ことでん大行進

 鉄コレは登場当初からお付き合いが続いているのですが(笑)ここ1・2年で急速にラインナップが拡充しているのが高松琴平電鉄の車両群です。  ここまで増えたのは鉄コレのラインナップの中で「そこそこ街の風景に似合い、短編成が主であること」という理由が大きいです。  更にこの会社の場合、あちこちの譲渡車が混在しているためそのバラエティ自…

続きを読むread more

レイアウトチェンジ2010・その12・道路橋を検討する・6

 今回は道路橋の表面部分の話です。  これまでのレイアウトやモジュールの製作でも舗装道路の表面には色々な素材を試してきました。  ボール紙、プラバンの塗装、ベースの直接の塗装など。  今回は舗装からそれ程経っていない状態を想定し、600番の紙やすりを使用しています。  紙やすりもこれ位の番数だと配置したミニカーが転がりにくい…

続きを読むread more

レイアウトチェンジ2010・その11・道路橋を検討する・5

 前回低く作り直した胸壁ですが、胸壁の上の支持棒が高速道路などで見かけるそれに似ていたので(笑)更に似せようと防音板のアクリル(?)に見立てて透明プラバンを貼り付けました。  今回使ったプラバンですがしばらく袋からだしっぱなしで放置していた(元々は人形をレイアウトの地面に固定するための物でした)のですがその間についてしまったスクラ…

続きを読むread more

鉄道コレクション 能勢電1000系

 レイアウトの改修と並行して新車の増備も進んでいます。  といっても鉄コレですが。  今回は能勢電1000型。元阪急の車両です。阪急のマルーンカラーにも食指は動くのですが、最近の能勢電の明るいカラーリングが竹取坂の雰囲気に合いそうな気がしての入線でした。  従って当然の様に引退時カラーが選択されています(笑)  個人的な…

続きを読むread more

レイアウトチェンジ2010・その10・道路橋を検討する・4

 前回、道路橋の両側で胸壁を変える事によって表情の違いを出す事を狙いました。  しかし、その後に改めてチェックしてみるとやはり高架駅パーツをそのまま使った方の胸壁が目立ちすぎたようです。  特にこのアングルからだと道路橋に隠れて背後の山や保存街区が殆ど目立たなくなり折角レイアウトを合体させた効果が薄れてしまっています。 …

続きを読むread more

レイアウトチェンジ2010・その9・道路橋を検討する・3

 前回、TOMIXの高架駅の胸壁を両側に装着しましたが、改めて見ると道路橋だけが無闇に目立ちます。  元々高架駅用のパーツなので止むを得ないのですがちょっと間違うと二つの駅が交差している様にも見えなくもありません(汗)  そこで少しでも目立ち度を下げる意味で片側の胸壁を廃して先日ワイドレールに取り付けた胸壁の余りを取り付けま…

続きを読むread more

カーコレクション第10弾

 昨日放送のCSの西部警察の福岡ロケ編。  C130ローレル3台、230セドリック1台のパトカーが破壊される パトカー大行進編だったりします(笑)    それに因んだ訳でもないでしょうが先日リリースされたNゲージサイズのカーコレクション。  今回は高級セダン編との事で130セドリック、縦目グロリア及び先代ティアナとクラウ…

続きを読むread more

レイアウトチェンジ2010・その8・道路橋を検討する・2

 道路橋の検討です。  前回のKATOのベースを据えつけて周囲の風景とのマッチングを検討してみます。  今回のKATOの高架駅はNの道路橋として使うには胸壁がごつすぎる気がしたのでとりあえずTOMIXの高架駅の胸壁を組み合わせてみました。  胸壁自体はこちらの方がはるかに高いのですが窓が開いているので若干開放感はあります(…

続きを読むread more

レイアウトチェンジ2010・その7・道路橋を検討する・1

 レイアウトの着せ替え、改修も線路についてはある程度形になってきたところで、ここからは風景の改修の段階になります。  先ず上の写真。これは前回に竹取坂の風景を合体させた時の物です。この時点では駅も本線も高架の状態でしたが、今回の改修では線路も駅も地上レベルまで降ろされたのでこれまで高架の下をくぐっていた道路が塞がれた形となりま…

続きを読むread more

レイアウトチェンジ2010・その6・レール用壁をつける

 エンドレスにカントの付いたワイドレールを組み込んだのは先日書いた通りですがそのままだと線路がベースにただ乗っかった状態に見えて落ち着きません。  幸いこれには別パーツで用壁のキットが出ているのでこれを組み込んでみました。  このパーツは上の写真のように3通りの柵や壁から好きな物を選んで取り付けられるようになっています。用壁…

続きを読むread more