台風後の甲府駅にて

IMG_5425~photo.jpg
 最初に

 今回の台風19号で被災された方々にお見舞い申し上げるとともに一日も早い復興をお祈りいたします。

 私の現住地の方は直接の被害は少なかったのですが、昨日から間接的な影響が出始めそれも長期化しそうな気配です。
 というのも私の現住地を含めた周囲一帯と主に首都圏への交通路が殆ど土砂崩れや橋の落下などで非常にアクセスが困難な状態になっているのです。現在のところ復旧のめどが殆ど立っていないとの事で、現場の映像を見ても一日二日でどうにかなる様なレベルではなさそうです。

 そんな折、所用があって甲府駅に出掛けてきました。
 昨日の台風一過の真夏日からまた一転して朝からどんよりとした空模様。

 実は先日も触れました中止となったイベントと言うのが鉄道の日に因んだ甲府駅のものでして、本来ならばその時間はモジュールの設営などに忙殺されていた筈の時間帯です。

 往路を車で走った範囲では甲府盆地付近では今回の災害の影響は少なそうに見えましたが、何と言っても交通網の寸断の影響は大きい様です。

IMG_5426~photo.jpg
 会場となる筈だったコンコース付近では集まった客たちの様子も何か落ち着きがなく、東京方面への帰路に戸惑っている様子が見て取れます。
IMG_5427~photo.jpg

 現在、甲府駅から東京方面に向かおうとすると無事だった身延線を経由し東海道本線で南からアクセスする方法、それと地元バス会社が御殿場経由で東名高速を使う臨時バスの二通りらしいです。
IMG_5431~photo.jpgIMG_5432~photo.jpg
 駅前広場に出ると、バス待ちの行列に驚きました。と同時に今日が連休最終日だった事に改めて気づきます。
 
IMG_5435~photo.jpgIMG_5436~photo.jpg
 静岡廻りルートとなる身延線のホームでもそれは同様な様子。これまでイベントなんかで駅構内を見る機会は結構あったのですがあそこのホームがこれほど人が並んでいるのを見た事がありませんでした。

 人の移動がこの通りですから、物流となると更に影響を感じます。所用を済ませ駅ビルで食事でもと思って覗いてみたら「台風の影響で材料が届かず一部メニューが休止になります」との張り紙を見掛けました。
 近所のスーパーではパンや菓子類などが払底しており、聞く所ではいつもの3割くらいしか入荷していないとの由。
 道路にせよ鉄道にせよ、人やモノの移動というものがどれだけ社会にとって重要な意味を持っているかという事を改めて再認識させられました。

 そんな事を肌で感じさせられたというのが「鉄道の日」だったというのも、何か因縁を感じます。

光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。


この記事へのコメント

eltonjohn
2019年10月17日 10:27
今日は:

交通網の寸断は大変ですね。
直接流通に影響しますからね。
関西大震災の時と似たような状況で、復旧には暫く掛かるでしょうが無事を祈ります。
光山市交通局
2019年10月18日 00:15
>eltonjohnさん

 ありがとうございます。

 当地では直接的な被害は少なく、特に人的被害が少なかった事は奇跡的とすら言えるレベルなのですが物流に影響する間接的な被害の影響が殊の外大きかったと思います。

 ですが依然予断を許さない状況である事に変わりはありません。

 地震にせよ台風にせよ毎年どこかで必ず起きている事だけに普段から油断しない心構えが求められている様な気がします。