鉄コレ27弾の東武5050系

 鉄コレ第27弾の埋蔵金編成から。
PB251013.jpg
 今回は東武5050系です。
 東武の鉄コレ仕様は事業者限定品も含めるとかなりな数になっている上に、機関車やディーゼルカー、路面電車までラインナップされているというある意味ワンダーランド状態の私鉄と言えます。
 通常品でも古くは第9弾のモハ7300系から始まり、時々思い出したようにリリースされています。

 今回リリースの5050系は7800系の走行機器を使い車体を新製して組み合わされた編成だそうです。初登場は昭和55年頃なので外見上は「昭和40年代の東武の電車」そのまんまと言う趣です。
PB251011.jpg
 とはいえ今回の仕様はパンタグラフ増設後の姿で白に近いアイボリーに青いラインが入っており、これまで私が入手した東武車の中ではかなり個性的に見えてしまう仕様ではあります。
 ですから他の東武車と並べて「側線の飾り物」として使うにはやや難があるかなと感じていました。

 そこで思い出したのが数年前に入線させていた1800系の普通改装後(マイクロエース)の存在です。
DSCN6013.jpg
 本来「りょうもう号」の仕様が欲しかった時にたまたまこの仕様の出物を見つけて入線させたものだったのですが、かつての1800系を偲ぶ事はできてもこれ単体だと少々浮いた存在になっていた編成です。

 あくまでカラーリングの共通性だけに絞っての話ですが、今回の5050系が出た事で二つの同じカラーリングの編成が揃う事になり、レイアウト上で走らせるときの雰囲気は出しやすくなりました。
 そう考えるとこの種の埋蔵金車両も取っておけばいつかはこうやって使い道が見つかるものかもしれません。
光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。


この記事へのコメント

鉄道模型大好きおじさん
2019年04月14日 07:47
昔は老朽化した吊り掛け電車の機器類を再利用して新車を造るのが流行りましたね。
車体は当時の新型高性能車と同じものが多かったので、鉄道ファンでない人は騙されたかもしれません。
吊り掛け電車の車体更新車、私の地元を走る近鉄でも旧6441系、18000系、920系、1000系、旧1200系といった車体更新車がありました。
これらは廃車されたり、高性能化されて消滅しました。
レサレサ
2019年04月15日 21:45
>鉄道模型大好きおじさんさん
>昔は老朽化した吊り掛け電車の機器類を再利用して新車を造るのが流行りましたね。

鉄コレやGMキットのあまりでフリーランスを使うときには重宝する設定ですよね。
自分の場合もオリジナル私鉄の車両の外見がバラバラだったり、電動貨車のデザインが新しすぎる時に
「元は同型でそっくりだったが、機器流用改造の時期が違うので見た目が違う。」とか
「元は木造車で最近ボロボロになったので改造」とかに設定してます。
光山市交通局
2019年04月15日 22:08
>鉄道模型大好きおじさんさん

 私の地元辺りだと「モハ63系にむりやり115系の車体を載せたみたいな」モハ62系辺りがそんな感じになりますか(笑)
 形式変更ではないですが仙石線に居たモハ72系に103系ATC仕様をかぶせたアコモ車もそうした一種ではないかと思います。

 どちらも見かけは新型車ですが走り出せば昔の電車そのまんまの乗り味だったでしょうから不思議な違和感はあったかもしれませんね。
光山市交通局
2019年04月15日 22:15
>レサレサさん

 仰る様に「旧型車の機器再利用の新車」と言うのはフリーランスのネタの宝庫ですね。

 釣りかけ式に限らず、地方私鉄の譲渡車なんかは台車を国鉄やほかの私鉄から調達したり、部品どりで車両丸ごと購入したりとまるでパズルみたいな離れ業を使いますが、設定次第でいくらでも膨らませてオリジナル車を作る事ができるのも模型ならではの面白さだと思います。