鉄コレの営団2000系丸の内支線仕様

 先日の戦利品から
P3240065.jpg
 3年くらい前、銚子電鉄の営団地下鉄から譲渡された2000系の復活塗装仕様が出た折にこちらの勉強不足から当ブログ上で「丸ノ内線仕様の2000系の存在自体を無い事にしてしまった」事があります。

 全く汗顔の至りですが、その事がきっかけとなり丸ノ内線仕様の2000系に興味を持ち始めました。
 当時のブログで「違和感を感じた」と書いたサインカーブなしの白帯の車体も実際の写真を見ると結構見られる気がしてきたのですから人間とは勝手な物です(笑)

 実は以前鉄コレをまとめ買いした時に一緒に買った車両ケースに付属した2000形と同形の未塗装車両があったのですがこれを塗り替えれば形の上では3連が作れそうと考えた事があります。
 但しそのままでは銚子仕様に準じた「パンタグラフが三つも生えた3連」になってしまいますので単なる塗り替えだけでは済みません。
 (それ以前に当時は第3軌条に対応した台車が無かった)
P3240069.jpg
 そんな訳で数年間どうしたものかと逡巡していたのですが、なんと先月になって鉄コレから当の営団地下鉄仕様の2000系丸ノ内支線の3連がリリースされました。
 こちらは完全に実車準拠の完成品ですから台車もオリジナルですしパンタも載っていません(笑)
 同じ2000系の銀座線仕様が既に編成でリリースされていましたから丸ノ内線仕様の登場も十分予測できたのですが、ようやくと言うかついに出たというか。
P3240067.jpg
 一昨年来一気に13両も増備された500系とのペアで走らせるもよし側線の飾り物に徹してあの頃の地下鉄の雰囲気を楽しむもよし、とか思っていたりします。

 造形面では銀座線仕様との差異はあまりないのでカラーリングの違いによる印象の差が大きくものを言っています。

光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。




 

この記事へのコメント