2019年05月21日

トレインフェスタ2019 うちのクラブのモジュールから(汗)

IMG_0082c.jpg
 トレインフェスタの折は、ブログでコメントを頂いていたり覗きに来て頂いている何人かの方も会場に来られていたのですが、その中の一部から「私の所属しているクラブの展示が見つからなかった」というご指摘をいただきました。

 実際当クラブの展示位置は、メイン会場でもなく、しかも結構わかりにくいところにあったものですから事前に場所だけでも告知しているべきでしたが。
 これまで4回参加していながらそうしたご指摘を頂いていなかった事もあったにせよ、我ながら迂闊です。
P5100515.jpg
 そんなわけで今回は私の所属しているクラブのモジュール展示を紹介したいと思います。
 普段の活動が「一般向けのイベントで、モジュールレイアウトを並べて運転会をやっている」というものですから、トレインフェスタでもそのノリが極端に変わるということはありません。
IMG_4669~photo.jpg
 ただ、特徴的と思えるのは一般相手なだけに子供や親子連れ(都会ですとこれに白人系の外人さんも加わります)の関心が高いので鉄道模型そのものへの啓蒙の機会があることと、子供向けのサービス要素があることでしょうか。
P5110640.jpg
 会場の隅にはシーナリィ付きの体験運転用レイアウトが置かれ、その脇にはメンバー謹製の電車の塗り絵のコーナーがあり、クラブのメンバーに女性が複数いる事もあって家庭的な雰囲気があるのが特徴です。
 モジュール自体も細密感の点では他のクラブに及ばないものの、アイデア勝負的なところで素朴な意味での鉄道模型の魅力をアピールしています。
IMG_4668~photo.jpg
P5100513.jpgP5100511v.jpg

 それらが端的に出ているのが運転会の度に客の集まる上の写真のモジュールだったり、イベント性の高いトーマスやお寿司列車や猫バスが走り回る構成といえます。
 (とはいえ、基本鉄道模型好きの集まりですからリアル系の考証重視の編成などももちろん走ります)

P5110634.jpg
 ちなみに今回の新作は私の出した改修版モジュールでしたが、これが一番華に欠けるといいますか独りよがりといいますか、とにかく一番ギャラリーの目を引かなかったのも確かです(汗)
 大体「鉄道病院」と「物資部」が売りのレイアウトなんて余程のマニアでも注目しませんし、少なくとも専門誌上では作例を見たことがない、空前絶後のマイナーネタですから。
P5110641.jpg
 とはいえ、それなりにお客様に見ていただけたのも確かですし普段の運転会ではお目にかかりにくい「鉄道模型ファンのギャラリー」も多かったので色々と感想やお話を伺えたのが何よりの収穫でした。

光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。


posted by 光山市交通局 at 06:00| 岩手 ☁| Comment(0) | 旅行・探訪・イベントなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: