猛暑の中、鉄道カフェでくっちゃべる休日(大汗)

 この猛暑の折、工作やイベントやらとある意味夏らしい気分は堪能していますが、その中で休日の昼間に一昨年オープンしている鉄道カフェに入り浸る事が増えています。

 こうした地元鉄道ファンのオアシス的な存在の店、それも喫茶店という形態の店の存在は非常に有難いものです。

IMG_5108~photo.jpgIMG_5109~photo.jpg
 店の名物のレンタルレイアウトは先日、何度目かの改修で悠々とした線路配置が売りの貨物駅を新設。また一つ魅力を加えました。
 最近は遠くから来られるリピーターも増えた様で、ここ最近はいつ出掛けても初めてお目にかかる鉄道ファンに出会えます。

 これもこの店に足が向く理由の一つになっていますが、細かな点では趣味、嗜好が異なる筈のファンが和気あいあいと語らっているのもカフェ併設店舗が持ちうるがゆえの人徳と言う物でしょう。
2AA216F3-51F2-4FE5-8E72-4A009011A377$L0$001~photo.jpg
IMG_4857~photo.jpg
 時にはこの店とつながりのあるガレージキットメーカーの方が試作品を見せてくれたり、またこの店の独自ブランドの製品なんかをショールーム宜しく眺められたりする余禄もあります。

DSCN6275b.jpg
 その一方でご店主やお客を交えて行われる鉄道談義、モケイ談義などが時として非常に濃い方向に流れるのもしばしば。実は先日も以前うちのレイアウトに入線した中古の16番貨車の出自を巡って、台車の形態からメーカーや製造時期を推定するのに小一時間くらい費やしてしまった事があります(しかも結局結論は出ず汗)
 つい先日も、TOMIXの某製品の出物を巡ってミステリじみた論争(笑)があったのですが、これについては近く触れたいと思います。

 と、こんな風にこの夏休みシーズンをいつになく充実させてくれている点でこのカフェの存在は貴重な物となっています。

 が、私の様な「ひたすら粘ってくっちゃべるだけの客」と言うのは、店にとってはある意味迷惑かもしれないので、今後度を過ぎたおしゃべりは自重しなければと毎回自省の念にかられます(汗)
光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。


この記事へのコメント

東濃鉄道
2019年08月14日 10:01
素晴らしい環境ですね。近くにあったら入り浸り必至!
光山市交通局
2019年08月15日 22:40
>東濃鉄道さん

 はい入り浸っています(大汗)

 ご店主も鉄道模型全般に詳しい(これが意外に大事な事と思います)方ですし、来店客の嗜好も多様なので退屈するという事がありません。

 こういう環境がうちの近所みたいな「大都市圏でない、ローカルな環境」で実現できている事の有難さを何よりもまず強く感じますね。

鉄道模型大好きおじさん
2019年08月16日 01:18
私も地元の模型店に行くと、買うものが無くても店主と雑談をよくしてます。
光山市交通局
2019年08月16日 22:49
>鉄道模型大好きおじさんさん

 実は私もそうです。
 ただ模型屋さんだと物を飲み食いしながら話すという事が出来ないのと、他のお客さんがいる時に長時間話し込むのが気が引けてしまう面も同時にありまして(汗)
 ですからこの種のおしゃべり野郎にとってカフェ形式のたまり場の存在は有難いです(店の迷惑汗)