久し振りのJAMから・レイアウト編

 限られた時間で見てまわった作品展示。
 今回は主にレイアウト関連を重点的に見てきましたが、時間に追われながらの見学でしたので個々のサークル名をチェックしきれませんでした。

 そのため、サークル名なしの基本見て回った印象の羅列になってしまいますがご勘弁のほどを。
IMG_5159~photo.jpgIMG_5158~photo.jpg
 建物の殆どをクレイモデルで表現したZゲージレイアウト。
 細密感よりも印象重視でZゲージならではの空間の広がり感を演出しているのに感銘しました。ある意味リアル志向に傾きがちなレイアウトへのアンチテーゼにも見えます。
IMG_5180~photo.jpgIMG_5176~photo.jpgIMG_5177~photo.jpg
 同様にアート志向の強いNパイク・レイアウトの作品群。
 なるほど、こんな手があったかと目から鱗でした。
IMG_5175~photo.jpg
 ほぼすべての建物がペーパー製フルスクラッチの函館をモチーフにした路面電車レイアウト。初めて見る風景なのにどことなく懐かしさを感じます。
IMG_5201~photo.jpgIMG_5200~photo.jpg
 独立した小レイアウトを集成し一つの大レイアウトに纏めたという江ノ電モチーフのNレイアウト。俯瞰の魅力と言う点では今ひとつの印象ですがその分個々の密度が高いので飽きません。
IMG_5207~photo.jpg
IMG_5188~photo.jpg
 それとは逆に広いスペースに最小限の線路で見せる構成のモジュールもあちこちで見られました。中には先日グランシップでお目にかかったものも多いのですが重複する分は今回割愛しています。
IMG_5215~photo.jpg
IMG_5184~photo.jpg
IMG_5206~photo.jpg
 グランシップ以上のボリュームであらゆるシチュエーションの風景が眺められるのはJAMならではで駆け足ながらいい刺激を得られたと思います。
IMG_5195~photo.jpg
IMG_5196~photo.jpg
 外から見えにくい風景の見せ場にのぞき穴を付けて覗かせるというアイデアはまさに「眼から鱗」でした。これは使ってみたいですね。

光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。


この記事へのコメント