2019年05月16日

トレインフェスタ2019 レイアウト編その3

トレインフェスタ2019、レイアウト編第3弾です

P5120804.jpg
 倶楽部N・HO清水さんのレイアウトから

 実はこのクラブのある辺りは会場でも奥まった一角にあり、私自身これまで見逃していたポイントでした。
 会場配置がやや分かりにくい構成なのがこのイベントの急所のひとつでもあり、できれば年毎にクラブの配置を変えて変化をつける工夫があってもいいかなと私個人は思います。

P5120803.jpgP5120802.jpg
 トロリーバスも走る欧州風のHOレイアウトがいい味です。
P5120807.jpg
 割合ダイナミックな構図を感じるこの部分が裏に回らないと見えないのが残念でしたが。

P5120809.jpgP5120810.jpgP5120808.jpg
 今回会場で私が見た中では唯一だったメルクリンミニクラブのZゲージレイアウト。
 かなり年季の入った作りですが、基本的には昔からあるミニクラブのレイアウトマットがベースとの事です。
 
 それで今でも通用する作り込みができるのですから作者のセンスも去ることながら、メルクリンのシステム性(と継続性)の高さに改めて驚かされました。

P5120796.jpg
 名古屋メルぽっぽクラブさんのレイアウト

 単にレールを並べて建物を配置しただけの様に見えますが、それでこれだけエンターテイメントとしてのテツドウモケイを体現できているクラブは他にありません。
 事実毎年観客の投票で上位を占め、特に女性票が高いのが特徴です。

 一方でトラバーサーとツインターンテーブルに燃えていたのが私ですが(笑)
P5120797.jpgP5120799.jpgP5120800.jpg

 まるで旅客機のコクピットを思わせるコントローラーとタブレット操作であらゆるシステムを制御できるメルクリン、実は参加クラブの中で「モケイの操作が一番垢抜けてカッコよく見えた」のがこのクラブでした。
 この一種のファッション性は何故か他の模型屋さんには身に付かない部分と見受けられます。


P5120705.jpg
 鉄ちゃんクラブさんのモジュールから

 相変わらず地形創成の雄大さがここのモジュールの魅力です。
 特にしゃがみこんで仰角で観る風景のリアリティは他の追随を許しません。
P5120709.jpg

P5120706.jpgP5120704.jpg
 今回は特に照明効果に意を凝らしているらしく同じ風景で雰囲気を変える試みがされています。
 紅葉をモチーフにした風景ではこの威力は大きい様で、しゃがんだままずっとこれを眺めていたもういい歳のおっさんの私(恥)

P5120707.jpg
 そのモジュールの隣にいきなり出現したボーイングの旅客機。
 ストロボ灯の点滅がいい味を出していました。

 ここまでレイアウト編で私の見たものは一通り俯瞰した事はしたのですが、実はこれでもまだ会場全部を見切れていません。
 なにしろ今回人気投票でトップだったクラブの展示を見ていなかったらしいですから。
 30分どころか1時間2時間あっても見切れないこのイベントの怖さを知った思いです(大汗)
光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。


posted by 光山市交通局 at 06:00| 岩手 ☀| Comment(0) | 旅行・探訪・イベントなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする