レイアウトチェンジ2010・その6・レール用壁をつける


 エンドレスにカントの付いたワイドレールを組み込んだのは先日書いた通りですがそのままだと線路がベースにただ乗っかった状態に見えて落ち着きません。

 幸いこれには別パーツで用壁のキットが出ているのでこれを組み込んでみました。
 このパーツは上の写真のように3通りの柵や壁から好きな物を選んで取り付けられるようになっています。用壁部のそれは既存の高架レールのそれに合わせてデザインされているので混ぜても違和感は少なそうです。

 各パーツは45度のカーブの半分のサイズで写真のように半分を用壁、残りを柵と言うように分けて取り付けが可能です。今回のレイアウト改修ではこれは有難いポイントでした。

 写真が少し暗いですが用壁取り付け後の写真です。前回の写真と比較すると線路周りが落ち着いてきた感じがします。
 柵はもう1タイプありますがこちらは線路柵と言うよりも橋の欄干を思わせるデザインで用壁には使わなくとも応用の利きやすいデザインではないかと思います。
 こちらはこの後の工事で使いましたが、それについては後ほど。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

現在参加中です。ご参考になったり、良かったと思われたならクリックをお願いします。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック