秋の運転会に思ったこと

 今月初めにやったショッピングセンターの運転会で書き残していた事をまとめます。  うちのクラブの特徴は前にも触れましたがメンバーの年齢層の広さもそのひとつです。  下は中学・高校生から上は60代まで、しかもそれぞれに趣味の拘りのポイントが異なる部分もあるので運転会はある意味その拘りをアピールできる場という事も言えます。  とは…

続きを読むread more

そういえばそろそろTOMIXも40周年ですか

 昨年は日本形Nゲージが登場して50周年でしたが、今年はTOMIXの登場40周年に当たります。  以前にも書いた事がありますが40年前の10月頃に出たTMSの11月号で初めてTOMIXの存在が明らかにされた時の衝撃ときたらありませんでした。  それまでの鉄道模型がNはもとより16番の世界ですら「レイアウトにもお座敷運転にも対応で…

続きを読むread more

S660のはなし・MTかCVTか?

 このところ毎週水曜日がS660のはなしで埋まっている気がしますが今回もそのネタです。  実際、このクルマについて書き出すと愉しみだけでなくいろいろと考えさせられる所もあり、それらも含めていい意味での刺激になっていると思えます。  今回はS660のミッションのはなしから。  実は今回S660を入れるにあたって一番悩んだポイント…

続きを読むread more

「鉄道模型車両の作り方」

 昭和50年代初め頃はある意味鉄道模型入門書の当たり年みたいでして、カラーブックスの「鉄道模型」廣斎堂出版の「鉄道模型入門」等が印象に残ります。  中でもNHKブックスの「ホビーテクニック」シリーズは最初の「鉄道模型レイアウト」から短期間に2,3冊リリースされる充実ぶりを示しました。  (あれだけ鉄道本をいっぱい出しているカラーブッ…

続きを読むread more

Nゲージとディスプレイケースのはなし

 先日格安で入手したKATOの151系12連。  おそらく安かった理由のひとつがこれだったと思われます。  12両が丸ごと(とはいえ3両づつ4段)収まるディスプレイケース。  この中にこだま号が12両入ったままの状態で売られていたのです。  店員さんもこの状態からそう思ったのか「セットに動力車が入っていない」と思い込んで…

続きを読むread more

「特急にっぽん」とKATOの151系から

先日CSでフランキー堺主演の「特急にっぽん」という映画が掛かっていてモノクロながら堪能させて頂きました。 本作は新幹線開通前の時代、151系のこだまを舞台にフランキー扮する食堂車のコックが巻きこまれる騒動と恋のさや当てを描くコメディ仕立てのドラマでした。 まだクロ151が現役だった頃の151系の車内から電車区の風景、疾走シー…

続きを読むread more

ターミナル駅ビルモジュールの建設・18・駅ビルB面の改修 その2

 ターミナル駅改修工事のはなしから。  切りだしたプラダンには壁面を模して色画用紙を帯状に貼って行きました。  これ自体はそう悪くないのですが、マテリアルとしての最近の色画用紙は妙に彩度の高い物が多いのに往生します。  ペーパークラフトであればこれ位で丁度いいのでしょうが、個人的にはもう少し淡い色の茶かアイボリーが欲しい所…

続きを読むread more

鉄コレの「勝太駅発!熱血デュエマ列車!」

 先日の秋葉行きの戦利品から。  鉄コレからこの夏に出ていた「勝太駅発!熱血デュエマ列車!!」  冗談みたいなネーミングですが、ひたちなか海浜鉄道の実在の車両です。  コロコロなんかではかなりの人気作(うちの子供もファンの一人ですが)のカードバトルマンガ兼カードゲームの「デュエルマスターズ」とのタイアップによるラッピン…

続きを読むread more

清里へC56を見に行った・・・はずですが

 平日休の朝、自宅の草むしりをして「ふと思い立って」山梨県の清里へS660を駆りました。  こんな風に「何となく思い立って即出掛けられる」のはまさに「田舎者の特権」のひとつと言えるでしょう(笑)  とか言いつつ実を言いますと清里の駅周辺に出かけるのは10年近く前にレイアウトのロケハンで一度覗いた時以来です。  (レイアウト…

続きを読むread more

S660のウィークポイントのはなし

 S660のはなし。  これまで我ながら手放しでほめまくってりる印象を与えたかもしれないS660.  ですが今回は1500キロ走行して見えてきたS660の弱点のはなしです。  スポーツカーである以上はスポーツカーゆえの弱点も内包しているのが常でして、必ずしもS660特有の物ばかりではないのですがその辺は割り引いて読んで頂けると…

続きを読むread more