グランシップトレインフェスタ2019から 思いでいろいろ

 5月からこの方色々な切り口で取り上げさせて頂いているグランシップトレインフェスタ2019ネタ。
 今回は諸事情でこれまで取り上げていなかったネタを纏めたいと思います。
 何れも本来ならもっと早く取り上げるべき内容で相当に遅くなってしまいましたがご勘弁を。

 先ずは動画から。
 例年なら大会直後に上げていたのですが、今回は動画の殆どをi-PHONEで撮影していた為、うちのパソコンで動画が編集できず、先週やっと変換ソフトを導入して作成できたものです。
 今回のフェスタでは鉄道以外の動くギミックが目についた事、またモジュール自体も環境演出に意を尽くしたものが出ていた事、どちらもかなり刺激になりました。と言う訳で動画もそちらに注目した物が多くなりました。

P5110667.jpg
 毎回当クラブのモジュールを見に来て下さっているレサレサさんは、毎回面白いアイテムを持参して下さりこれもまた大いに刺激を得ています。
 こちらの作品は手のひらサイズのNゲージセクションですが
P5110675.jpgP5110673.jpg
 裏から見ると建物のインテリアが作り込んであるのが楽しい!
 これは写真よりも実物を手にとってライブ感覚で見るのが正しいと思います。

 これと同じような効果を以前特撮博物館のイベントで見た事があるのですがミニチュア風景に入り込んだようなリアリティを得られる点で鉄道模型のレイアウトにも大いに取り上げたいと思います。
P5110677.jpg
 同じくミニ蒸機のモデルから。
 KATOのちびロコベースながらウェザリングでここまでリアリティが出せるという好例と思います。
 動力は次位のツムに内蔵されていますがそれゆえの副産物が
P5110681.jpg
 キャブの中の機関士の存在。誰でもやりそうでいて意外と見る事が少ない手法ですが、こういう小型機でこれをやると絶大な威力があるという事を今回初めて知りました。編成全体もいい雰囲気です。

P5120769.jpgP5120771.jpg
 激弾サンポールさんのモジュールから。鄙びた遊園地の雰囲気満点ですが、実は私の実家の裏山とか近場の温泉街なんかにこういう感じの遊園地がありまして(あるいはかつて「あった」)これを眺めていて非常に懐かしい思いにかられました。
 これは完全に私の心象のツボを突かれたもので「自分もこういうのを作ってみたい!」と思わせるに十分な刺激でした。
(デパートの屋上遊園地なんかで満足しちゃいけないですね汗)
IMG_0114c.jpg
 実はこれらの写真はつい先日まで撮影に使ったSDカードが行方不明になっていまして、つい昨日になってようやく探し出したものです。
 そのため内容的に殆ど出し遅れの証文みたいな内容のブログになってしまいましたが、これらを観かえしていてイベントの雰囲気に再び浸った思いがしたのも確かです。
IMG_0118c.jpg
 と言う訳で今度こそ今年のトレインフェスタのリポート記事は締めという事で(遅い!)

光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。




この記事へのコメント

レサレサ
2019年07月28日 00:27
これは懐かしい。

チビロコは左右の四角い部分が小さいので、あれはサイドタンクではなく石炭を入れる部位だろうと考えて上に石炭を盛ってみて、汽笛をつけてみたのが主な改造内容ですね。
あとアーノルトカプラーは普通のNゲージ車両では気にならないのですが、チビロコ・鉄コレ貨車・2軸客車たちには大きすぎる(見栄えだけではなくオーバーハングが大きいと軽いこともあり脱線しやすい)のでうちではこいつらを設定上別の鉄道に分離してKATOカプラーに交換してます。
基本的なイメージは「野菜・魚の運送が盛んで、これら(レ2900・ツム1)だけは国鉄並の貨車を使う田舎の軽便(ただしナローではない)。」です。
(前照灯と空制装備は迷いましたが、こういうBタンク機をよく使う軽便にはないものも多く未装着にしました。)

他の人のレイアウトでは見損ねましたが、空中を浮かべるものに熱気球はいいアイディアだと思います。
空中に何かを入れるとなるとまずピアノ線などで飛行機を配置が思い浮かびますが、これが空中に停止というのはよく考えるとおかしいわけで(ヘリコプターもローターが動いているべきでしょうし)駆動部位がなく停止できる気球は最良かも。
(観光用の熱気球など飛ばされないように地上からロープ固定というのもあるので、下から支えるタイプならピアノ線を隠す必要すらありませんし。)
光山市交通局
2019年07月28日 21:26
>レサレサさん

 こちらのミスで掲載が遅くなってすみません(汗)
 仰る様にちびロコの容積の小ささは「どこに石炭と水を積んでいるのか?」不思議なほどでしたね。後部にコールバンカーでもあればもう少し説得力が出たかもしれません(笑)

 熱気球は「なるほどそう来たか!」と思いましたね。
 プーリーで動かす機構の性質上額縁的な表現になるのが難ですが。

 実は個人的に大レイアウトやこの手のイベント用にカメラを搭載した熱気球式の飛行船をドローン代わりに使えないかと夢想した事があります。
 ドローンほどの機動性はないでしょうが、ドローンほど見た目に無粋じゃないですし独特ののんびり感が出るのではないかとか思うのですが(汗)