年越し運転・そして・・・

 毎年恒例の年越し運転もクライマックスです。  今年入線したOE88や・私にとって今年一番のサプライズだった富士・はやぶさをはじめ様々な車両を走らせまくる大晦日。  この趣味を再開して以来欠かせないイベントとなります。  この後12時の時報と同時に名実共に今年No1のスター(だったと勝手に思っていますが)C57-135が牽…

続きを読むread more

昔の本を読んでいて

 先日の帰省の帰り道は家から掘り出してきた本を車内で読み倒していました。  物は大昔のTMS別冊シリーズ「蒸気機関車の製作」です。  これに帰宅直前に入った古本屋で見つけた「電気機関車」も加えて帰りの電車の中で車両工作の本ばかり読んでいた事になります(笑)  前者は30年程前の鉄道模型の本自体が珍しかった時期に飛びつい…

続きを読むread more

大阪市交通局30系

 先日のイベントでは帰省途中だというのにいきなりの散財をやらかしてしまいました。これに限らず今月は妙に出費がかさみます(汗)  物は鉄コレの大阪市交通局30系。いわゆる「事業者特注品」という奴です。  これもイベントで見なければ手を出す物ではないのですが、実物を手にとって見ている内についむらむらと来てしまいました。  これがイ…

続きを読むread more

モジュール更新計画・50・屋上ショーの作戦変更

 実は昨日から先程にかけて実家の方に帰省(?)しておりました。  実際には帰省の他にも色々とイベントがあったのですが、生憎その時の記録を残したカメラを実家の方に置いて来てしまい(汗)その際の話をアップできません。  この件については正月以降に順次触れてゆく積りでおります。  ただ、そのイベントに関連してモジュールの更新に影…

続きを読むread more

趣味の原点を振り返る・21・レイアウト着工のきっかけ

 今回は再開の時の話です。  20年の中断機会を経て再びこの趣味を再開するきっかけとなったのは当時第一弾が出たばかりだった街コレの存在でした。  しかしそれだけではレイアウトの製作までこぎつけたかというとそれだけではありませんでした。  と、いうのも当の街コレも含めて当時の日本のレイアウト用品、殊に一般建造物はいずれも汎用性と…

続きを読むread more

趣味の原点を振り返る・20・「よ市」のあるレイアウト

 今回はこのブログの初期タイトルのリライトです。当時舌足らずだった所の補足も加えています。  私の故郷の町では冬場を除く毎週土曜日に「よ市」というイベントが毎週開かれています。  これは土曜日の夕方に近在の農家が作物の即売を道端で始めたのが始まりだったと思いますが、現在では出店や屋台がかなり連なり、かなり賑やかなイベントになって…

続きを読むread more

モジュール更新計画・49・駅ビルの屋上ショー

 モジュール手前側のデパート兼用の駅ビルは駅前百貨店よりも屋上面積が広く、ここをどうするかが考えどころでした。  遊園地は百貨店でやる方向で考えていたのでこちらは別の演出が欲しかった所です。  そこで思いついたのが70年代以降のデパート屋上の風物詩、「屋上ショー」はどうかという事でした。  普通屋上ショーというと変身ヒ…

続きを読むread more

155系と旅行の思い出

 年末になるとこの様な田舎のショップでもそこそこ面白い出物が出る物です。今回もそんな中古のひとつです。  今回の入線はマイクロの155系。30~40年前の図鑑や絵本でよくお目に掛かった「修学旅行電車」で先頭部分が万世橋時代の交博で飾られていたのを思い出す車両です。 (余談ですが30年ほど前のカツミのカタログで入門者用の廉価版モデ…

続きを読むread more

タキの話。

 この所の増車ラッシュ(相変わらず中古品中心ですが)の続きです。  河合のタキ50000の2両組。確か以前TOMIXから出ていた物の再販品と記憶しています。  タキは中古中心に何両か持っていますが(笑)この車体は群を抜く迫力を感じます。恐らく当鉄道の貨車の中では最大級の図体です。 (因みにこれより大きいと言うとTOMIXかマイ…

続きを読むread more

TOMIXのローカル駅舎

 今回もジャンク品の話です。但し建物ですが。  以前TOMIXが登場した時の衝撃について書いた事がありますが、その時に一番インパクトを感じたアイテムはシステマティックに纏められた駅の建物類でした。  中でもローカル駅舎はそれ以前のストラクチャーに日本風のものがなかっただけにひときわ目を引くもので後にTOMIX製品が店頭に並ん…

続きを読むread more