"ストラクチャー"の記事一覧

久し振りのJAMにて「甲府モデルの頭端ホーム」

 今回のJAMでは最近すっかりお世話になりっぱなしの甲府モデルさんも出展していました。  そこではJAM初お目見えになる新アイテムが紹介されていましたが、今回はその話をば。  先日紹介させて頂いた「頭端駅」は駅舎のみですが、本来は頭端ホームと組み合わせて初めて威力を発揮するアイテムです。  プロトタイプとなっている山梨交通電車…

続きを読むread more

みにちゅあーとの「消防分団 火の見やぐら付」

 静岡行きの戦利品から  やっぱり中古ですがみにちゅあーとのペーパーキットも一つ購入してきました。  その名も「消防分団 火の見やぐら付」  以前はGMにキットしかなかったアイテムですが後にジオコレが追随し、今回のキットで3種類から選べるようになっています。  GMやジオコレと違う点は建物が積載車の車庫だけだったのに対し…

続きを読むread more

甲府モデルの「頭端駅」キットを作る

 夏の工作の第二弾(進行中)です。  今回はペーパーキットのストラクチャー、甲府モデルの「頭端駅」です。  このメーカーはこれまで貨車や客車を中心にNゲージのペーパーキットを色々と出しており、最近では16番やストラクチャー、更には鉄道ジャンル以外のものまで進出と意気上がっている所でして、私自身昨年の今頃にシキ180なんていう大物…

続きを読むread more

16番の車両展示台

今回は久々の16番アイテムから トレインフェスタも終わり、久しぶりに行きつけの鉄道カフェにお邪魔しましたがそこでペーパーキットの新作にお目にかかりました。 かねて待望していた甲府モデルの「車両展示台・16番(HO)バージョン」です。 前回紹介のNゲージ仕様よりもふた周りは大きいですがC57クラスのテンダー蒸機はどう…

続きを読むread more

物資部を作ってみる・3

 グランシップトレインフェスタに出品した当モジュール、出品したとはいえ改修の過程の記事はまだ残っているので、これからしばらくはそ の記事のストックを消化したいと思います。  今回は2週間ぶりくらいに物資部の改修記事の続きをば。  物資部というと私の個人的なイメージとしてはアメ横っぽい雑然とした雰囲気と言うのがあります。これ…

続きを読むread more

物資部を作ってみる・久しぶりの2(汗)

 今回のモジュール改修の肝(と私が勝手に思っている)「国鉄物資部」  前回これを紹介したのが3月の終わりなので大分間が空いてしまいましたが、その間に建物の改修とディテールアップも植生をはじめとするモジュールの改修と同時並行で行なっています。  店舗の出入り口付近は実は改修当初からの悩みどころでした。  元々が駅本屋の建物で開口…

続きを読むread more

ペーパーキットの「車両展示台」

 先日出掛けた鉄道カフェでの望外の戦利品から  「甲府モデル」ブランドのペーパーキットは貨車から始まり、客車や機関車、電車にもジャンルを広げていて、特に最近出た63系などは試作品を見た限りこれまで出たプラ製品よりも出来がいいとすら思えるレベルに達しています。  最近ではストラクチャー系のアイテムにも進出を図り始めているのですが、…

続きを読むread more

ガンダムマーカーのスミ入れペンを試してみる

 モジュール改修のはなしとそれに付随して  殊Nゲージではレイアウトやモジュールの上を走り回る車両の場合、多少のウェザリングは遠目で見て目立たない事が多い(それでも派手さを落ち着かせたりプラの質感を消すという点では大いに威力を感じはしますが)と感じています。  その一方で常にレイアウト上に固定され静止した状態で眺め続けられる事の…

続きを読むread more

「氷河特急の駅舎」

 先日行きつけの鉄道カフェで頂いたものから  KATOが以前出していた「氷河特急」用にリリースしていた駅舎のストラクチャーの中古です。  実を言うと氷河特急は故郷の帰省の折になぜか車両セットとホームの中古に当たっていて「できれば駅舎も欲しい」と思っていた建物でした。  とは言ってもスイスのレイアウトを作るのではなく普通の街…

続きを読むread more

「物資部」を作ってみる

 前回紹介した「物資部」をモジュール用のモデルで作ってみます。  物資部の建物のベースとして私が白羽の矢を立てたのは前回このブログでも紹介した「KATOの地上駅舎」です。  駅舎としては中途半端ですが、この種の店舗に使う場合なら市販の商店より大きいですしそこそこボリュームもありますからこの場合はうってつけです。  実は当初GM…

続きを読むread more

GMの公団アパート(新)

 正月の秋葉行の最大の収穫と言えるのはGMの公団住宅の中古が入手できた事です。  この種のアパートは以前ならGMにキットの3階建ての物とかアオシマの5階建てキットなどは出ていますが、GMの完成品仕様は最近はなかなか見なくなっていたので少し焦っていたところでした。  (実はこのアパートもモジュール改修の肝のひとつだったりします) …

続きを読むread more

ジオコレの病院を弄るその3・冷却ユニットとエアコン室外機

 前回の記事からかなり間が空きましたがモジュール改修に絡む建物弄りの続きについて。  最近、と言いますか80年代以降のビルには必ずと言っていいほどにエアコンの室外機、ユニットが付いているか、屋上に鎮座しているものです。  特に今回改造中の病院について言っても、冷暖房完備が当たり前ですから大型のユニットがいくつも屋上を占領して…

続きを読むread more

GMの鎮守のはなし

今回は10年近く当レイアウトに鎮座している鎮守のはなしから。  写真では分かりにくいですが併用軌道の電車の奥に小さな鎮守があるのがお分かり頂けるかと思います。  この鎮守、街の雰囲気には合いにくい造りなのですが昔、この辺りは村に毛の生えたような所だったと設定するほかありません。建物は20年程前のグリーンマックスのガイドブ…

続きを読むread more

ジオコレのプレハブ事務所

先日の年末平日休アキバ行きでは鉄道模型に関しては車両は買わず、地元より安いという理由でジオコレをひとつ買ったに止まります。 それも「プレハブ事務所」 先日来紹介しているモジュールの改装に使うためのものです。 パッケージの中に入っているのはマッチ箱みたいな同型の建物が3個。 組み立てとは言っても単に屋根をつけるだけで済んで…

続きを読むread more

KATOの「地上駅舎」

先日入手したストラクチャーから とは言っても自慢にもならなければ、華もない建物ですが。 KATOユニトラックの初期製品に存在した「地上駅舎」 TOMIXの地上駅(というか木造駅舎)は鉄道模型の駅舎モデルとしては間然する所のない傑作モデルであることは論を待たないと思います。 ユニトラック登場時KATOが最初に出したのは橋上…

続きを読むread more

遠出の戦利品から・うどん屋さんの店舗

 一昨年あたりに静岡で出かけた折模型屋さんにあった委託モデルで「天下●品」のフルスクラッチ品を入手した事があります。  まさか市井の模型屋さんでこんな掘り出し物があるとは思わなかった(失礼!)ので当時は結構意外の念に打たれたのが今も思い出されます。  その「天下●品」は今年改修したモジュールのランドマークとしてさっそく活躍中です…

続きを読むread more

ジオコレの病院を弄る その2

 すこしばかり間が空きましたが、ジオコレの病院加工その2です。  今回は建物の裏側に。  モジュールの線路側から見えない建物の裏の部分ですが、実はこの部分こそ病院が他のビルと異なる特徴となる部分と思っています。  見ようによっては表よりも面白くて作り甲斐のある部分かもしれません。  ですから場合によっては敢えて裏側を線路…

続きを読むread more

ジオコレの「デザイナーズアパート」

 先日発売になったアイテムから  ジオコレの「デザイナーズアパート」  最近やっとうちの近所のような地方でも見掛ける事が増えてきたモダンテイストの(悪く言えばマッチ箱みたいなフォルムの)アパートです。  各部屋ごとに色違いの壁を用いでカラフルに見せる(と同時にどこにだれが住んでいるかの目印になる)構造はまさに21世紀風の趣があ…

続きを読むread more

ジオコレの病院を弄る

 数年前にこのブログでも取り上げた事のあるジオコレの「病院B」  その時にも書きましたがこの建物の欠点は「建物の形が単純過ぎて病院らしい特徴に欠けるために味も素っ気もないただの箱みたいな建物に見える」事です。  その一方でフロアごとに建物が分割でき高さを自由に変えられる事、又1セットに3つの同型のベースがついているので敷…

続きを読むread more

 あの頃のストラクチャーに思いを馳せて・・・

 昨年夏の帰省の辺りからでしょうか。  中古ショップで昔懐かしの「鉄道模型のストラクチャー」の中古に当たる様になったのは。  車両なんかと違って建物類は基本的に30年、40年経った今でもほぼ同じモデルが割合容易に入手できるという特徴がありますからわざわざ人の手垢が付いた中古なんぞ買わなくても(安いという大きな理由があるにせよ)良…

続きを読むread more

アオシマのアパートの2棟目を作る

 久しぶりのストラクチャー工作から  だいぶ前に新発売に飛びついて一棟サンプル的に作ってそれっきりになっていたアオシマの団地キット。  近日改修するモジュールのポイントにはぜひ必要な建物なので残りの一棟も製作しました。  ところで、前回のサンプル製作で気になったのは「階段側にやたらとベランダが並ぶ独特の構造」でした。  …

続きを読むread more

「不二家」と「グリーンマックス」

 帰省土産鉄道模型編その2  などと書くと大袈裟ですが、車の帰省でないと買いそうにないものをいくつか。  TOMIXの角店「不二家仕様」  それまでの同社のストラクチャーの中で最もおしゃれに見える建造物(更に実在のブランド準拠)だったので印象が強いものです。  TOMIXの角店そのものは割と単純な形態で自社の店舗と組み合…

続きを読むread more

とあるホテルを製作する・4

先日来製作中のホテルとその隣接風景から。 ホテルの建物の形はだいたい仕上がってきました。 市販ビルの大半が「ディテールを除けばただの箱」のレベルなのに対し実際の建造物に準拠した形状となった今回のホテルはできそのものは結構ラフなのにも関わらずかなりの存在感を見せます。これは作っている最中でも気づかなかった部分でもあるのですが、実在…

続きを読むread more

とあるホテルを製作する その3

 昨日当ブログの訪問者数が21万になりました。  下手な工作やら書き殴りみたいな考察やらの羅列と化しているブログですが、それでも目を通して下さっている皆様の存在はとても励みになっていると実感しています。  今後ともよろしくお願いします。  前回からひと月以上開いてしまいましたが、今年に入ってから継続中の某ホテルの製作そ…

続きを読むread more

とあるホテルを製作するその2

第1回から大分開きましたが、ホテル製作の話その2です。 今回の建造物はまともにNスケールで作ると大変なサイズになりそうだったのでロケハンで得られた印象から寸法を設定してマテリアルを切り出し、その先は現物あわせでサイズを詰めてゆくというやり方を考えました。 またロケハンでは類推が難しい建物真上からの間取りについてはGoogle…

続きを読むread more

ジオタウンの「銀行支店」

先日の秋葉行で入手したアイテムから。 この間の帰省の折に先代の中古ショップでアオシマの立体駐車場を購入した話をしましたが、車両に比べると建物類は安値で取引される事が多いらしく意外に手頃な値段で手に入る事があります。 立体駐車場もそうでしたが、殊ランドマークになりそうなストラクチャーの場合、ものが嵩張るだけになかなか手に提げて持ち…

続きを読むread more

とあるホテルを製作する・その1

 今年の初めに表明した目標のひとつだったモジュール改修(というか風景の追加)  当初はグランシップに間に合えば良いかなんて呑気に構えていたのですが、3月下旬の運転会に間に合わせなければならない事情が生じたため急遽着工を早めるという仕儀になりました(汗)  前にも書いた通り「実在の建造物をモチーフにする」というのがテーマのひと…

続きを読むread more

GMの小型駅とその売店のはなし

 昨日、当ブログの訪問者数が18万を超えました。  最近何かと迷走気味の当ブログですがよろしくお願いします。  帰省の掘り出し物から  今回もストラクチャーのキットメイク品です。物はGMの小型駅。  これはキットメイクの中古の中でも割合によく見かけるモデルで、キットメイク品の常として塗装やウェザリングがされていても結構な…

続きを読むread more

帰省の戦利品から・「アオシマの立体駐車場」

 帰省の掘り出し物からその1  個人的に1番の目玉と思ったアイテムです。宮城のとある中古ショップで見つけた「アオシマの立体駐車場」の「キットメイク品」  アオシマのストラクチャーシリーズは鉄道模型メーカーではなかなかやらないスケール感の大きいモデルなのが特徴です。  第一弾の公団住宅などは一棟作るのに毎晩使って一週間くらい…

続きを読むread more

偉大なる凡庸の系譜・TOMIXのわらぶき農家

偉大なる凡庸の系譜 今回はストラクチャー編です。 「偉大なる凡庸」という位ですから世間的にはかなり普及しているアイテムの筈ですが、私個人はこれまで買わなかったと言う物です。 今回の入手にしても、たまたま中古屋さんで1軒200円のバーゲンプライスだったので「ブログのネタにでもいいかな」と買ってしまったといういい加減極まる経緯を持ち…

続きを読むread more

鉄道ミステリとNゲージ・20「子供のいる駅」と跨線橋

 久しぶりの「鉄道ミステリとNゲージを語る」ネタ。前回からかなり間が空きました。  今回は「急行出雲」所収の黒井千次作「子供のいる駅」  ミステリとは言ってもこの作品は推理ではなくメルヘンというかSF(それも「すこし、ふしぎ」系)チックな一篇です。 (実際、初出が「大人のメルヘン」の一篇だったそうですし)  ストーリーは…

続きを読むread more

フルスクラッチのラーメン屋さん

 先日静岡に出かけた折にコメントなどで教えて頂いた地元の模型店を覗く機会を得ました。  店内は新製品は勿論ですが、懐かしのモデルが展示品・あるいは委託販売品として並んでいてさしずめN&16番の博物館の様相でした。  店そのものの広さは地方の店としては標準的なものですが、品揃えのセンスが私のツボにハマるものだったので、ほっとい…

続きを読むread more

ジオコレの「解体中の建物」から

 先日のグランシップのイベントではクラブのメンバーの一人が「ゴジラのいるモジュール」を出展しました。  このモジュールでゴジラが破壊している建物の破片類はジオコレなんかのジャンクパーツを実際に砕いて表現した労作で私も見ていて感心した覚えがあります。  ところが同じ日のホビーショーのトミーテックの予告品に「解体中の建物」というのが…

続きを読むread more

レイアウトに置いてみたいあのお店

 レイアウトに出してみたい建物のはなし。  BOW!だけではなく「世界びっくり情報」とか、これまで読んできた本や実際に見かけた建物などからのセレクトです。  前にも触れたように「ヘンなものの多さがその街の都会度、洗練度の指標」と思えるからです。  もっとも「ヘンなもの」だけで成り立ってしまっても単なる「阿房宮」になってしまうの…

続きを読むread more

偉大なる凡庸の系譜・「TOMIXの対向式ホーム」

 ストラクチャー版「偉大なる凡庸の系譜」  今回取り上げるのはTOMIXの対向式ホームから。  それも待合室の付いている部分です。  昨年夏頃に近所の中古ショップで入手したキハ02の基本セット。  エンドレスの線路と車両が同梱されているのは基本セットとして当然なのですが、これに更について来たのが対向式ホームでした。 …

続きを読むread more

TOMIXの郵便局(笑)

 昨日当ブログの訪問者数が13万を超えました。  例によって相変わらず、最近はクルマネタまで入ってきている当ブログですが今後ともよろしくお願いします。  さて今回は地元の中古ショップで見つけた出物から。  TOMIXの詰所・・・  ですが前ユーザーの手になるステッカーチューンで「警察署」&「郵便局」になっている奴です。 …

続きを読むread more

ジオタウンの日通事務所

 先日入手した中古ストラクチャーから、前回はTOMIXでしたがこちらはジオタウンです。  観ての通りの日通事務所ですが良く見ると「日本運送」になっていたりして。  かつては貨物を扱う駅の周囲には必ずと言っていいほどこの手の黄色い建物を見掛けたものです。  (それどころか盛岡みたいな県庁所在地のターミナル駅ですら駅前に「日通ブロ…

続きを読むread more

偉大なる凡庸の系譜・番外編・「TOMIXの木造アパート」

 偉大なる凡庸・ストラクチャー編です。  この間、行きつけの中古屋でジャンク品のストラクチャーが並んでいるのを見つけました。  どれもそこそこの年代物、且つ定番商品でキットは素組みとはいえ組み立て済み、完成品もベース裏に接着剤の跡が残っている上にベースの端にパウダーが付いている部分があった事から一定期間はレイアウトで使われていた…

続きを読むread more

偉大なる凡庸の系譜番外編・TOMIXの総合ビル

 第4モジュールに関連してストラクチャーのはなしを。  ターミナル駅の駅舎の奥に鎮座している超高層ビル。  見ての通りTOMIXの総合ビルをいくつかつなげたものです。  このビル、元をただせば電気街のランドマーク用に10年位前から買い足していたものです。  電気街時代は単純に総合ビルを6個つないだもので25階建てでした。…

続きを読むread more

HOスケールの鉄橋と駅舎

 トレインフェスタからそろそろひと月がたっているのにまだ興奮冷めやらぬ感じがしています。  お陰でいつものご近所中古ショップめぐりもしばらくご無沙汰だったのですが、先日久しぶりに回って見ました。  今回はそこでの購入品から。  近所のハード●フでみつけた16番グッズ。  なんとデッキガーダー橋と駅舎。  どちら…

続きを読むread more