お出かけ中にて

 先日あるイベントに参加の折に会場近くの工業団地で見かけたものです。  ある工場に並んでいた信号機・警報機の行列。  どうやら鉄道機器の製造をやっている所のようですがこの周囲は半径1キロの範囲内に線路を見ないところ(しかも回りは田圃ばかり)というロケーションなので結構意外に感じました。  展示されていた大概のものは駅周…

続きを読むread more

今月の骨董品6・銀色のEF10

 今回も中古機の話です。  一般的に「銀色の電機」と言うとまず連想されるのはEF30かEF81の300番台が出てくると思いますが、ここにもうひとつ銀色機がリリースされています。  EF10の42号機。関門仕様の専用機としては最も古いタイプで恐らくデッキ付きの旧型機としては唯一のステンレス機でしょうか。こんな物が製品化されると…

続きを読むread more

6月の地獄

 入梅以来一番の暑さです。  しかも湿度も高く不快指数も今年最高でしょう。  昼間、いや夕方、夜になってもねっとりと身体にまとわりつくような熱い空気の塊が体中を包んでいるような感覚です。  先程計算してみましたがここの不快指数は昼間で85パーセント、今現在で75パーセントと出ました。今の時点で外は28度近くあります。 …

続きを読むread more

レイアウトチェンジ2010・16・踏み切りの加工

 レイアウトの更新はこの間からかなりのスローペースです。このまま夏が来ると暑さで工程自体がストップしそうですがそれまでには踏み切り位は目鼻をつけたいと思うのですが・・・  先日設置した踏み切りですが、警報機の点灯部の位置をずらしました。  個人的な印象ですが製品のタイプより右側のように赤灯が上に来るタイプのほうが街中(あ…

続きを読むread more

今月の骨董品5・185系の不覚(訂正版)

 ジャンクとして今回の中古屋めぐりで入手したのは185系の動力車です。  この趣味の再開時にKATOの185系のリレー号仕様を一編成持っていたのですが動力者をほかの車両に供出して以来運行できないまま待機状態だったものです。  今回の中古屋めぐりではこの編成の復活を目指して185系の動力車を入手することも目的のひとつでした。 …

続きを読むread more

今月の目玉・小田急NSE

 ある意味今月入線の中古車群の中で一番の目玉といえるかもしれません。  今回の中古ショップめぐりで良いのがあれば入手したいと思っていたのがマイクロの小田急NSEでした。ネットオークションや通販サイトの相場を見てもかなり高価なものが多かったので安価な出物に当たることは期待しにくいと考えていたのですが駄目元で何軒か回ってみました。…

続きを読むread more

今月の骨董品4・TOMIXのレッドアロー

 骨董品ネタはまだ続きます(汗)  今回は当レイアウトで初の入線となった西武車、レッドアローの6連です。  確かTOMIXの私鉄電車としては最初の頃の奴で当時はカタログを見てそのカラフルさと個性に「お金があったら欲しい」と子供心に感じたものです。当然当時は買えませんでしたが(笑)今回店頭で出物を見つけたら我慢できなくなりました。…

続きを読むread more

今月の骨董品3・TOMIXのビスタカー

   今回のショップめぐりでは近鉄30000系のビスタカーも出物を見つけました。この車両については自分が唯一乗った事のあるビスタカーという事でかねて欲しかった物でしたが、趣味の再開のタイミングと製品の時期が合わずなかなか見つけられなかったものです。  製品の登場時には結構売れた機種だと思っていたのですが(汗)  余談ですが関西系の…

続きを読むread more

今月の骨董品2・KATOのEF70

 ここしばらくはさまざまな行事が重なりレイアウトの改修が思うに任せなくなりそうです。  ですが先日の帰省を中心に中古やジャンクの車両がずいぶんと入線しています。  ですのでこのブログも当分の間は入線車の紹介が多くなると思います。  まずはKATOのEF70から。  聞く所では量産品としては最初のNゲージ電気機関車とい…

続きを読むread more

緊急帰省・3・余禄

 今回の帰省は往路・復路共にトラブル続きでした。  ですが、往路でのアクシデントに懲りたので復路では意識的に日程に余裕を持たせました。通常よりも1・2時間は余裕を持たせたでしょうか。  おかげで帰路では多少の遅れがあったものの東京近辺でゆっくり出来る日程になりました。  そうなると当然のように(笑)中古を中心にショップ…

続きを読むread more