2018年01月31日

「建機コレクション」のパワーショベル・ほか

 先日入手した福袋から

DSCN9743.jpg
 ジオコレの建機コレクションからコマツPC300-8 油圧ショベル。

 レイアウトに限らず「風景のモデル化」を考えた時にこの種の建設機械類は意外と大きな存在価値を持ちます。工事現場だけでなくそこいらの田園地帯の片隅にもポッと置いてあったりしますしトラックに積まれて街中を走っている事だって結構見かけるものです。
 調べてみたらこのシリーズもリリースから7年も経っていたのに驚きましたが、7年も経っていたのに私が一つもこれを入手していなかったのも我ながら驚きです。
DSCN9744.jpg
 うちのレイアウトに工事現場と呼べるものは殆ど無かったのですが、こうしてレイアウトの片隅に置いただけで不思議なリアリティを感じさせます。
 おそらくパワーショベルと言う物を普段あまりに当り前に見ていたせいで、その存在の見せる演出力を見落としていたのかもしれません。
 線路際の住宅街の片隅にでも置いてみようかと思っています。
DSCN9507.jpg
 余談として、福袋のついでに入手したジャンク品。
 またもや「TOMIXの高架駅の側壁パーツ」
 これを買うのもいったい何個目でしょうか(笑)
 ビルの壁面や窓ガラス、あるいは屋根のパーツにも転用できますし応用範囲の広いマテリアルです。
光山鉄道管理局
 HPです。昨日「思い出の書籍」の項一部追加しました


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。


posted by 光山市交通局 at 06:00| 岩手 ☁| Comment(4) | アクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月30日

トキ900の完成とペーパー貨車の第2、第3弾

IMG_2580.jpg
DSCN9776.jpg
 先日、当地にオープンした鉄道カフェのオリジナル製品のトキ900の話を書きましたが、ようやく先日になって塗装も済ませ(要するにこれまで塗料を買う暇がなかったというだけのはなしなのですが)どうにかこうにか形は整えました。
 黒一色でもやはり塗装されるとかなり印象は違います。今回使ったのは田宮のラッカースプレーですがプラ製の貨車よりもそれっぽい質感だったので(紙も木も材質は似ていますしw)
 なお写真では本来3軸のまん中に車輪が入っていませんが、実際はここにも車輪は付けられますしパーツの中にダミーの車輪も一組ついています(運転時の安定性を考えると2軸の方が無難な気もします)
DSCN9778.jpg

 さて、そこのカフェのオリジナルキットですが、あれから二月程経つ間にさらに新製品がラインナップされました。

 レーザーカットのペーパーキットとはいえ下手なメーカーよりもリリースのペースが早いのには驚かされるばかりです。
DSCN9768.jpg
 その第二弾はウ500。
 豚輸送専用の二段棚を装備した二軸貨車。製品化の穴とも言えるセレクトですが、細い桟が容易に表現できるレーザーカットのメリットを最大限に活かせる素材ではないかと思います。
 ナインスケールや河合・ポポンデッタ系の二軸貨車による編成のバリエーションが出せる意味でも貴重な存在といえます。
DSCN9770.jpg
 そして第3弾は私個人がかねて製品化を待望していたチラ1!
 以前にも紹介したことがありますが、50年前の「模型と工作」誌上で16番モデルの製作記事があったコンテナ3個積の二軸貨車です。
 既にTOMIXからでているコンテナ二個積みのコム1よりも伸びやかなプロポーションが特徴で上述のオムニバス編成はもとより、Bトレのフレイトライナーに使っても面白いかもしれません。
IMG_2750.jpg
(写真は作例見本です)
 あまりの嬉しさに両方を衝動買いしてしまいました(笑)製作の要領は既にトキ900で見当がつきましたし、何両か買って編成化したい誘惑にかられます。

 そして予告された第4弾はかねてバラ売りで欲しかったある客車。
 まだ形式を公表する段階ではないと思うので今は伏せておきますが、正直こんなのを出してくれるとは思いませんでした。

 それにしても私がリクエストしたわけでもないのにどうしてここまで私の好みに合致したものばかりなのでしょうか(笑)

光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。


posted by 光山市交通局 at 06:00| 岩手 ☀| Comment(0) | 車両・客車・貨車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月28日

今月の入線車・鉄コレ25弾の京成200

 正月の入線車から。
 今年最初の新車となった鉄道コレクション第25弾。
 5編成のパッケージの中で事前の私の注目が一番低かったのは実は京成の200系でした。
DSCN9719.jpg
 実車に個人的な馴染みがなかった事が一番大きな要因だったのですが実際に物を出してみるとこれがなかなか雰囲気がいいのです。
 当初の予定ではクモハ20と広島電鉄1080を動力化するのに留めるはずだったのですが、気がついて見たらそのふたつよりも先に京成200の方が動力化されていたと言う不思議(笑)
DSCN9720.jpg
 成り立ちこそ古い車両なのですが、昭和40年に車体更新をしているので見た目はそこそこ新し目です。とはいえ良き時代の私鉄電車の雰囲気は残っていて好ましさを感じました。
 25弾で唯一ループアンテナをユーザーが追加装着する仕様なのですが、それが苦にならなかったくらいです。実際これをやるとさらに雰囲気が良くなりました。

光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。


posted by 光山市交通局 at 17:28| 岩手 ☁| Comment(0) | 車輌・電車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月27日

「Kobaru」のカタログを見て「カタログでワクワクできた頃」を思う

SNShouo71IMG_0048.jpg
そういえば、カトーやTOMIXのカタログを暫く買っていません。
 二大メーカーのカタログの用途はここ数年位「線路パーツや配線パーツ、あるいはASSYの種類のチェックや購入の参考」と言うのがメインになっている関係上、何年かに一度と言うのがここ10年来のパターンになっています。

 実際私がカタログを見てワクワクするのは「この線路の組み合わせならこういう事ができそうだ」とか「ああ、このASSYが出ているなら●●の工作ができそうだ」とか想像する時でしょうか。

 昔のKATOなりTOMIXなりのカタログを見る時は「ああ、遂にこの車両が製品化されるのか」とか「ようやくラインナップが拡充してきたな」とかの完成品車両の充実にときめいていたものですが、ここ10年位はどのメーカーも大量のリリース旋風で新車に対するサプライズ性が薄れている事や、ほとんど突発的に製品予告・リリースがされる事もあってわざわざ年一回カタログを買う必然性がなくなってきています。
SNShouo71IMG_3523.jpg
 おっさんの繰り言ですけれど昔のGMのカタログの様に「カタログそれ自体が読み物として楽しめる構成」のものがあれば面白いのですが(後マイクロのカタログはカタログと言うよりも車両年鑑の様な性格が強いためにこれはこれで楽しめたりもします)

 そんな折に久しぶりに(私が)面白いと思うカタログに当たったのも何かの縁でしょうか(笑)
 このブログでも時々製品を取り上げる事がある「Kobaru」の2017年総合カタログがそれです。
DSCN9763.jpg
 このメーカーはジオラマ系のアクセサリ・マテリアルがメインなのですが、フィギュア、ミニカーはもとよりこれまで他のメーカーが見過ごしてきたようなラインナップが充実しているのが特徴です。
 個々の品物は店頭でもいくつか目にするのですが、全体のラインナップを俯瞰したこのカタログを眺めると「えっ?こんなのまで製品化しているの!?」と言うくらいの充実度である事に圧倒されます。

 イベント会場の仮設トイレとか工事用の小型コンクリートミキサー、ボートトレーラー(ミニカーメーカーのトミカですら過去に一度製品化したっきり)やどこにでもある「住宅用の門扉が4種類」とかBSのパラボラアンテナなんてのまで製品化されています。
 基本的に「パーツ」であり「マテリアル」なのでそれ単独で買っても面白くない物ばかりです。ですがそれを組み込む事で風景やジオラマが生き生きとしだす事を想像させるのがこのカタログの身上と言えます。
 平たく言えば「手を動かしたくさせる」何かがあります。

 これらのラインナップを眺めていると「これが出ているならこういうミニシーンが作れるな」とか「次のレイアウトの改修にはぜひこのパーツを付けたい」とか想像が膨らみます。カタログでこういう気分を味わえたのは何年振りでしょうか。海外メーカーだとNOCHかプライザーのそれを読んだ時の感覚に近い物があります。
 でもそういう姿勢は最近のメジャー系のメーカー(Nでも16番でも、どうかするとZゲージですらそうかもしれませんが)からは急速にすたれかけている感じもしないではありません。

「買うことで満足させる」のか「買うことで何かをさせる事に価値を見出す」のか、ここ50年ほどの模型に対する姿勢の変化と言うか違いの様なものも含めて何か考えさせられる気もします。

光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。


 
posted by 光山市交通局 at 06:00| 岩手 ☁| Comment(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月26日

寒い!!

 先週辺りからこの地も朝晩の冷え込みが強く感じられるようになりました。
IMG_2760.jpg
 台所仕事をしていても手がかじかみますし、洗濯となると更に辛い。
 寝る前に水道のチェックをするのも日課と化しています。

 実生活ですらこんな調子なのですから鉄道模型関係となると「寒いというだけで何も進まない」と言う最低な状況だったりします。
 未組み立てのキットもありますし、かねて進行中のモジュールの再改修も足踏み状態。
 精々が鉄コレの動力化が関の山と言う所でしょうか。
DSCN9751.jpg
 おまけにここまで寒くなると動力車のモーターやギアの当たりも影響を受ける様で、暖かい時ほどスムーズに走ってくれない事があったりします。こういう時暖房の無い場所のレイアウトは辛いですね。
 ぬくぬくとした環境で運転を楽しみたいところですが現実はなかなかそうはいきません。
IMG_2752.jpg
 この寒さは今月いっぱいは続くみたいですから憂鬱はまだ続きそうです。
 今回は100%愚痴に終始してしまいました(大汗)
光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。


posted by 光山市交通局 at 06:00| 岩手 | Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月24日

日本の翼のはなし

 先日、セスナ172のNスケールモデルがリリースされた話を書きましたが、先日新装オープンした模型屋さんに出かけた折にまたNスケールの飛行機関連を入手してきました。
 いずれもエフトイズの「日本の翼コレクション4」「緊急出動!救命・防災ヘリ」
DSCN9513.jpg
 どちらも平時でも見かける機体なのでまあまあレイアウト向けと言えます。

 前者は三菱MU-2、テキサン、メンターの練習・連絡機トリオ(MU-2は捜索救難仕様ですが)
限りなく軽飛行機に近いサイズと親しみやすいフォルムは飛行場においても良し、博物館や駅前広場の飾り物にも使えます。


 後者はヘリボーンコレクションの一環なのですが、ドクターヘリなんかは今でもかなりの頻度で見かけるようになりました。
 どうかすると患者さんらしき人を吊下しているところを見かけたりする事すらあります。


 今回入手できたのはメンターとHU-1の警視庁仕様。まだ未組立ですが製作が楽しみです。
(と、こうして積みプラが増える)
 ここに来てレイアウトの空も徐々ににぎやかになってきました。
 このショップ、地元にしては品ぞろえが豊富なのは有難いですがなぜか鉄道模型だけなかったのが惜しいというか不思議と言うか。
 それが去年の暮れの話です。
その後、暮れの帰省の折に出かけたショップのひとつで「日本の翼4」を見つけました。

 前回買った折はメンターがひとつしか取れなかったのですが私の本命は実は三菱MU-2の方でした。
 が、現住地のときは最後の一個だけしか引けなかったので、少々残念感があった事もあって故郷でのリベンジマッチと相成った次第です。
 今回はMU-2を引くまで買うつもりだったので最悪6、7回くらい引けば当たる事になります。

 結果、4回目でどうにかMUー2を引きましたが「買ったそばから開封しては再びレジに向かう繰り返し」を3回くらいやりました。まったくいい歳したおっさんが何やってんだか。
DSCN9754.jpg
 ちなみに他の三つはメンターひとつにテキサンふたつ。よくみると「旧日本軍仕様のカラーリングのテキサン」が混じっています江田島での展示品の仕様らしいですがこれがシークレットだったと言う事なのでしょう。

 どのみちレイアウトの展示品用途しか考えていなかったのでこれはこれでよかったかと。
 余談ですが昔のGMのカタログで「レイアウトに空港を作ろう」とか言う記事が載っていた事があったのですがそこの記述に「ゼロ戦を塗り替えてテキサンに見せる(素人は騙せる)」と言うのがあったのを思い出しました。
 あの当時ゼロ戦やF4EJの戦闘機系の144分の1は割合容易に手に入ったのですが練習機や民間機のモデルはなかなかリリースされなかったものです。現に私もレイアウトの空港用にと「メッサーシュミットのMe262」を買った思い出が(爆笑)
 テキサンの実機は大昔現住地の駅前近くの公園に展示されていた事はあります。

DSCN9758.jpgDSCN9718.jpg
 帰宅後、早速テキサンとメンターを一機ずつ試作してみました。
 組み立て自体は以前紹介のセスナより簡単な位でしたが、デカールを貼るのがややこまかかったかなと言った所でしょうか。
 MU-2も暇を見て作ろうかと思います。

光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。


posted by 光山市交通局 at 06:00| 岩手 ☀| Comment(0) | アクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月23日

シーズンオフ直前の福袋のはなし

IMG_2724.jpg
つい先週の話ですが今年最初の秋葉行きを敢行。その時の話です。
今回も研修会のついでという事もあって堪能しました(笑)

まあ、いつもの富士そばで富士山盛りを食べ、いつものショップを巡った程度なのですが。
(メイド喫茶の真上にできた有名鉄道模型ショップとか、某有名ホビーショップのビルの一階にあるたい焼き屋とか、缶ジュース一杯でタバコの喫える喫煙所とかw)
IMG_2725.jpg
そんなショップ巡りで立ち寄ったとある中古屋。
正月明けだったのですがこちらにはスターターセットの福袋がまだまだ残っていて驚きました。よく見ると他にも少々福袋が残っている様子。
良い機会といいますか、運試しのつもりでふたつ購入しました。

今回のは一応「鉄道模型の福袋」です。
とはいえ、値段とサイズから見て実質「ジオコレの福袋」の可能性が濃厚ですが。

今時の鉄コレの2両セットは大体三千円くらいが普通ですから手持ちのモデルとのダブりがなければ後のパック品はほぼオマケと見て良いわけです。
ダブりがないことを祈りつつ帰宅。開封しました。
DSCN9696.jpg
中身は銚子電鉄3000系セット。第23弾で入っていた2002辺りのペアには好適でしょう。これは拾い物でした。
付け合わせはバスコレ17弾の「岩手急行バス」他の人ならどうか知りませんが岩手出身の私にとってはこれも有難い。あと鉄コレ第7弾の越後鉄道のクハ。最初、これはハズレかなと思ったのですが後に意外な形で貢献することになります。
最後に貨車のタキ1900セメントタンカー。
DSCN9752.jpg
そしてもう一袋のメインディッシュは「京阪700のトーマス仕様」京阪700は随分と入線させているのですがトーマスだけは持っていませんでした(理由はのちの機会にでも)その意味でも損ではありません。
付け合わせは建機コレクションの小松パワーショベル。実は建機コレクションはこれまで買ったことがなかったのでこれも拾い物と言って良いでしょう。あとはカーコレ80のR32スカイライン。赤は持っていないのでこれも拾い物です。
で、やっぱり「タキ1900」が入っています。二つ買ってみると在庫処分臭く感じるのは仕方ないですが、この手の貨車は最低2両はないと様にはなりませんからやはり二つ買ったのは正解だった気がします。
IMG_2728.jpg
今回の福袋は概ね悪くない取り合わせでしたが(私にとっての)こういう幸運はそうないでしょうね。
個々のアイテムの紹介は今後やって行こうと思います。
光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。


posted by 光山市交通局 at 06:00| 岩手 ☁| Comment(0) | 鉄道模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月21日

今年最初の入線車3・マイクロの営団地下鉄3000系

 今年最初の入線車両とそれにまつわる思い出話から。

DSCN9699.jpg

 今は上京のたびに乗る地下鉄と言うと銀座線か大江戸線を使っていますが、実際に私が生まれて初めて乗った地下鉄は日比谷線の3000系でした。

 考えてみれば地下鉄というだけでなく「ステンレスのコルゲート仕様の電車」に乗ったのもこれが最初なのですが。
 確か中学生の頃、亡父に連れられて上京した折に東京タワーを登った後、神谷町から秋葉原までこれに乗ったのだと思います。
 そういえば交通博物館だけでない「電気街としての秋葉原」を初めて認識したのもその時でした。

 車体が銀一色の地下鉄というのはキハ20系か旧客にしかお目にかかれない様な田舎者にとってはまさに「都会の象徴」そのものでした。
「東京タワーから銀色の地下鉄に乗って行った先が『電気屋さんしかない街』でそこから『駅から駅の間が店が途切れない』アメ横を経由して上野に向かう」という田舎者にとっては目のくらむような体験(爆笑)は銀座や新宿のそれよりも強烈に「トカイ」と言う物の凄さを刻み付けた様な気がします。

 それから年は過ぎ、地下鉄に乗ること自体に感慨を感じることすらなくなったせいか3000系の事もいつしか忘れてきていました。
DSCN9687.jpg
 そんな折、近所の中古ショップでマイクロの3000系の出物を見つけた時、急にあの頃の思い出が蘇る感覚を覚えました。
 そういえば3000系のNゲージの完成品模型自体これまで店頭では見たことがなかった気がします。
 今年最初の入線車のひとつが私の思い出とつながった編成だというのも何かの縁でしょうか。
(ついでに言うとハー●オフ系の中古屋さんは3が日の前後は1割か2割引きになることが多いので価格的にも手が届きやすかったりします。最近はこのチェーン店の中古も「秋葉原相場」がまかり通っているのでこういう時は助かります)
DSCN9689.jpg
 今回入線したのは3000系でも後期の仕様で8連固定編成化に伴い中間の先頭車の運転台のライトや行先幕が一部撤去され、ドアも交換された仕様との事。割合メジャーなタイプでありながらもある意味、変態度はそれなりに高い仕様と言えます(笑)
DSCN9688.jpg
 幸い走行性はまずまずでしたし、造形も割合しっかりしていると思います。 
 3000系を印象付ける「デコッパチの先頭部」の印象も悪くありません。
SNShouo71IMG_7754.jpg
 これを入線させて思い出したのですが日比谷線で相互乗り入れをしていた東急の7000系も鉄コレのそれを入線させていました(こちらは単純に「好きなデザインだった」のが入線の理由ですがw)
 図らずも相互乗り入れの再現まで可能になった訳です。この次やってみようかと。

光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。


posted by 光山市交通局 at 06:00| 岩手 ☁| Comment(4) | 車両・私鉄/民鉄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月20日

HOスケールのVWキャディ

HOスケールミニカーからこの間紹介したVWカラベルに続いてもうひとつ

DSCN9326.jpg
リーツェのVWキャディ、消防指揮車(たぶん)
なんとドイツ車なのに「フランス消防」の仕様だったりします。
まあ、ルノー4なんかでもこういうのがありましたし形態自体はそう珍しくないのですが。
DSCN9327.jpg

(そういえば「アルトハッスル」なんてのもあったなあ)
 個人的に何となく「花屋の配送車」を連想してしまうこのボディで消防が活躍するというセンス(現実にはかなりの実用性があるとは思います)は流石花の都のお国柄です。
DSCN9329.jpg

 先日のカラベルで「ワイパーが車体にモールドされている」事に驚いたのですがこっちのキャディはフロントばかりかリアワイパーまでそうなっていて、しかもリアウィンドウの熱線処理まで付いています。
 ジオラマや鉄道模型での需要が多いこのスケールのミニカーですがどうかするとトミカやHWも侮れない事をやっているのには驚かされます。
DSCN9328.jpg
 ですがこれが似合う様な和風HOスケールのセクションってどんなのだろう?

光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。


posted by 光山市交通局 at 06:00| 岩手 ☀| Comment(0) | アクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月19日

ペーパーキットのトキ900

この間紹介しました、地元鉄道カフェのオリジナル貨車キット。
購入してから丸ひと月ばかり放置していたのですが、先日一念発起して作ってみる事にしました(笑)
DSCN9350.jpg
車両系のペーパーキットは初体験だったのでどうなる事かと不安でしたが、基本的には重ね貼りといもづけが中心です。
細かなパーツはピンセットでつまみ、接着はスプレーのりと木工ボンド(とつまようじ)
貼り合わせさえきちんとできれば私の腕で大体1時間弱程度でまずまずトキ900は作れます。
(塗装を除く)
IMG_2579.jpg
ただ、Nスケールだけに各パーツが細かいので部品に予備がないのが意外とプレッシャーになります。
ここは改善を望みたいところ。

出来上がったトキ900は普通の二軸無蓋車よりも堂々としたフォルムですが、ペーパー製ゆえかプラ製品よりもやや華奢な印象は受けます。
車輪とカプラーは別買いしなければなりませんが、私の場合は5月の連休の折に某ハー●オフで売られていたジャンクの車輪パーツがあったのでそれを使ってみたらどうにか収まりました。
IMG_2580.jpg
このトキ900と言う貨車、戦時中に大量生産された物だったそうなので1両だけではぱっとしません。
少なくとも複数、場合によっては10両単位は必要かもしれません。
牽引機は戦前の貨物機なら大概のものに対応できると思いますが雰囲気的にはやはりD52の戦時型とかEF13のボンネットタイプ辺りという所でしょう。
光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。



posted by 光山市交通局 at 06:00| 岩手 ☔| Comment(0) | 車両・客車・貨車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする