へのパウダリング。濃緑系のスポンジを貼り付けた街路樹に木工ボンド水をスプレーし、明緑色のパウダーを上から振りまきました。入門書などでは…

続きを読むread more

モジュール更新計画・39・並木道に夏が来た

 前回までの日記では街路樹が葉の付かない冬景色だったモジュールですが、日曜日で久しぶりで時間ができたのを幸い一気に葉を貼り付けました。  これでモジュールの季節も冬から一足飛びに初夏へ移行です。  葉の部分はクラスターフォーリッジを使っていますが細かくちぎる必要があります。 ところが今回は街路樹が20本近く、しか…

続きを読むread more

EF15の憂鬱

 聞くところでは来年辺りにKATOのEF15がリニューアル発売されるのだそうです。  昨年来デッキ付き電機に惹かれるものを感じる身としては見逃せない所なのですが・・・  実は昨年秋にTOMIXのEF15を入線させたばかりなのです。こちらの場合は以前からあるバージョンの再発売なので中身については旧製品と殆ど変わっていないの…

続きを読むread more