2019年05月09日

トレインフェスタの運転車両選び

 いよいよ週末に迫ったトレインフェスタ

 モジュールの改修もタイムリミットぎりぎりでどうにか間に合わせそうですが、この時期、一番泥縄感が漂う工程が「当日持ち込む車両と編成選び」です。
 他の一部クラブの様に「毎年テーマを決めてそれに似合う編成を持ち込む」と言うのもありですがうちのクラブは比較的その辺がアバウトなので地元の看板列車(ここで言う「地元」と言うのはメンバーそれぞれの地元と言う程度の意味です。メンバーが複数の県にまたがっているので必ずしも同じ地域とは限りません)とか自分の思いでの列車、あるいは私の様に故郷と現住地が異なる場合は「故郷の懐かし列車」などバラエティに富んでいます。

 地域性ばかりか国籍とか模型としての年式も問いませんので最低限の基準を守れば基本、何を持って行ってもいいという事になるのですが、それならそれで何を持って行こうかと直前になって悩む事になる訳です。
P2021346.jpg 

P2241447.jpg
 今年の入ってからの思い入れと言う基準でならTOMIXの四季島と最近当鉄道で改造車が次々増備されている701系盛岡色のふたつは走らせてみたい編成です。
DSCN9310.jpg
 一昨年ひたすら数をこなしたGMの営団丸ノ内線の2編成12両(+3)も持ち込みたいひとつなのですが昨年の帰省の運転でやたら不調だったのでイベントに持ち込めるかどうかは微妙です。
DSCN6571.jpg
 意表をついてエンドウのブラス「あおぞら号」なんてのも面白そうですが、あそこの車両はやたらトレーラーの台車の転がりが渋いのでこれも思案物です。

・・・などと直前になって慌てている自分。
モジュールばっかりやっていたせいで肝心の列車選びがお留守になるなど本末転倒も甚だしいですね(大汗)
光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。


posted by 光山市交通局 at 06:00| 岩手 ☀| Comment(0) | 旅行・探訪・イベントなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする