2018年08月31日

夏の運転会のモジュールと参加車両2

 前回に引き続いて夏の運転会ネタです。

752A0F5C-7F54-4FC1-9360-B83C1D8BB39D$L0$001~photo.jpg

P8260464.jpg
 クラブの運転会としては久しぶりの16番・HOのコーナー。
 主催者側から「モジュールの他に出し物がもう一つ欲しい」とのオーダーで実現したものです。
 普段はステージになっている場所に複線のエンドレスを配して2列車の交互運転をしていたのですが、Nとは異なる走りの質感のせいもあって実にゆったりとした。お座敷運転と大して変わらなくなる筈の所を周囲の植え込みが良いアクセントとなって「屋内なのに庭園鉄道の気分」になっていたのが楽しい。

P8260462.jpg

6C9FEEE2-5BA6-4591-A977-BCDFF639F856$L0$001~photo.jpg

6F922DE5-0751-434B-B48A-2BB5C6458870$L0$001~photo.jpg

P8260463.jpg
 そのせいもあってか、意外と注目を集めたコーナーでもあります。車両は製品版の他に自作車両(メンバーの地元に因んだもの多数)も加わり賑々しい構成でした。私も16番を何両か持っていますが、なかなかこういう広いところでの運転ができませんからこうと知っていたら何両か持ち込みたかったですね。
 他の運転会でHOの併設というのは最近なかなかできないですし。

1EC77BD5-C47E-4739-9B69-1E2DD61CD46B$L0$001~photo.jpg
 新作のモジュールはBトレイン中心に纏められたヤードと高架のモジュールでした。
 今回はこれひとつだったのですが、新作が一つ加わるだけでモジュール全体の雰囲気もかなり変わって見えます。
 それに比べて私が持ち込んだのはグランシップの時とほとんど変わらず。
24AA9160-C915-4809-B4DF-C49629F0BEF0$L0$001~photo.jpg
 この猛暑でレイアウト工作が進まなかったとはいえ、次回の運転会までにはもう少し手を加えたいところです。

P8250445.jpg

P8250433.jpg

DSCN5735.jpg
 モジュール内に設けられた鉄道公園ユニットでは編成が短かったり、あまりにマニアック過ぎてモジュールの持ち込めなかった車両の展示場と化しました。

 その中の701系は私の持ち込みですが、実はこれ「誰かほかのメンバーがE6系こまちでも持ち込んだら並走させよう」とか目論んだ物だったのですが蓋をあけて見たらE6もE5持ち込みがなく、結局運転会の間中飾り物に徹する羽目になりました(汗)
DSCN5775.jpg

P8250428.jpg

DSCN5745.jpg
 天窓から差し込む太陽光とモジュールの中の植え込みの木立は、モジュールをいつもと違う幻想的な風景に変えます。
 そのせいか他の会場の時には大なり小なり忙しない気分になりがちだったのに今回に限れば割合ゆったりとして気分で楽しめた様に思います。

光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。


posted by 光山市交通局 at 06:00| 岩手 ☔| Comment(0) | 旅行・探訪・イベントなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月29日

夏の運転会の参加車両から・1

FEC11444-75AE-4C1F-A6C5-487922F2F780$L0$001~photo.jpg
 先日の夏の駅ビル運転会。
 会場に行くまでの距離が結構あったのと各メンバーの急な都合やらが重なったので泊りがけの運転会でありながらいつもの半分程度のメンバーしか参加できませんでした。

 設営と撤収がどうしても人海戦術に頼りがちなイベントだけに企画側のお手伝いも得られたものの、体力的にはやや辛かったのは確かです。
(私も歳だなという事も実感させられたりして汗)

 それでいて各メンバーが走らせた編成はトータルでNゲージが40種近く、HOは個人参加に近い物ですが5,6編成は走りましたか
(事前に知っていたら私もHOか16番をいくつか持ち込んだのに、そこが残念でした)

 今回はそうした編成の中から。
 趣味の集まりの運転会と異なり自分の趣味を押し通すだけでなく、一般のギャラリーの期待も考えなければならないという縛りはあるのですが走らせる編成はメンバー各自のポリシーが反映されいちどきに走らせるとかなりお祭り騒ぎ的になります。
P8260484.jpgP8260485.jpgP8250427.jpg

 ギャラリーに子供が多かったのは、会場がレストラン街の中というロケーションを考えるとある程度予想はできますが、それにしても今回は多かった!
 やはりここでの人気はトーマスとシンカンセンです。
 500系のエヴァンゲリオン仕様、N700系のクマモン仕様、ドクターイエローの3本はイベントの定番編成。これにTOMIX仕様と大井川仕様のきかんしゃトーマス編成が加わるとかなりのギャラリーが集まって来ます(笑)
 メンバーも単なる受け狙いでなく、こういうのが好きなメンバーがいるから編成も割合容易に集まる訳で。
 (そういえばかなりのメンバーが買ったはずの「四季島」、今回は一本も見ませんでした。なんでだろう?)
P8260473.jpg
DSCN5768.jpg
DSCN5780.jpgP8260474.jpg
 会場が中央線沿線な事もあって中央東線の編成は新旧取り混ぜて走り回りました。
 こちらは割合年輩の方の関心も惹いていた様です。「あずさ」「かいじ」系列は車体は勿論ですが183系(派生系列含む)時代はカラーバリエーションが多いので色替えがとっかえひっかえという楽しみもあります。

DSCN5719.jpgDSCN5739.jpg
 メンバーの誰かがそれまでと変わった編成を入れると別の誰かが関連のある編成を走らせるというのもクラブならではの特徴ですか。
 小田急LSEとRSEの揃い踏みなんてのはその一例。以前は誰かが必ずVSEを持ち込んでいたものですが最近は見ませんね。
 そのうちGSEが出たら運転会で快走するのが見られそうです。
DSCN5713.jpgP8250433.jpg

 先日当ブログで紹介した455系の訓練車とEast-iも今回の運転会では快走した編成のひとつです。この訓練車を出す事は事前に他のメンバーには言っていなかったのですが
P8250435.jpg
 その場で八王子の209系訓練車を出してきたメンバーがいて予期せぬコラボ走行ができたのには驚きました(笑)

3A33E210-128E-47EE-8195-7B84644E5013$L0$001~photo.jpgP8250448.jpg
 クライマックスを飾るのは最近入線した編成から
 実車登場から間もない京王5000系「京王ライナー」、山手線の新しい顔のE235系は注目を集めました。
 やはり最新型は老若男女問わず関心が高いですね。
P8260501.jpg648CAE81-40A1-4690-9138-E4F59D25E882$L0$001~photo.jpg
 メンバーの間でもサプライズだったオオトリの「287系パンダくろしお」
 まさかこれが見られるとは思いませんでしたから驚きもひとしおでした。

 と、メインラインはご覧の通りのお祭り状態で二日間が過ぎた訳です。
 他の編成や実走の機会が作れなかった展示車などについては次の機会にでも
光山鉄道管理局
 HPです。本日「車両紹介」の項一部追加しました


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。


posted by 光山市交通局 at 06:00| 岩手 ☁| Comment(0) | 旅行・探訪・イベントなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月28日

真夏の日差しの下、Nゲージが走る(16番も笑)

DSCN5711.jpg
P8260474.jpg
 昨日、一昨日の週末は二日掛かり、泊りがけで東京方面の某駅ビル内の運転会に参加(と設営・撤収という肉体労働付きw)してきました。
 グランシップの様なテツドウモケイイベントを別にすれば、クラブ単独で泊りがけの運転会イベントに参加するというのは私にとっては初めての経験でもありました。

(私の加入前なら何度かあったようですが、最近は加入メンバーにも年少者が増え遠出を伴うイベントがやりにくい事情もある様です)
P8260465.jpg
 さて、駅ビルが用意した運転会場というのがこれまでにない個性的なロケーションでした。
 場所は、駅ビル9階のレストラン街のど真ん中、それも中央の植え込みを囲む形でモジュールが配列されるというクラブにとっては前代未聞の配置での開催となりました。
DSCN5727.jpg
 更に頭上には天窓があり陽光がモジュールに降り注ぐロケーションも個性的。おまけにどのモジュールも背後の借景が植込みの緑になるので「Nゲージの庭園鉄道」みたいなノリになったのが何より新鮮だったりします。

 運転する側からしても「パワーパックのスロットルを操作する背後から木の枝が背中にかぶさってくる」なんて経験やった事がありません(笑)
P8260460.jpg
 今回はメンバーの趣味と運営側の要望もあってNゲージだけでなく隣接するステージで16番・HOのエンドレスを組んだ運転も併催したのですがこのステージがまた周囲が植込みになっていまして、Nゲージ以上に「庭園鉄道気分が盛り上がる」というおまけつき。
DSCN5786.jpg
 そんなこれまでにない個性的な条件での開催となったこの夏最後の運転会(実は2週間前に私が参加できなかった運転会が一度あったのでこういう書き方になりましたが)ですが具体的な内容については順次紹介したいと思います。

光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。



posted by 光山市交通局 at 06:00| 岩手 ☁| Comment(0) | 旅行・探訪・イベントなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月26日

帰省の入線車から・マイクロのEast-iD

帰省土産からその4
P8150304.jpg
マイクロエースのJR東日本East-iの3連。
以前入線させた東海仕様のキヤ93と並ぶ「今時の検測車」です。
P8150308.jpgP8150307.jpgP8150309.jpg
キヤの時は新車でしたが、今回のは中古モデルです。
個人的に今時の車両っぽいあの独特の顔にいまひとつ違和感を感じていたことが新車での購入を躊躇させる一因だったのですが、今回半額以下の出物があったのでつい手を出してしまいました。
P8150306.jpg
白地に赤帯のカラーリングは何と無く盛岡色を連想するのですが、車体の近代風の造形が異彩を放ちます(笑)
一応気動車なので、管内であれば大概の線区で見かける可能性のある編成のある列車ですがその意味ではキヤと並んでどんなレイアウトでも走らせられるというメリットはあります。
P8150312.jpg
走行性は「いつものマイクロ」最近こう書いてばっかりです。
さて、今回のEast-iの入線に際しては後日談がありますが、それについては次の機会に。

光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。




posted by 光山市交通局 at 06:00| 岩手 ☁| Comment(0) | 車両・気動車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月25日

帰省とイベントのジャンク漁りからその2・ジャンク品機関車から

帰省とその後のイベントでの入線車。
何れもジャンク品扱いの機関車2両です。
P8150321.jpg
左のはイベント入線のTOMIXEF30、右のは帰省の折に故郷のショップにあったジャンク扱い品のKATOのDD13

どちらも中古としては格安でした。

EF30はあとからKATOがより細密感あふれるモデルを出しているのですがTOMIXのそれも決して悪いモデルではないと思います。
かつてはNゲージでEF30がリリースされる事自体が夢物語だったのですが今では2社が競作なのだから時代は流れるものですね。
ジャンク品だけあってナンバープレートとメーカーズプレートが欠落しているのですがこれについては後から手当てしようと思います。

P8150323.jpg
 KATOのDD13は今回で何両目の入線になりますか。とはいえ、そのうちの1両は乗工社の小田急デユニの動力になっていますし、ボディはデッキ部分が先日作ったED91タイプのデッキに転用されました。この機関車、改造や工作用のドナーとしての実力もなかなかのものがあります(笑)

 今回の個体は前ユーザーの手で「東」の表記が追加されています。関水の初期型コキ10000のそれと同じ表記でして、実車にそういう仕様があったかはともかくとして良いアクセントになっている感じがして好ましく思います。
 この種のショップで異様に安価なモデルは何かしら前ユーザーの影が差している事が多いのですが、個人的にはそういう「ユーザーの顔が見えそうなモデル」には独特の好ましさを感じます。

光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。


posted by 光山市交通局 at 06:00| 岩手 ☁| Comment(2) | 車両・電気・ディーゼル機関車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月24日

帰省とイベントのジャンク漁りから・1

 帰省の戦利品からプラスαのはなし。

 実は現住地でお盆時に近所で鉄道フェスタなるイベントが開催されていました。
 基本的に帰省中のお子様連れや逆に遠出ができない地元の家族連れを対象にしてミニ機関車に載せたり鉄道模型のレイアウトの体験運転をさせたりするイベントなのですが、鉄道グッズや中古鉄道模型の即売会も行われるというお子様からマニアまで請け負ったこの辺では非常に珍しい一大イベントでした。

 帰省からの帰宅後に早速駆けつけたのですが殆ど最終日に近かったせいか、目ぼしい物は大概買われているか秋葉原相場より高かったりとかでした。
 それでも個人的に欲しい(と言うか必要な)アイテムはいくつか発掘できました。
P8150335.jpg
 KATOのナハ11。
 以前このブログで書いた事がありますが10系客車の場合中古屋ではナハフやオハネ、スハネは割合よく見かけるのですが、ナロネとかナハは必要性が高いにも拘らずあまり出物がなく、これで編成を組みたい時のネックになっていました。ここで並んでいたものもナハフが多かったのですがそれらに混じってナハ11が2両あったので迷うことなく購入。これまではナハフを入れても3両しかなかったので往年の急行出雲やさんべの再現には大いに役立ってくれそうです。
P8150333.jpg
 同じくKATOのツム1000
 ツム1000自体はトミーナインスケールでも出ており私自身複数在籍させているのですが、KATO製のアドバンテージは「扉が開く!」これに尽きます。

 これなら貨物駅のホームにただ居るだけでも雰囲気は大きく違います。
 16番の有蓋車の場合大概扉が開閉するのですが、Nゲージでこれが出なかったのが不思議な位です。
 中古だけに2両一組で1両辺りナインスケールのツムより安い値付けは大いに有難かったです。

 まあ、ジャンク漁りは故郷でもやってきているのですが、他のアイテムについては次の機会に。
光山鉄道管理局
 HPです。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。


posted by 光山市交通局 at 06:00| 岩手 ☁| Comment(0) | 車両・客車・貨車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月22日

「不二家」と「グリーンマックス」

 帰省土産鉄道模型編その2
P8210410.jpg
 などと書くと大袈裟ですが、車の帰省でないと買いそうにないものをいくつか。
 TOMIXの角店「不二家仕様」
 それまでの同社のストラクチャーの中で最もおしゃれに見える建造物(更に実在のブランド準拠)だったので印象が強いものです。
P8210406.jpg
 TOMIXの角店そのものは割と単純な形態で自社の店舗と組み合わせる前提の構造なのですが、それだけに街並みが画一化しやすくなる欠点もあり、そこをどう処理するかがビルダーの腕(かセンス)が問われる部分でした。
 この不二家仕様はそういう意味で風景のアクセントとしてかなり良く機能していたアイテムと思います。

 ただ、困った事に当時(も今も)私の故郷には「不二家の店舗そのものが無かった」ですがw
P8210408.jpg
 もう一つ、先日のイベントでつい手を出してしまったのがGMの商店のキットメイク品のジャンク。
 その名も「グリーンマックス」の店舗です。
 GMの商店はTOMIXの店舗とほぼ同時期に登場したにも拘らず外見がそっくりだったせいで当時のレイアウトの「街並みの画一化」を加速させてしまったという悲劇のアイテムと思います。

 キットのGMらしく店舗のステッカーは割合豊富でセブンイレブンやメガネドラッグ、事もあろうに「不二家」の仕様まで用意されていたのですが中には店舗の規模にそぐわない様な物も結構あったと記憶しています(例えば6メートル四方の敷地に立つ「西友ストア」なんてものは想像できませんw)
 ですが「自分の店の看板ステッカー」まで用意していたのは遊び心は感じた反面、自分のレイアウトに組み込むのには一種の気恥ずかしさも感じてしまい使った事はありませんでした。今回のジャンク品購入は当時私ができなかった事を実現していたユーザーへのオマージュみたいなものです。

 とはいえどちらのアイテムもジオコレやジオタウンの登場このかた日本型の店舗が充実している今だったら逆に使いでもありそうに思います。
 ですがとりあえずウェザリングと墨入れは必須ですね。

光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。



posted by 光山市交通局 at 06:00| 岩手 ☁| Comment(2) | ストラクチャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月21日

「新幹線公安官」と0系

 8月からCSで「新幹線公安官」(昭和52年・東映・ANB)というドラマがスタートしています。
P8170385.jpg
 西郷輝彦主演で内容は東京駅にある公安室のメンバーたちが新幹線の車内や駅構内などで起きる様々な犯罪に挑むというものです。
共演は中谷一郎、大坂志郎と西郷を合わせて「ナショナル劇場トリオ」に加えて坂口良子、三ツ木清隆、山村聰他。全体に地味なキャスティングですが以前紹介の「鉄道公安官」よりもハードな印象で笑える様なポイントがほとんどない生真面目な作品といえます。

 渡辺岳夫の手になる主題曲も緊迫感あふれる中にレールのジョイント音をモチーフにした様な名曲と思います。
1317935376.jpg
 (とはいえ管轄外に当たる鉄道施設以外の場でカーチェイスをやったりとか、新幹線車内でいきなり拳銃を抜いたりとかするのですが、まあ、あの頃のアクションものは大概こんなのでしたw)

 題材が題材なだけに新幹線、それも0系の走行シーンがゲップが出るほど堪能できるのが本作の特徴の一つ。加えて車内セットは「新幹線大爆破」のそれを転用した「実車と同じパーツが使用された」リアルなことこの上ないものです。
(それゆえセットでないとできない描写も多数w)
 それどころかカットによっては「新幹線大爆破」のミニチュアシーンまで挿入される事があります。

 あの当時新幹線と言えば無条件に0系の事を指していたのですが、その0系しか出てこないドラマなのに、その劇中ではシステム性や時間帯の違いによる車内の様子の違いなども結構描写されていて案外画面的に飽きる事が無いのが意外でした。
DSCN5152.jpg
 実は同じチャンネルでは先日来、石立鉄男主演の「鉄道公安官」(昭和56年 東映 ANB)というのもやっているのですがそちらの方はハートフルコメディ色が取り入れられ、割と気楽に観られるのですが、本作の方はそれに比べるとハードな印象で笑える様なポイントがほとんどない生真面目な作品といえます。
 こちらの作品も折を見て取り上げてみたいと思います。

光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。




posted by 光山市交通局 at 06:00| 岩手 ☁| Comment(0) | 映画・映像・小説など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月19日

帰省の戦利品から TOMIXの455系訓練車

P8110288.jpg
 今他の方のブログを覗いているとこの世界、ほとんどJAM一色ですが、今年もスケジュールと予算の都合もあってやっぱり出かける事はできませんでした。
 それは残念ですが、先週の帰省の前後は例年になく収穫が多かったので多少なりとも慰めにはなっているかと。

 そんな訳で今回は帰省土産から
 物はTOMIXの455系訓練車3連。
 故郷の中古ショップで見つけた出物です。

 実車は平成の初め頃に訓練車に改造された仕様で、そのため一方のクハがクヤに変更されています。そのため主に車内を訓練車の仕様に改造しているそうですが、今回のモデルではそこまでは弄っていないらしいです。また、反対端のクモハの方は通常塗装に戻したうえで鉄道博物館の展示車となり現在は割と手軽に見る事ができます。
P8110294.jpg
 訓練車という特殊な仕様が限定品とはいえ製品化される様になったのですからNゲージも凄い時代になりました。

 実はこの顔の急行型でTOMIXを入線させるのは今回が初めてなのですが、KATOのかっちりした造形と比べて微妙に柔らかさを感じさせる印象があります。以前頂いたコメントで「剛のKATO、柔のTOMIX」という評がありましたが言い得て妙です。
 少なくとも無機質的ではありません。車内は急行型の車内テーブルまでモールドしてあって個人的にはそそられますが皮肉な事にクヤの場合インテリアを弄っていない証拠としても目立ってしまいました。

 因みにTOMIXのHGモデルの名物(と私が勝手に呼んでいる)山の様な後付けパーツですが殆どが前ユーザーの手で取り付け済になっていました。今回ばかりは少し残念という気持ちと手間が節約できたという気分が半々です。
P8110292.jpg
 さて、訓練車特有の標記や帯の追加は見慣れこそしないものですが、元のカラーリングが個人的に懐かしいものだけに、不思議な印象を残します。

 今時のファンだとグリーンライナー色くらいしか印象がないかもしれませんが、かつてはこのサーモンピンクのカラーリングに長旅を感じたものです。
 物が訓練車ですから通常ダイヤの間合いなんかでこっそり走っていたと思いますが、上記の懐かしのカラーリングと併せると一種の「幽霊列車」みたいなものかもしれません(笑)
P8110296.jpg
 特にフライホイールなどを付けていないらしく走行性は一昔前のTOMIX車のそれです。特に惰行したり滑らかに加速するわけではありませんが、かと言って不満もないレベルということでしょうか。

 それにしても今年、いや昨年キヤ95を入線させて以来、不思議とこの種の事業用車両(いわゆる「はたらく電車(か気動車)」)の出物に当たります。実は今回の帰省ではもうひとつ大物を引き当てているのですがそれについては次の機会に。

光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。


posted by 光山市交通局 at 06:00| 岩手 ☀| Comment(0) | 車輌・電車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月18日

ウッディジョーとバンダイ動力のはなし

先日の帰省の折の戦利品から。
P8150324.jpg
 この間モデルを製作したウッディジョーの木造電車ですがKATOの動力を指定されていたものの妙に腰高感があってどうしたものかと考えていました。
 この件に関しては以前レサレサさんからポケットラインの二軸動力のへコンバートの可能性を指摘いただいたのですが、その時は帰省中だったのでおいそれと手が打てませんでした。

 そんなおり、鉄道模型をほとんど扱わない故郷のホビーショップを覗いたところ、そこでひとつだけバンダイのBトレインショーティの動力を発見しました。しかも幸か不幸か「路面電車用」です。
 これを買ってしまうと帰省の際のお土産代が足を出してしまうのですが、今後入手できるかどうかわからないという焦りから購入してしまいました。
P8150325.jpgP8150326.jpg
 帰宅後KATOの動力と並べて見たのですが、シャシの長さこそ同じなものの台車の軸距はバンダイの方がやや広めでした。
 そのせいか、足回りはKATOと異なるどっしり感があります。
P8150328.jpgP8150327.jpg
 試しに車体を載せてみましたが、腰高感の改善はわずかなものの、KATOよりも見た目の安定感が得られました。
 肝心の走行性ですが、KATOのそれとは大差なし。特に不満はありません。
P8150329.jpgP8150331.jpg
 さて、肝心のポケットライン動力ですが「ぎりぎりで動力の方が長いためにそのままではコンバートできません」でした。
 但しシャシを一部カットすれば載る可能性はありそうです。

 ここからどうするか、少なくとも3種類の選択肢が出てきたので考え処です。
posted by 光山市交通局 at 06:00| 岩手 ☁| Comment(4) | 車両・路面電車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする