2016年03月05日

今月の入線車・鉄コレの「弘南鉄道7000系弘南カラー」

 3月に入り暖冬らしさが春らしさに切り替わった様な先日の平日休。
 久しぶりにモデルに手を動かせられます。
DSCN7924.jpg
 モジュール改修をはじめとして課題はまだ多いですが。
 今回やったのは手軽にできる「鉄コレの動力化」
 これを「工作」と呼べるかどうかは大いに問題ですが(汗)

 先日帰省の折に故郷の模型屋に残っていたTM-06を購入。
 かねて秋葉で買っていた中古の弘南鉄道7000系7039編成に移植したものです。
DSCN7922.jpg
 ベースとなっている東急7000系は東急の特注品を始め、譲渡先の福島交通や北陸鉄道などの仕様が出ているのですが、これまで何故か弘南鉄道の物だけは掛け違って入線していませんでした。
 先日の秋葉行きの折にようやく入線が叶ったものです。
DSCN7921.jpgDSCN7923.jpg
 最近のこの種の譲渡車は中間車に運転台を追加し切妻ながら妙にのっぺりした前面になってしまった物が多いのですが今回の弘南カラーはオリジナルの先頭車の物です。
 ステンレスボディの地色は中々に精悍ですが前面だけは赤とクリームのツートンに塗り分けられ、弘南を主張しております(笑)
 塗り分けは派手ですが意外と違和感はなくそれなりに個性的です。

 光山鉄道管理局
 HPです。

にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。

posted by 光山市交通局 at 06:00| 岩手 | Comment(2) | 鉄道模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
東急7000系や京王3000系&5000系の中古車は地方私鉄で引っ張り凧ですね。
やはり地方私鉄で扱い易いサイズですし、東急7000系と京王3000系に関してはステンレス車体なので塗装代が掛からないというのも人気の理由ではないかと思います。
私の地元大阪の水間鉄道にも元東急7000系から改造された1000系が活躍してます。
Posted by 鉄道模型大好きおじさん at 2016年03月05日 10:05
> 鉄道模型大好きおじさん

 そういえば水間仕様の7000系も鉄コレから出ていましたね。
 そのうち鉄コレ内で「東急7000コレクション」が成立する勢いすら感じます(笑)

>やはり地方私鉄で扱い易いサイズですし〜
 最近の大手の新車に地方私鉄の種車になるこういう機種が無いのに一種の不安を感じます。

 もと京王5000が幅を利かせている富士急行なんかは後継に20M級4扉の国鉄205系を投入しつつありますが、見ていて「何か違う」感が(笑)

 そのうち地方私鉄版の「走ルンです」みたいな規格化されたそっけない電車でも新製されるのではないかとか思うと大概の第3セクターみたいにカラーリングが違うだけの同じ車両が右往左往する状態になる気がして怖いです。
  
Posted by 光山市交通局 at 2016年03月05日 23:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: