ポケットライン「たのしい街のSL列車」

 個人的には小さい機関車というのは好きなのですが、以前のポケットラインのSLは少しおもちゃくさい派手さが感じられて購入を躊躇させられるものがあったモデルでした。  今回のリニューアルではかなりカラーリングがシックな感じになった事もあって遂に入線を決断した次第です。  機関車のほうは大昔のアーノルドが出していたBタンク(こちら…

続きを読むread more

ED61/62に魅入られる?

 TOMIXのED61と62は大きさが手頃である事と直流機としては独特の面構え(個人的にはこの顔はEF30やED70のイメージが強いです)が魅力でかねて欲しいと思っていたロコでした。  これはTOMIXブランド初の直流機(とはいえ当初はナインスケールのカタログで予告が出ていたのですが)で香港製モデルの中ではDD13と並んでよく出来…

続きを読むread more

趣味の原点をふりかえる・22・車両工作の事始め(汗)

先日自室の整理をしていて思いがけず懐かしいものを発掘しました。  私がこの趣味に入った直後の昭和50年代初めの頃に初めて作ったGMのキットのナロ10です。  御覧の通り塗装もなく実に実に悲惨な出来ですが当時の私も完成品との余りの落差に以後趣味を中断する時期までキット製作も含めた車両製作を行う事はありませんでした。 …

続きを読むread more

モジュール再改修5・ビルのでっちあげ・その4

 前回の続きです。  単に配置しただけではいまひとつ影が薄い印象だったビルですが少しでも目立たせるために屋上に広告塔を配置する事にしました。  昔の銀座にあった某キャラメルのそれを模していますが、実は私の現住地の街にこれに良く似た広告塔が今でも立っています。そちらのは洋品店のものなので広告塔も2種類作って気分にあわせ…

続きを読むread more

モジュール再改修4・ビルのでっちあげ・その3

 先日からやっているモジュール用ビルのでっち上げ(笑)工事の進捗です。  とりあえず窓パーツを貼り付けた半透明プラダンを中心に側壁をGMの商業ビル、屋上部分を工作用紙その他で艤装しました。  1階サイドがあいていますがこれは将来の照明ユニット装着(特に電池ボックス)に備えてのものです。  一応ビルの形だけはでっち上げた所で…

続きを読むread more

今月の不覚(汗)

 ショップなどでジャンクばかり漁っているとたまには変なモデルにあたることもあります。  特に最近のジャンク品は厳重にビニール包装されていることが多くなっており外からコンディションがわかりにくい事もありますね。  今回のモデルはキハ47。最近作ったレイアウトでキハ40とペアを組ませるトレーラーに好適と思い飛びつきました。もちろ…

続きを読むread more

昭和48年のTMS

 先日の東京行きの収穫の一つです。 実は最近になって無性にJohn AllenのGDLine(73年、Allen氏の死後焼失してしまった世界的に有名なレイアウト、昨年の5・6月頃に私もこのブログで取り上げた事があります)の記事が読みたくなっておりAllen氏が没した前後の時期のTMSのバックナンバーを探していました。 (それ以前…

続きを読むread more

185系リレー号「光山仕様(汗)」

 先程14万アクセスを確認しました。いつもながら当ブログにお付き合い頂きありがとうございます。  さて、この間動力を組み込み復活した185系200番台ですが、前のユーザーの状態のままスカートなし、片側カプラーなしの状態でしたのでありもののパーツで「光山仕様」をでっち上げました。  スカートは汎用品のようですが前ユーザーの手で…

続きを読むread more

酷暑の連休

 梅雨明けと同時に私にとってのいやな季節の到来です。  むやみな暑さ、熱帯夜。汗っかきの私ですからこの時期は殆ど何をする気も失せてしまいます。  とはいえ、家族は元気なもので遠出のおねだりが途切れません。  結局、先月も帰省の帰りに寄ったにも拘らず先日再び東京行きと相成りました。  家族サービスのついでに(汗)買い込…

続きを読むread more

レイアウトチェンジ2010・17・踏み切りの加工2

 先日来中断していた踏切の加工にやや進展がありました(汗)  警報機の加工に加えて今回やりたかった事が高さ制限の標識でした。この部分、電車から見る分には目立たないですが車から見ると尤も目立つ所のひとつだったので是非付けたかったのですが素材をどうするか、どう作るかで悩んでいたものです。  今月の初めに「ひょっとしたらこれなら」とい…

続きを読むread more