2017年01月19日

新春運転会から・モジュールと俯瞰のはなし

 今回も運転会の関連のはなしです。
DSCN7636.jpg
 サブのブログでも書きましたが、今回のモジュールレイアウトはさし渡し7メートル強、奥行きも3メートル近くあります。
 これがただ線路が牽いてあるならまだしも、分割されているとは言えシーナリィもそこそこ付いていますからレイアウトの端に行って見渡すと意外なほどの奥行き感にびっくりする事があります。
 それだけのさし渡しと奥行きがあるからこそ「フル編成の電車が様になる」という事も言えると思います。
DSCN7577.jpg
 個人所有のレイアウトではなかなかこうはいきません。

 更にその印象を助長しているのが最近増えた高層建造物と照明内蔵のモジュールです。
DSCN7632.jpg
 34階建てのビルをモジュールに組み込んだ私が言うのもなんですが、製作中は結構大きいビルに感じていたのにモジュールの集合体の中ではまるで針の様な小ささです(笑)
 実際、反対端の方からこのビルをあおりで見るとその距離感が物凄い。
DSCN7633.jpg

 しかも手前側にはメンバーが丹精込めて作り込んだ電飾満載の街並みがあるのですから大変なスケール感な訳です。
 それぞれのシーナリィには連続性はありませんが俯瞰で見るとそれが意外に気になりません。
 ショッピングセンターという蛍光灯全開モードの会場なのでこの程度の印象で済んでいますが、これで照明を落とした夜景だとどうなることか。
 グランシップの会場はやや照明を落とし気味なのでそうした威力も大きそうです。

 以前大レイアウトと俯瞰の魅力について語った事がありますが、俯瞰の魅力は夜景の時により大きく強調されるのではないでしょうか。
DSCN7631.jpg
 最もこれだけのものになるには10人近いメンバーがそれぞれモジュールを持ち込んでいるから実現しているのであって一人でこれをやれと言われたらスペースを見るだけで死にそうですが(笑)
DSCN7634.jpg
光山鉄道管理局
 HPです。

にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。

posted by 光山市交通局 at 06:00| 岩手 ☁| Comment(0) | 旅行・探訪・イベントなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: