2018年07月31日

鉄道ミステリとNゲージから・「消えた貨車」とトム50000

 断続的に続けています鉄道ミステリのはなし
 今回は特に車両のプロトタイプを特定できる話ではないのですが、昨年来Nゲージの貨車ネタが少々盛況なので書いてみる気になりました。

 今回取り上げるのは光文社文庫の鉄道ミステリアンソロジー「無人踏切」所収の夢座海ニ作「消えた貨車」
DSCN9476.jpg
 ニュースカメラマンの主人公が、とある貨物駅で助役から聞かされた貨物の消失事件の話からそこに仕組まれた犯罪計画と犯人を指摘しようとするというのが大まかなストーリーですが、ほぼ全編が主人公と助役の会話だけで成立しておりアームチェアデティクティヴ(安楽椅子探偵物)的な頭脳遊戯の体裁を成しているものです。

 リンゴを積んだ貨車を1両丸ごと抜き取る(様に見せかける)事で詐欺を成立させるという発想は殺人事件が主流を占める鉄道ミステリの中でもかなり異色と思いますが、ラストのひっくり返し(ここは是非ご一読を)で独特の読後感を感じさせます。

 ですが鉄道ファンにとっての本作の魅力は実はそこではなく冒頭とラストの「貨物駅の描写」にあると思います。

 今でこそコンテナとタンカーばかりで些か無味乾燥になりがちな貨物駅ですが本作が書かれた頃の貨物列車はワムもあればトラもあり、ツムやカやどうかするとコンテナ車やタンク貨車まで一つの編成に併結されるオムニバスが当たり前でした。
 それらの貨車を仕分けし組み合わせて一つの編成を作り上げるプロセスはオムニバス編成の魅力が横溢した光景だったと思います。
 本作の冒頭ではたっぷり数ページを割いて「夜なお活気溢れる貨物駅の操車場」を描写しています。
DSCN9956.jpg
 さて、本作に登場する車両も当然貨車でして作中では「トラ13887」と呼ばれる無蓋車です。初読の当時は「無蓋車でリンゴを運ぶなんてあったのか?」と訝ったものですが、実際収穫の最盛期では本来野菜輸送に適したワムやツム(通風性のいい有蓋車)だけでは足りず無蓋車や、どうかすると長物車まで動員してリンゴを捌いていたのだそうです。もちろん荷台にはきちんと防水カバーなどを使うわけですが。

 作中のイメージに近いというとナインスケールのトム50000とか最近TOMIXから出たトラ14500辺りが近いかなと思います。実際当時の編成がどうだったのかは資料不足でよくわかりませんでしたが。・

本作を久しぶりで読み返してみるとなんとなく貨物駅のレイアウトが作りたくなります(笑)

光山鉄道管理局
 HPです。昨日「車両紹介」の項「電車」の「路面電車」一部追加しました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。


posted by 光山市交通局 at 06:00| 岩手 ☀| Comment(2) | 映画・映像・小説など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月29日

ワールド工芸のクモヤ22001

 今月に入ってから続いている「夏の車両工作祭り(と言っていい状況になっていますw)」
C61EF7E0-3C91-47FA-BB25-48F125743086$L0$001~photo.jpg
 そして実は今回も「コンテナネタ」だったりします。
 先日紹介したワールド工芸のクモヤ22001キットの製作から。

 購入から大分寝かせていましたが先日のチラ1に引きずられる形でなし崩しに製作を開始しました。
 私にとってワールドのキットの工作は一昨年の弘南鉄道ED221に続いて二作目になります。

 キットはコンテナ積載用の試作車と配給車のふたつの仕様を選べますが今回は迷わずコンテナ仕様を選択します。
P7220137.jpg
 キット自体は普通のプラキットと大差がないのですが、前面を特徴づけるゼブラ模様をプラ製の前面にエッチングのパーツを重ねて塗り分けの手間の軽減と同時に前面の細密感の向上も図る一石二鳥が目を引きます。
 下準備として車体のぶどう色と前面の黄色を塗った後で組み立てに入り、黒く塗装したパーツを重ね貼りします。
 これに一部別パーツ化された配線やらテールランプのレンズやらを追加するとなかなか賑やかになります。
 (なお仕上げの粗さはご勘弁ください)
P7220135.jpg
 動力はコアレスモータを縦置きした片側二軸駆動。
 これを長い方の運転室に納めますが、それでもあの短いキャブ部に収まる様な動力が作れるようになったのには私からすれば驚異の一語です。
 ただ、惜しむらくは台車枠のややボーッとした、シャープさに欠ける造形です。
88F51F09-DA90-4EE0-B24F-65618F3910B5$L0$001~photo.jpg
 これもまた、KATOのたから号のコンテナを積載させました。つくづく私はこのタイプのコンテナが好みのようです(笑)

 走行性はスローが効きにくいのは動力の小ささを思うと仕方ありませんが、巡航速度でならそれほど違和感もありません。
P7220139.jpg
 この国鉄時代の元祖レールカーゴ(笑)やっぱりチラ1と組み合わせたくなりました。
 コンテナが同形という事もあって意外と違和感がない感じがします。

 それと昨年開店した鉄道カフェの「お料理輸送電車」の仕様にしてみるのも面白い気がします。
 (実はデパートの屋上遊園地用にドールハウス用の食器をいくつかキープしてあったりします。これから発掘しなければ)

光山鉄道管理局
 HPです。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。


posted by 光山市交通局 at 06:00| 岩手 ☁| Comment(0) | 車輌・電車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月28日

甲府モデルのペーパーコンテナ

 今週は何故かコンテナ貨車ネタが続きました。
 今回もコンテナネタです。

 先日紹介した通り、甲府モデルの2軸コンテナ貨車チラ1のペーパーキットにはペーパー製のコンテナが付属しています。
 (コンテナのみのばら売りも行っており更なる変わり種として「塩コンテナ」なんてのも製品化しています)
 このサイズの国鉄型コンテナはどこも品薄(というかそもそもばら売りされていないケースもあります)なのでキットとはいえこのサイズのコンテナが楽に入手できるのは有難い話です。

 前回のチラ1のキットメイクではKATOのたから号チキ5500用のコンテナを代用したのですが、キット付属のコンテナも作ってみる事にしました。
P7270156.jpg
 ペーパキットなのでパーツはこんな感じです。但し元のキットは白い紙なのでどうしても塗装が必須。
 ところが「普通の国鉄コンテナの緑色」塗料というのが案外製品化されていないらしいのです。これは製造元のご店主も悩まれていたそうで、近似色としてGMの「京阪ライトグリーン」か田宮の「日本海軍灰緑色」をお勧めされました。
 近所のショップではGMカラーの在庫が少ない為、今回は田宮の奴で製作します。

P7270157.jpg
 単なる箱を作るつもりで掛かったのですが裏打ちで何枚かパーツを重ね張りする事で強度とディテーリングの効果を狙っているようです。裏側下部のポッチはチラ1のフックに引っ掛けるためのものですが、KATOのチキ5500のコンテナにコンバートする事も出来そうですね。

P7270161.jpg
 コンテナ上部の微妙なカーブを合わせずらかった(要するに私が不器用で雑という事なのですが)のでややラフに見えますがNゲージの貨車に積み込んでみる分には意外と粗が目立ちません。随分のっぺりした外観に見えますがこれは元々のプロトタイプがそうだったからで(富士重工の5000形)コンテナらしいメリハリのある箱が欲しい分にはリブが表現されたC10形のキットもあるのだそうです。

P7270159.jpg
 オプションのデカールを貼り付けると結構コンテナらしくなって来ます。ただ、KATOのたから号のコンテナと比較すると若干こちらの方が色が淡めになります。これはもう「経年の褪色」とでも思うしかありません。
 P7270163.jpg
 ペーパー製とは言え積層貼りの構造もあって意外と丈夫な感じです(そのままサイコロにでも使えそうなくらいw)
 このメーカーでは他にもコンテナや積荷パーツの製品化を考えている様なので期待しています。

光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。


posted by 光山市交通局 at 06:00| 岩手 ☀| Comment(0) | 車両・客車・貨車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月27日

趣味の原点を振り返る番外編・関水金属のコキ10000

 趣味の中断前に入線していた大昔のNゲージモデルの思い出から。
DSCN9897-1.jpg
 最初に入線させていた機関車がEF65だった事と、現実に入手できたのが事実上それしかなかったという事もあるのですが、最初に入線させたボギー貨車は関水金属のコキ10000とコキフ10000でした。
 当時も今もコンテナ貨車の単一編成と言うのは鉄道模型ファンの憧れのひとつではないかと思います。

 今でこそコンテナ貨車でコンテナ交換と言うのは当たり前になっていますが、私がこの趣味に入った当時はわざわざカタログに「冷凍コンテナ」と書かれていたように「4個か5個のコンテナが一続きになった仕様」しかありませんでした。
 しかも普通の緑色と冷凍用が全部同じ色なので編成美と言う点ではよかったもののオムニバスの楽しみは殆どなかったのです。
 (この時期のTMSで一体パーツのコンテナを分割し、磁石か何かでバラ積み状態を再現させる試みが掲載されていました)
DSCN9900-1.jpg
 最初に買ったのは冷凍コンテナの仕様でした。あの頃は白いコンテナに何かスペシャル感の様なものを感じていたのが理由でしたが。

 それでもコンテナ列車を何両か購入しEF65やED75に牽引させるのは運転する側としては楽しみのひとつではありました。
 (最大でも5,6両、しかもどうかするとナインスケールのコム1まで併結されていたりしてw)
DSCN9895-1.jpgDSCN9898-1.jpg
 1両500円と言うお値段も、貧乏ファンには大いに助かりましたし。

 今では運転会やレンタルレイアウトで見かける貨物列車はコキだけでも10両以上、どうかすると20,30当たり前の世界。搭載されるコンテナも1両一両が異なるバラエティを持ち「鉄道むすめのコンテナ」なんてのや「TOMY75周年コンテナ」なんてのまでありますから隔世の感が著しい。
 困った事にあの頃のコキは実車よりも短めの長さなので現行の貨車との併結が様にならないという弱点があり当時物の貨車によるメモリアル列車程度しか出番がないのが惜しまれます。それも自宅レベルの運転会で。


 同時期には高速有蓋車のワキ10000も買いましたが、何分こちらの方は見た目のなじみが薄かったので彩り程度に併結するにとどまるレベルでした。スニ40もありましたがカタログ上ではワキの隣のページでしたから長い事「スニ40は貨車」と思っていたりして。
 (形状は貨車そのものであり、単に分類上の違い程度だったらしいですが)

 当時東北本線で良く見かけたボギー有蓋車はワキはワキでも茶色の5000の方でした。目にする事が多かったのはワム80000を拡大した様なパン屋根の仕様で、当時は2両位買った記憶があります。
 後に関水が出した丸屋根仕様は何となく「ワキ10000の色替え」みたいな安直さを感じてしまいあまり手を出さなかった記憶があります。

 ボギー貨車が連続する長編成はNゲージならではの魅力を感じさせます。東北本線も今では「EH500が牽引するコンテナ列車」が一番の見どころになってしまいましたし。
光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。


posted by 光山市交通局 at 06:00| 岩手 ☁| Comment(4) | 趣味の原点をふり返る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月25日

モジュール製作番外編・陸橋の遮蔽効果のはなし

モジュールレイアウト製作中のひとコマから。
IMG_2995.jpg
前にも書きましたが今回のモジュールのアクセントになるのは実物のフォルムに似せたホテル、そして本線部分を斜めに跨ぐ4車線の陸橋です。
中でも陸橋は幅が10センチ強(実物換算で15メートル強)のレイアウト用としてはかなりワイドなもので、規格品のレール3本分に近い広さを持ちます。
これが個人のレイアウトだったら、ここまで広い陸橋はスペースの無駄遣いに見えてなかなか組み込めないと思います。
(事実私が個人用に作った展示前提でないレイアウトではここまで幅の広い道路はありません汗)

今回のモジュールでは細密さよりも「フォルムとマッスでどれだけリアリティが出せるか」に挑戦してみようかという(傍から見たら心底どうでもいい事ですがw)テーマで製作して居ますが、今回の本題はそこではありません。
DSCN5506.jpg
このモジュールは現在クレイドルレイアウトの片割れとしてエンドレスに組み込んだ状態で製作して居ます。差し替え用の風景はちゃぶ台より小さいくらいのベースに分割し、モジュールから外した状態で製作を行い、時々モジュールのベースに組み込んで風景の見え方を検討するという方式を採っています。

線路がすでに固定されているので、風景を組み込んでチェックしながら試運転の列車を走らせることができるわけで、我ながら効率的な方法だと悦に行ったりするわけですw

さて、その試運転で陸橋を組み込んでから483系のフル編成を走らせたとき、これまでよりも数段走りがリアルに見えたのに驚きました。
風景の作り込みの点では他のモジュールの方がまだ良くできていたはず(何しろ今回のモジュールはこの時点でウェザリングや細部のパーツが未取り付けの状態ですから)なのでなぜこんなにリアルに見えたのか最初はよくわかりませんでした。

ところが整備のために陸橋を取り外して走らせて見てその理由がわかりました。

実はこのクレイドルレイアウトではモジュールに隣接してエンドレスのリバースループが接続されています。陸橋なしの場合、こちらに向かってくる列車は「不自然に曲がった急カーブからの立ち上がりを車両間をカクカクさせた非常に不自然な曲がり方を見せていました(画像の線路に接続したカーブはユニトラックの249R、カントなしなので余計不自然だったわけです)

ところが陸橋を装着し、やや俯瞰気味に見下ろしてみるとその見苦しいカーブの曲がりが幅広な陸橋によって遮蔽され、恰もそんなカーブなどないかの様に直線を通過する列車だけが見えるのです。
つまり不自然なカーブが隠れたことで列車の走りがリアルに見えていたことになります。
同じ効果は例えばトンネルなどでも得られるものですが、今回は陸橋はあくまで風景のアクセントとして組み込んだものでありこうした遮蔽効果は計算していなかったので、恥ずかしながらこれまで見落としていました。
だいいち、隣にどんなモジュールが繋がるかわからない運転会用のレイアウトではこれは盲点でもあったわけです。
動画です

バッキンガムブランチやレパ・バーンなどの海外の著名なレイアウトでは二つの風景の分割点に陸橋を配することで風景の分断効果を上げていると聞いていますが、不自然なトラックプランの遮蔽にも陸橋が効果をあげるというのは結構な発見でした。

ただし、これが効果を上げるのは個人のレイアウトの様に列車を眺める支店がある程度固定された場合に限られると思います。誰がどの角度から眺めるかわからないモジュールではおそらくその効果は半減するのではないかと。

とはいえこの意外な拾い物にひととき盛り上がる私がいたのも確かですw

光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。


posted by 光山市交通局 at 06:00| 岩手 ☀| Comment(0) | モジュール・4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月24日

「甲府モデルのチラ1」を作ってみる 1

夏休み工作の積みキット処理第二弾(いや、乗工社の山梨交通を入れれば第3弾w)
P7220149.jpg
今年の初めに購入以来随分と寝かせてきた甲府モデルのチラ1。
2軸貨車としては異例のコンテナ3個積みのロングボディが個性的な一品です。

「模型と工作」の別冊で16番仕様のチラ1の製作記事を見て以来Nゲージ版を夢想していた身にしてみれば、これのリリースに狂喜していたはずなのですが実際に購入してみるとなんだか失敗が怖い気がしてなかなか手を出せませんでした。

今回の夏休み工作の機会にやっと重い腰を上げた次第です。
P7220129.jpg
と言っても実質的にすることといえば各パーツを切ってはり合わせるだけ。
ここまでで塗装を除けば誰でも物の1時間くらいで完成できると思います。
道具もカッターとピンセット、木工ボンドで足りますし(但し車輪とカプラーは各自用意のこと)

屋根の曲げや窓セルの貼り付けを考えなくていい分、前作のマロネ40よりもはるかに簡単といえます。
それでいてフレームだけの車体は意外なほどの細密感があって達成感が高いモデルといえます。
P7170105.jpg
コンテナはキットに付属のペーパーキットを組み上げても良く、オプションでコンテナのレタリングも入手可能です。
ただ、今回は手持ちの「たから号」のチキ5000に搭載のコンテナを転用しました。
P7220143.jpg
私のチラ1好きのきっかけを作った「模型と工作」の記事にあった16番チラ1に積んであったコンテナと同形式だったからという割と単純な理由です。
この雑誌を読んでから50年近く経ってようやくNゲージスケールのチラ1を作れて我ながら全く感無量です。

コンテナについては付属のパーツがまだ未組み立てで残っているのですがこれはこれで別に記事にした方が面白いと思いますので次の機会に。

光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。



posted by 光山市交通局 at 06:00| 岩手 ☁| Comment(0) | 車両・客車・貨車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月22日

鉄コレ第25弾から・近鉄820系のはなし

 今回は鉄コレの埋蔵金編成(箱買いしたけれど私の本命から外れていたモデルの事)から一席。
 昨年暮れに出た第25弾の近鉄820系です。
DSCN9732.jpg
 私の手元にある「には私鉄電車プロファイル」にもこの820系の2連のイラストが掲載されています。
 それによると1961年に奈良線に登場した18M級2連固定ユニットで当初は2ユニット4連で特急に使われていたそうですが、後に京都・橿原の両線に転出、京阪へも乗り入れ他という錚々たる経歴の持ち主だったようです。
DSCN9731.jpg
 私個人の印象では近鉄というとどうしてもビスタカーとかあおぞら号なんかに代表される「標準機の大型デンシャ」のイメージが強いのですがこの820はそうした印象とは異なり短編成でも結構様になる近代的な中型車という趣です。前から見るとややほっそりして見えるプロポーションも独特ですが、それでいて近鉄のデンシャらしい個性も同時に感じさせます。
DSCN2986.jpg 
 最終的には狭軌の860系に改造され伊賀線に転出、後に伊賀鉄道に貸与という形で2011年まで運用と、履歴を見るだけでも結構波乱の多い車歴だったようですね。
 因みに伊賀鉄道の仕様ですがこれも鉄コレの事業者限定品としてリリースされていた事があり、それをなぜか岩手に帰省の折に入手した事があります(本当になぜ!?)
 その時はまさか原型の820が通常品の鉄コレで出るとは予想していませんでしたが、9年近く経ってそれが実現したのですから気は長く持って見る物ですね(笑)
DSCN9730.jpgDSCN2985.jpg
 伊賀鉄の新塗装もそれなりに好きなのですが、近鉄時代の単色のカラーリングもシンプルな所が好きです。
 2連の組み合わせで短編成でも十分に様になりますし。
光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。


posted by 光山市交通局 at 06:00| 岩手 ☀| Comment(0) | 車両・私鉄/民鉄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月20日

乗工社の江ノ電キットを山梨交通仕様にする・その3

乗工社の江ノ電キットから山梨交通仕様をでっちあげるはなし、その3です

 山梨交通時代を再現するピューゲルの追加。
 そして前部排障器とステップですがこれは考えどころです。どれもこれも田舎ではおいそれと揃うパーツではありませんからどこからかドナーを見つけるのが手っ取り早いやり方になります。
F84DA5C6-7E0D-42AA-A0A4-98949088BD3A$L0$001~photo.jpg
 という訳でジャンク箱をひっくり返し、結局手持ちの食玩、通称「実相寺コレクション」の都電からパーツをドナーして対処しました。
 車体ではなく動力ユニットの方に排障器を仮付けしているので排障器が引っ込みすぎていますがこれだけでも足回りは引き締まります。

 なお実車は併用軌道区間を走っていたとはいえ、かなり床が高かったため乗降用に補助ステップが装備されていましたがこれは次回の課題という事で。
6F1C9A1A-4378-4478-9263-923BEC8C38EA$L0$001~photo.jpg

 テールランプは銀河モデルのパーツを使用。これまた電車用のパーツが見つからずやむなく機関車用の部品を転用せざるを得ませんでした。

 改めて思いましたが、元々のキットが完全な実車準拠ではない「タイプ」なので幅が広すぎ、車長も寸詰まり気味ですので過剰なディテーリングをするよりも「あくまで雰囲気を近づける」様にした方が良いと思いました。
P7170096.jpg
 先日製作したウッディジョーの木造電車との2ショット。少々玩具じみていますがこういう雰囲気には合うのかなと自賛してみます(汗)

光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。


posted by 光山市交通局 at 06:00| 岩手 ☀| Comment(0) | 車両・路面電車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

猛暑!!

 今回は気候絡みの愚痴です。
540576CA-FC52-4DCE-B6EB-10EC51F55BD1$L0$001~photo.jpg
 先週末からひたすらに暑い日々が続いています。
 例年梅雨明けを過ぎると室内が暑すぎて大掛かりなレイアウト工作なんかできないのですが今年はそれ以上だから参ります。

 どうかすると「自宅のレイアウトの運転」すらも少しでも日が出ると暑くてできない状態。
 夜にしてもここ数日熱帯夜ですから、何をするにも汗をふきふきという状況が続いています。

 勢い車両工作がメインになりがちなのですがエアコンの効いた部屋でこれをやると接着剤の匂いなんかで家族のブーイングが怖いのでこれまたできる事が限られたりします。
P7170092.jpg
 こういう時木工ボンドで工作できる「ウッディジョー」「甲府モデルのペーパーキット」は大いに助かる存在です
 塗装も屋外のブース(つまり適当な段ボール箱)でやる分には影響は少ないですが何分この高温ですからこれまた長時間できません。

 第一このブログを上げている夜の10時台ですら外の気温は28度台。今夜も熱帯夜確定ですね。

 一体この暑さ、いつまで続くのやら。
 全く参ってしまいます。

光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。


posted by 光山市交通局 at 00:05| 岩手 ☀| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月18日

「ウッディジョー」の木造電車を作ってみる

今日も猛暑です。
平日休の今日などは到底外に出られる様な気候ではありません。

とか言いつつ日曜日に引き続いて庭の草むしりもやったのですがやっぱり20分以上の連続作業はかなりきついです。
P7150088.jpg
というわけで午後の時間、台所に籠って積みプラ状態だったキットの一部の製作に使います。
その第一弾はグランシップで購入した、かの「ウッディジョー」の懐かしの木造電車。

素材の素朴さと作例写真の雰囲気の良さに惹かれて購入したものです。
キットを開封するとまるで昔の駅弁の蓋の様なペラペラの板が数枚。
そういえばこんな蓋の弁当、最近見ない気がします。

パーツはレーザーカットのペーパーキットの要領でカッティングしているのでカットは楽だし、各パーツもかっちりしています。
木工ボンドと一部クリアボンドで接着、ピンセットとカッターでもあれば半日くらいで完成できます。
P7150089.jpg
P7150090.jpg
P7160091.jpg
P7170092.jpgP7170094.jpg
 素材が素材なのと、私自身の腕の雑さがにじみ出ている事もあって(汗)ただ組み立てているだけなのになんだか夏休みの宿題をやっている様な気分です(笑)
 木製としては非常にかっちり感のあるキットで特に窓サッシの抜けのシャープさはなかなかのものです。
 
 仕上がりも夏休み工作みたいなノリになってしまいましたが、普通の腕の方なら確実にこれより綺麗に仕上がると思います。
 ただ、このキットの唯一残念なところはキット自体ではなく動力ユニット。
P7170095.jpg
 KATOのBトレインショーティ用の動力を転用するのですがどう見てもクラシカルなボディに比べて台車が近代的すぎる事です。
 私自身は割とこの手のミスマッチには寛容な方だと思っていたのですが、実際に装着してみると少し考え込んでしまいます(汗)
DSCN5540b.jpg
 さて、今回製作したのは木造電車の3。これと別に京都市電を思わせるクラシカルなタイプ2があり、私にとってはこちらが本命なのですが最初に作ると失敗が怖かったので習作のつもりで3から掛かりました。
 また、今回のキットに付属のピューゲルやステップはエッチングの割合しっかりしたもののようですが他のキットで使いたい目論見があったので敢えて付けていません。
 ですがこれだと同じシリーズで出ている「木造客車」そのまんまの外見になるのですが(笑)

 2についてもこの夏中に作ってやろうと考えています。

光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。



posted by 光山市交通局 at 06:00| 岩手 ☔| Comment(2) | 車両・路面電車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする