2019年04月23日

モジュール改修と「謎の樹木」

 先日から急ピッチで進めているモジュール改修。
 既存のシーナリィの街並みを見ていて気づいた「小奇麗過ぎる」と言う弱点(まあ、弱点と言ったら他にもいっぱいあるのですが)これは「無機質的」あるいは「潤いに欠ける」と言い換えてもいいかと思います。
IMG_3886~photo.jpg
 DSCN5513b.jpg
 よく見ると街並みには街路樹以外植生と言う物がまるでなく、風景の差し替え可能にするためにアクリル板上にベースを作った為に「土の露出部分すらない」と言う情けなさ。
 ですのでまずこの部分の改修では少しでも木を植え、草を生やそう(もちろん同じ方針はこれから製作する右半分についてもそうなのですが)と言う方針で臨む事にしました。
 となると街路樹以外の木が必要になります。という訳で先日平成最後の秋葉行きをやった折に某中古屋で発掘してきたのが
P4140165.jpg
 これです。
 最初はジオコレの樹木かと思ったのですが、どうもノリがジオコレと違う様な気がしました。
 よく聞いてみたら以前出ていたアシェットの「日本の貨物列車」のパーツばらしだったらしいです。
P4140166.jpg
 帰宅後早速組み立ててみましたがジオコレと違いプラの地色が丸出しな点を除けば枝振りもそう悪くない印象でした。枝の取り付けははめ込みでもできましたが、移動が頻繁なモジュールと言う条件を考えて接着しています。
P4140167.jpg
 ジオコレのフォーリッジは時間が経つとボロボロになりやすいのでフォーリッジはKATOの物を使用しました。
 これでどうにか見栄えはします。

 サイズ的には小ぶりとはいえ、実物換算では5メートル以上の高さにはなりますか。これは駅前の記念樹か何かに使う予定です。
光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。


posted by 光山市交通局 at 06:00| 岩手 ☀| Comment(0) | アクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月10日

ジャンクの建物パーツ&アクセサリを集める

IMG_4447~photo.jpg

 先日所用で出かけた静岡で入手したジャンク品から
 とは言っても今回は現在進行中のモジュール改修絡みの物ばかりだったりします。
DSCN6196b.jpg

 KATOのタウンアクセサリーセットとジオタウン&ジオコレの建物用ジャンクパーツの群れ
 私が指向している都会又は近郊風の風景を作る上でこの種のアクセサリーは欠かせませんが、最近はこの手のパーツの新品にはなかなかお目に掛からなくなっているので大いに助かります。タウンアクセサリーは異様に安いと思っていたら肝心のステッカーが入っていませんでしたが、最近はこれ位はPCのプリンタやラベル作成ソフトである程度何とかなりますからそう大したハンデとは思いません。

 一方袋詰めのジャンクの方は「ビルの看板」と「お地蔵様」と「謎のモニュメント」「自動販売機」、果ては「TOMIXのポイント駆動部のコイルなし」とか「わらぶき農家の納屋部分だけ」とかまで混ざっていて文字通りのカオス状態。
 ですがこういうのを見ると車両パーツと同様何かワクワクさせてくれるものは確かにあります(笑)
IMG_4505~photo.jpg

 あとこれもかなりの年代物の様ですがNOCHの樹木類が1本200円位で出ていたのでこれも押えました。ただモデルが相当古いらしくスポンジの一部がポロポロしています。こちらも改修必至のパーツですが今回のモジュールでは結構な数の木を使う予定でいるので何とかリペアしたいところです。

 中古&ジャンクばかりでしたが、何れもモジュール改修には欠かせない物になりそうですし、何よりここふた月ばかり停滞している工事に向けて背中を押してくれるくらいの効果はあります(汗)
光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。


posted by 光山市交通局 at 06:00| 岩手 ☀| Comment(0) | アクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月19日

カーコレクションのジムニー・ハスラーなど

 先月と今月の二回にわたり連続リリースとなったカーコレクションの新作から
P3130026.jpg
 今回のラインナップは「今どきの軽自動車」
 スズキのハスラー、アルト、HONDAのN BOXの現行仕様と歴代で最長の販売期間となった先代のジムニーです。
P3130028.jpg 
 今回、特にジムニーの製品化はかねてから熱望してきたのでリリースは嬉しかったですし、ハスラーやN BOXは今どきの街角には不可欠なアイテムになっています。
 現行の軽規格に合わせたサイズとはいえ、軽自動車のモデルはどれも「小指の影に隠れそう」なくらい小さいですが、遠目で見ても車種が判別できてしまう位に個性が際立つ車種が選択されています。
 造形もサイズを考えるとまあまあよく出来ている方と思います。
P3130030.jpg
 ただ、あえて苦言を言わせてもらうならこれに限らず「最近のカーコレは高い」事。
 4台2600円、1台辺り650円と言う値付けは、現行のトミカよりも高価なのです。
 4台セットだとTLVやTLV NEOの1台分より高くなります。
P3130034.jpg
 以前のプリウスやコンフォートのタクシーの例からもわかる様に最近のカーコレは「レイアウトの時代の表現のためにも、とにかく数が欲しい車種」ばかりがやたら高価な値段で、しかもブラインドでないパッケージでリリースされるケースが多いですね。以前のブラインドパッケージの頃はたまに「普段見掛けない仕様」のモデルがあったりして余ったモデルを前に「これをどう使おうか」と悩んだものですが、今の現状ではそれとは逆な方向に流れている気がします。

 この辺りの事情についても考えさせられるところもあるのですが、それについてはいずれ考察してみたいと思います。

光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。



 レイアウト派からすれば困りごとです。
posted by 光山市交通局 at 06:00| 岩手 ☁| Comment(0) | アクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月09日

トレーラーコレクション第9弾の悲劇(涙)

 先月初めに出たアイテムで何を今更感のあるモデルですがご勘弁を。
DSCN6137b.jpg
 ジオコレのトレーラーコレクション第9弾です。
 レイアウトやモジュールを作っていて思うのですが、ジオコレのアイテムの中でもトレーラーコレクションはなかなか使いづらいアイテムのひとつであります。
 一般的なレイアウトのサイズを考えると道路関連に余りスペースが割けない事が多いのですが、他の車ならまだどうにかなるとしても大型コンテナを搭載したトレーラーをレイアウトの路上に何台も配置できるという訳ではなくもてあます事が多いのです。

 そんな事もあって第9弾まで出ていながらトレーラーコレクションを買い揃えるという事はなかなかありませんでした。
今回これに手を出したのは「キャリアカーが欲しかったから」に尽きます。

 このシリーズはブラインドパッケージで10台でひと箱と言う組み合わせです。
 今回はその10台中、4台までがキャリアカー。

 つまりバラ買いしても5分の2と言う確率でキャリアカーを引き当てられる訳です。
 上述の様に様があるのはキャリアカーだけでしたから2,3回くらいで引き当てられるだろうという目論みです。

 そんな訳で勇躍行きつけのショップにでかけ、入荷したばかりのブラインドボックスに手を出しました。
 一回目、ハズレ
 二回目、ハズレ、3回目もハズレ

 ・・・4回目辺りで暗雲が漂い始めます。

 結果、
 同じ箱からアトランダムに引いたのにも拘らず「6回引いてもキャリアカーが出ない」と言う現実!
 残り4箱の中には確実にキャリアカーが入っている訳ですが、ここまではずすとほとんど自棄になります。
DSCN6136b.jpg
 結局残りも全部引いたので、箱買いしたのと同じ事になってしまいました。

 因みに(わたし的に)ハズレだった中には下手なフルトレーラー並みに長い「ポールトレーラー」が2台もあったりします。
 私が作った中でこれが使えるレイアウトは殆どありません。
DSCN6138b.jpgDSCN6139b.jpg
 とはいえ、モデル自体の出来が悪いという事はなく、好きな人には満足度の高いラインナップだったのは間違いありません。

光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。



posted by 光山市交通局 at 06:00| 岩手 ☀| Comment(4) | アクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月23日

コンテナダンボーのフォークリフト

P1141262.jpg
 帰省の折に弟からもらったアイテムから。
 2、3年前に買い集めていた「コンテナダンボーコレクション」のフォークリフト。

 弟が原作のファンでその一環としてコンテナも買い集めていたそうで、たまたま余りが出たのをくれたものです。
P1141265.jpg
 運転台によつばさんが乗っている仕様ですが、車自体のプロポーションの崩れも少なくそのままレイアウトにおいても違和感がありません。
 実は前の時にはそれほど興味を持っていないアイテムだったので今回弟からもらうまですっかり忘れていました。
P1141264.jpg
 コンテナ貨車はそこそこ持って入るのですがコンテナターミナルを作りたくなるほどではなかったからです。ですがこうして手にとってみるとレイアウトの隅っこにでも積み下ろし場くらい作ってみようかとか思わされます。

 それにしてもこの手の漫画、アニメ絡みのアイテムは思っていたよりも小回りの効くラインナップになっていて驚かされます。
P1141263.jpg

光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。


posted by 光山市交通局 at 06:00| 岩手 ☀| Comment(0) | アクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月09日

ポルテとチアガール(笑)

IMG_4106~photo.jpg
先月の埼玉のイベントの戦利品から。
IMG_4117~photo.jpg
こばるさんで入手した「チアガール」の6人セット。
こちらのフィギュアは普通のレイアウトで使うには躊躇しそうなネーミングと題材の物が多いのですが、逆にその題材の広さがまた魅力と言えます。

その大半が和風のレイアウトにしか使えない題材ですし(笑)
とはいえ、これをどこに使うかよく考えもせずに買う私も私です。
これだからイベントの衝動買いは恐ろしい。

とはいえ駅ビル屋上ステージとか商店街のイベントとか意外に使い道はありそうな気もしますが。
IMG_4118~photo.jpg
もうひとつは津川洋行さんでバーゲンされていたミニカーから。
「トヨタのポルテ」

このクルマ、実は以前車検の代車で乗った事がありますがまるで「走る温室」のような窓のでかさと視界の広さに驚いた記憶があります(笑)
街角でも意外にみる事が多いクルマなので21世紀の町並み表現に使うには悪くないと思います。

実はこんなアイテムが出ているとはこれまで知りませんでした。
同じ売り場では3輪トレーラーやハコスカ、ケンメリ、ミニのクラブマンなんかもありましたが、予算の都合もあって買ったのはこれだけです。トレーラーも買っておけばよかったかなと今になって思います。
光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。


posted by 光山市交通局 at 06:00| 岩手 ☁| Comment(0) | アクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月08日

Nスケールの犬・猫・豚(笑)

 毎年暮れのこの時期のアキバ行きでは落合南長崎の聖地も一度は覗くのが常になっています。
 この前後の時期は処分品のバーゲンに当たることが多いですし私好みの変わったアイテムに当たるので見逃せません。
IMG_4048~photo.jpg
 と勇んで行ったのはいいのですが、今回の特売品は「車両ケースの紙製スリーブ」が山積みになっていて幾分萎えました。
 なので今回購入したのは通常品ですが、ここでないとなかなか当たらないアイテムだったのも確かなのでやはり聖地は私を空手で帰してくれません。

 ものはウッドランドシーニックスの人形セット

 それも「犬、猫、ガチョウ、豚」なんかが寄り集まったやつです(笑)
PC041032.jpg
 風景の中で動物、それも犬猫の果たす役割というのは意外に大きいもので、人っ子一人いない風景でもポツンと一匹の野良猫が寛いでいるだけでも情景がサマになるなんてことは良くあります。
 とはいえこれまでNゲージサイズでまともな猫のフィギュアというのがなかなか見つからなかったのも確かで、その意味でも拾い物でした。

 さてこの写真は相当な接写でかなり拡大して撮っているのですが、一匹一匹がきちんと芸をしているポージングが嬉しい!
PC041034.jpg
 どれもこれもレイアウトの何処かに置いて見たい衝動に駆られます。
 例えばジオコレの人形(もちろん人間)でこれくらい存在感のあるポージングのものが少ない(どうかすると「ToHeart」のアニメ人形の方が生き生きと見えたりする)ことを思い合せるとポージング演出でも欧米メーカーのそれには一日の長を感じます。
(ただ、人間の場合「どこから見てもアメリカ人(あるいはドイツ人)にしか見えない」ようなのが結構あるのが和風レイアウトではネックになりますがw)
光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。


posted by 光山市交通局 at 06:00| 岩手 ☔| Comment(7) | アクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月27日

久しぶりの中古ショップにて

 この所イベント続きな上に日曜日も忙しかったせいで(ついでのこの夏の猛暑に当てられたという事もあるのですが)いつものご近所中古ショップめぐりもしばらくご無沙汰だったのですが、先日久しぶりに回って見ました。

 今回はそこでの購入品から。
 先日オープンしたばかりのブック●フ。
 暫く行かないでいる間に品揃えが妙な方に充実していました。
 なぜかレイアウト用のマテリアルの出物が増えているのです。
 
 いつもなら車両に用のある客ばかり(これは秋葉なんかでも基本的に同様なのですが)でレイアウト用品をこの種の中古ショップで買える事は珍しい事です。
DSCN5863b.jpg
 今回の拾い物はウッドランドシーニックスのフラワーターフ。
 行きつけのショップでも長らく品切れ状態が続いていただけに有難いです。
 
 この他TOMIXのパウダーやらクラスターフォーリッジなんかも入手できました。
 プラスターもあったのですが物が石膏なだけに長期在庫品は風邪をひいている可能性も高いのでこちらは見送りました。
DSCN5862b.jpg
 更に別の店ではいい加減色褪せてしまったライケンの出物まで(笑)

 これらをホクホク顔で買って帰る私はレイアウトがそれほど普及していないであろう田舎ではかなり異様な客だったのではないかと(笑)

 それにしても、この種の出物がこれほどあるという事はどこかで「レイアウトを作りかけで挫折した」人がいる事になるので、ある意味気分は複雑ではあります。
 (あるいは完成させて余りが出たのかもしれないのでそれほど悲観する事もないかもしれませんが)

光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。


posted by 光山市交通局 at 06:00| 岩手 ☁| Comment(0) | アクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月26日

TOMIXマルチ複線トラス架線柱をいじくる

ようやく気候も涼しくなり、お彼岸も過ぎた事で今年の暑さも一段落したと思われます。
これで暑さのために中断してきたモジュールの改修作業にもようやく取り掛かれるという事で。

今年、グランシップと国分寺の二度の運転会に出品したモジュールですが、元々が余裕のないスケジュールで急遽でっち上げた感が強い上に今年の後半からはその半分を改修しなければならない事情があります。
具体的な改修については次の機会に触れる事にして、今回はアクセサリ類から。
DSCN5467.jpg
今回のモジュールで一番欠けていたものの一つに架線柱があります。
他のモジュールですと最初の作業段階で架線柱を組み込む架台くらいは準備していたものですが、今回はそこまで気を回す余裕がなかったので「どこから見ても電車が似合う」風景でありながら架線柱がないと言うまぬけな状態だったわけです。

そこで改修の第一弾として架線柱の追加を行いました。
このモジュールの規格はユニトラックでこれまで架線柱もそれに準拠したものを使ってきたのですが、今回は変化を付けたかったのと「たまたま手元にあったから」といういい加減極まる理由で手持ちのTOMIXマルチ複線トラス架線柱を使いました。

尤もこれにはもう一つ目論見はありました。この架線柱は中間部のトラスのパーツの差し替えにより幅をある程度まで広げる事が可能なのでユニトラックの3重複線にどうにか適合できるのではないかと思ったからです。
ところがいざ実際にやってみたところ、モジュールの奥に固定されてしまっている対向式ホームがもろに干渉してしまうため、そのままでは使えないことが判明。
IMG_3639~photo.jpg
そこで急遽、2連複線と単線用トラスを組み合わせる事にしました。
元々のパーツが左右分割式、中間のトラスの調整可能という構造に加え、ファイントラックの複線間隔がユニトラックより4ミリ広い事、モジュールの複線と第3線の間が幾分広く開いている事から寸法的には組み込みは可能です。
この構造の場合実際の架線柱ですと一本の支柱の左右にトラスを渡す構造が普通ですが、モジュール組み立ての折に架台から架線柱を抜き差しする構造なので支持点が一つでも多い方が良いのではと思い二本の架線柱を並列に接着する構造を選びました。
IMG_3638~photo.jpg
このアイテムはひとつのランナーにトラスタイプとコンクリートタイプの二種類の支柱が選べるようになっています。
複線部はトラス、単線部はコンクリートを選び見た目の変化を付けます。
IMG_3640~photo.jpg
カッターと瞬着でモジュールの長さ分には十分な4本の3線架線柱ができました。
後はモジュールのバラストの一部を削り架台パーツを埋め込みます。
IMG_3641~photo.jpg
やってみるとやはり線路廻りの雰囲気が変わりますが、見るからにプラスチッキーな質感だけは気になります。
架線柱自体は取り外し可能な構造なので折を見て塗装とウェザリングをするつもりです。

光山鉄道管理局
HPです。


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。


posted by 光山市交通局 at 06:00| 岩手 ☁| Comment(0) | アクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月29日

ヘリボーンコレクションから UH-1Bなど

 先日近所の中古屋さんで見つけたヘリボーンコレクションの開封ものの中にベルUH-1Bの自衛隊仕様を見つけました。
DSCN5587b.jpg

 HU-1Bというと黄金期のそれには間に合わなかったものの、東宝特撮では「日本沈没」での大活躍(ミニチュア・本編とも)を手始めに70年代以降の特撮・SF物には欠かせない機体です。

 東京大震災のシーンで火の海の東京へ消火弾を搭載したUH-1Bの群れが向かうシーンは当時は衝撃的でしたし、直後のTV版では後半ほとんど毎回登場していました。
DSCN5582b.jpg
 (本編ではV-107の離陸シーンもあるのですがゴジラ対へドラにミニチュアが登場していたのに日本沈没にはミニチュアは出ていません)
 この他、84年版「ゴジラ」、「首都消失」TV版「戦国自衛隊」なんかに主に本編描写で良く見かけました。

 そんな訳でこのヘリにはそれなりに思い入れがあったので入手できたのは勿怪の幸いでした。
 しかし、Nゲージスケールでこれを作ってみると思いのほか小さい物ですね。

 とはいえ自衛隊機としてはかなり汎用性の高い期待でもあるのでレイアウトに組み込むのは比較的容易と思います。
 ただ、できれば同形がもう2,3機欲しい所ですが。

 造形は144分の1のヘリと考えれば十二分に水準レベルと思います。
DSCN5585b.jpg

 ヘリボーンと言えばもう一機種、シコルスキーS-61の「しらせ」搭載タイプも入手しています。
 これについては何のことはない「劇場版の戦国自衛隊に出てくるS-61に似ていたから」だったりする辺りやはり私はミーハーです。
 あの映画では陸自仕様のS-61が存在しないのに劇中に無理やりねじ込んだ感が濃厚(原作ではV-107)ですが、その無理矢理感も個人的には魅力には感じていますので。
 (車両配置も原作のスケール感に比べると妙にこじんまりとしていますし)
DSCN5583b.jpgDSCN5584b.jpg
 こちらはUHと違って「あれ、こんなに大きかったっけ?」と思いましたが(笑)
 S-61の対潜仕様は既に作っていましたがもっと小さかった気がしたので。

 旅客機を除けばこのスケールの航空機モデルも相当に充実してきましたね。技ーMIXの様に飛ばせるものまで出ていますし。 
 
光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。


posted by 光山市交通局 at 06:00| 岩手 ☁| Comment(0) | アクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月22日

近所の中古屋でジャンクパーツを入手すること

 そろそろグランシップに向けての準備も佳境だったころのはなしです。
 平日休の午前中をモジュールの改修に費やしていたので午後は気分転換でふたつきぶりくらいに近所のハード●フを回りました。

 ・・・って、ハード●フが気分転換になる様な休日って一体(汗)
DSCN5618b.jpg
 そこで手に入れた物というのがストラクチャー用のジャンクパーツ
 これだけで54円でした(笑)
 車両パーツでもそうなのですが、この種のジャンク袋というのは時としてワクワクさせてくれる事があります。

 「今計画中のレイアウトでこのパーツはこう使えそう」とか買う前から想像する時がいちばんたのしいのかもしれません。

 で買い込んできて自宅で開封すると実はそれらの中で本当に使えそうなのは二つか三つだったりする事実に愕然とするわけですが(汗)

 でもこうしたワクワク感のある袋に当たると財布を開くのが止められないのも困ったものです。
DSCN5619b.jpg
 今回のパーツの群れでお目当てだったのはGMのプラント工場用のパーツと思われるタンク類と一部配管。
 これを何に使うかについてはいずれまた(但し工場ではありません)

 前回、ジャンクパーツは都会の方が入手しやすいと書いたばかりでしたが、近場で手に入るならそれに越した事はないですね。
 ただ、こんな機会がいつでもあるという訳にはいきませんし、改造素材になりそうなジャンク車両となると更に入手は難しいですが。

光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。



posted by 光山市交通局 at 06:00| 岩手 ☁| Comment(0) | アクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月15日

津川のスカイラインコンビとNゲージ「GT-R伝説」(笑)

先日の中野での拾い物はもう一つ、
フィギュアと津川の車の群れです。
DSCN5476b.jpg
別な中古ショップでたまたま処分セールにあたり、人形が1セット200円、津川のミニカーも1台200円。これはと思い予算の許す範囲で買い集めました。
DSCN5478b.jpg
カーコレが出るまで、日本車のNゲージ自動車モデルでマニアックな車種が選べるといえば津川の独壇場でした。

FFのファミリアとか、コンテッサのクーペとか、あるいは私も以前買ったホンダZやステップバンなどマイナーながら琴線をくすぐるラインナップ。
ただ、当時はいかんせん物が高かった。
今でこそカーコレでも1台辺り600円越えの新品が出ていますが、津川のそれは普通に買えば1台950円。
本当に情景のアクセントとしてピンポイントに使うしかなかったものでした。
DSCN5477b.jpg
今回入手できたのはハコスカとケンメリの「スカイラインGTーRコンビ」と初代パプリカ。
カーコレの中に混ぜ込むにしても何故か目立ってしまうのはGT-Rの特権みたいなものでしょうか。
DSCN5495b.jpg
 余談ですが歴代GT-R でNスケールのものは他にTOMIXからR-33が出ています。
 ですがこれの出た当時は他の車種のラインナップが貧弱だったために「セルシオとGT-Rが右往左往するレイアウト」というある意味とんでもない情景が再現できてしまい、扱いに心底困ったものです。今の目で見ると造形もかなり大味でしたし。
DSCN5497b.jpg
 後に今はなき河合商会からR-34もリリースされましたがこちらはカーコレ登場後のモデルだけになかなか出来がよく、個人的には傑作モデルだったと思います。
 後今思い出しましたが、鉄道模型用でないもののNサイズミニカー「頭文字D」のミニカーシリーズの中にR-32もあった筈です。

 つまり発売時期の差こそあれ現行型を除く「スカイラインと名前の付いたGT-Rはその全てにNゲージサイズのミニカー製品が存在した」事になります。

 それにしても「Nゲージのミニカーで歴代GT-Rのはなしができる様になる(鉄道模型のブログなのに)」なんて良く考えたら凄い話です。
光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。


posted by 光山市交通局 at 06:00| 岩手 ☀| Comment(0) | アクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月04日

KATOの「ボディカバーの付いたジドウシャ」のはなし

DSCN5442b.jpg
先日のED71と一緒に購入したアイテムから
 同時発売のク5000用の「カバーを掛けた自動車」

 8台1セットで800円というのはカーコレ辺りと比べても相当に安い(笑)ですし、使いようによっては応用範囲が広いアイテムと思います。
 ク5000の写真なんかでイメージされる「積み荷の車」というとこういう感じの「フェンダーミラー仕様のセダン」ですがカバーなしの車ではなかなかフェンダーミラーまで付いたモデルがない事を思うとなかなか頑張っています。
(まあ、見た目がカバーだけなのでフェンダーミラーの突起が無いとリアリティに欠けると感じる向きも多そうですが)
DSCN5443b.jpg
 今回私は新造形のク5000は見送ったのですが、その理由がKATOの旧製品とナインスケールの仕様のク5000を複数持っていたからでした。
 もちろんこれらの旧製品での使用も考えていましたから、これがきちんと載るかが重要になります。
 (これを実行するとKATOのクに積んであったクラウンがレイアウトに使えるという目論見もあったりしますw)

 という訳で帰宅後さっそく積んでみました。
DSCN5445b.jpg
 結論から言うとどちらにも積めます。
 但し、KATOの旧製品の場合今回の車のトレッド(車輪の左右間隔)が積載レールの寸法ぎりぎりな様で上段はともかく下段でははめるのが意外に難しい上に、うまくいかないとクルマがどちらかに傾いてしまうためきちんと収めるのが意外と大変でした。
DSCN5446b.jpg
 一方のナインスケール版は昭和51年頃にリリースされたク5000の最も古い製品でした。造形は思い切りラフなのですがオレンジのカラーリングのインパクトが強いためかKATOとつないでも意外と違和感がありません。
 こちらの方は元々ナインスケールの自動車セット(キャディラックやコルベット風のアメ車臭いラインナップでしたが)をそのまま載せる事を前提にした製品と思われるのでKATO以上に載せづらいのではと思ったのですが実際やってみたら杞憂でした。
 むしろKATOより載せやすいくらいです。
DSCN5444b.jpg
 モデルがクラウンより幾分背が高いのでどちらのケースも下段に車を入れる時は横から詰め込んだ方がうまくいくようです。特にナインスケールのは車端部のステップが意外と肉厚なのでひっかけそうです。

 これで短編成ながらうちのレイアウトでもク5000の自動車専用列車はどうにかできました。
 言い忘れましたがナインスケール版はKATO版よりかなり腰高ですが、台車下のウェイトを取り去り、高めのボルスタをカットしてやることで足回りは落ち着きます。

 クの積み荷としてのこの車の使い勝手は以上の通りです。
 
 話を元に戻すと
 この種の「カバーの付いたクルマ」
 昭和40年代位まではマイカーのうちの何割かがこれを被せていました。車がぜいたく品と言うかステイタスだった時代の風俗の様なものです。
 昭和43年に起きた3億円強奪事件の犯人は逃走に使ったクルマを乗り捨てる際に車のこのカバーを掛けていたため発見が遅れたというエピソードがあったくらいです。
 (今だったら「ボディカバーをしている方がはるかに目立つ」でしょうからこんな風にはならない気がします)


 製品のカバーはえんじ色ですが濃緑色か銀色、灰色なんかで変化を付ければ「昭和40年代の住宅地」の雰囲気は出せるでしょう。

 その他10台くらい纏めて線路際の空き地に並べる事で「新車ディーラーの保管スペース」に使うという手もあります。
光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。


posted by 光山市交通局 at 06:00| 岩手 ☁| Comment(0) | アクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月17日

カーコレクションで「あの刑事ドラマの劇用車を再現する」はなし(笑)

DSCN5288b.jpg
 トミカよりはるかに小さいカーコレクションでバカな真似をした話から。

 先日Nゲージスケールのカーコレクションの新作で「Y30グロリアバン」がリリースされました。
 通常品はシャンパンゴールドのカラーなのですがかつて放映された「あいつがトラブル」に登場するY30セドリックのワゴンにリペイント・改造する事を思い立ちました。

 因みに「あいつがトラブル」については以下のリンクを。
劇用車に見るアクションドラマ「あいつがトラブル」

 劇中で萩原健一扮する失踪人課の代表・沖田刑事が黒のセドリックワゴンを振り回して失踪する様はいつ観てもカッコいい!
 ワゴンの覆面パトカーというのもかなり異色でしたが、それが他のパトカーのどれよりも大活躍していたのですから、印象も非常に強かったのです。
 カーコレで同形車が出たなら、これは是非やらずばなるまいという義務感(大爆笑)で取りかかったのは言うまでもありません。

 それにしても、長さがトミカの半分以下、容積で8分の1程度?それこそ小指の爪ほどのサイズのカーコレの改造がいかに無謀だった事か(汗)
DSCN5281b.jpg
 ボディカラーの塗り替えはともかく窓枠やモールの塗り分けは苦労の割に報われないレベル、後付けしたルーフレールに至っては1ミリ角のプラ棒を唐竹割するなんて(私にとっては)無茶をする羽目になりました。

 なので出来に関しては大惨事としか言いようがありません。

「あいつがトラブル」の劇用車でY30セドリックワゴンの他に印象的だったのは「U11ブルーバードNISMO仕様」でした。
DSCN5284b.jpg
本作の放映当時ブルーバードは既にU12にモデルチェンジしていたのですが、この頃に日産の中古車部門がU11の前期型にNISMOのパーツを組み込んだ特別仕様車を売り出したことがありました。
エアロパーツのみならず足回りにまでチューンを施したカスタム中古車という当時としては斬新な車でした。

この仕様のブルーバードが本作の前半でセドリックワゴンと並び覆面パトカーとして活躍していたのですからすごい話です。
DSCN5283b.jpg
 さて、Y30を改造したならこの仕様のブルーバーも・・・と思いたいのですがあいにくトミカでもカーコレでもU11ブルーバードは製品化されておりません。
 (但し通常品トミカではなぜかワゴンが出ています)
 ましてや今回の計画ではレイアウトのミニシーンに使う腹積もりですから、できればNスケールだと有難い訳です。

 そこで思い出したのがマイクロエースの「カートレイン」でワキに搭載されていたブルーバード910タイプ。
 劇中のU11同様4ドアHTなのでごまかしも効きやすそうです。

 大体、U11自体モデルチェンジでFRからFFへ大転換したにも拘らず前の910とスタイルがほとんど変わらなかった為に販売不振に陥ったと言ういわくつきの車だったりします。
 かつて、ある企業本で新車発表会に来たユーザーが目の前に実車がいたにも拘らず「新しいブルーバードはどこですか?」と訊いてきたというエピソードが紹介されていましたし。

 ただ、この場合にはこのそっくり度は好都合です。

 こちらはボディを黒にリペイントし、トランクにリアスポイラーを追加。
 スポイラーは0,5ミリ厚の透明プラバンを使い厚みの部分がシースルーに見える様にと試みました。
 大した効果はありませんでしたが(汗)

 むしろ910とU11は一見似ている様ですがボンネットの厚みがまるで違うため単に910のライトを細めにするだけではU11っぽくならないのが問題です。
 今回の素材となったマイクロの910はカーコレと違いプラスチックの無垢に近い素材なのでボンネット前端部分を薄く削る事で少しは似せられそうです。
 気休め程度ですが、やってみると前よりはましになりました。
DSCN5285b.jpg
 上の写真に出ているZ32フェアレディは織田裕二扮する城野刑事の私物として本編後半に登場する覆面車ですが、カーコレのZ32に銀色が無かったのでこれまたリペイントの羽目に(汗)
 それにしても自家用車を覆面パトカーに使って良い物かはよくわかりません(笑)

 しかもこれだけ揃えたのに一番肝心な南野陽子扮する美咲刑事の乗るフィアットウノだけ都合できませんでした。

 Nゲージスケールでは似たクルマすらなかったのが痛いです(汗)
 出来は大惨事な上に文字通り画龍点睛を欠くと言う奴ですが、自己満足感だけはそれなりにあったりします(大汗)

光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。


posted by 光山市交通局 at 06:00| 岩手 ☀| Comment(0) | アクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月10日

コーヒーカップ一杯の・・・(笑)

 先日、子供にせっつかれる形で春休みのアキバ行きを敢行したのですが、そこで入手したアイテムから。
DSCN5331.jpg
 「カーコレクションをコーヒーカップ一杯分」
 昨年来、アオシマの駐車場を入手したり、ホテルの製作にかかったりと大型建造物ラッシュなのですが「それに見合う数のミニカーがない」という問題が顕在化していたところでした。

 昨年のターミナル駅や駅前モジュールでもかなりの数の車を補充したはずなのですが、それを上回る需要が突然降って湧いてくるという現実(汗)

 そんな折アキバの某中古ショップの案内に「カーコレ処分セール」の広告を見つけました。まさに渡りに船です。用途が用途なだけに車種の選択に贅沢は言っていられません。

 とはいえ私が行った時には告知から既に三日ほど過ぎていましたからそう大した物がある訳ではなかったのですが。
 昨年来感じていますがカーコレの傾向として90年代以降〜現在の車の需要は高く(ついでに値段も高騰化)80年代以前のモデルはあまり見向きもされない傾向があります。今回残っていたのはまさにその条件そのものでした。
DSCN5359b.jpg
 とはいえ「4台300円」という値付けは非常にありがたい。予算の許す範囲で買い込んだ結果が「コーヒーカップの一杯分」だった訳です。
 ですが車種が選べないだけに、タクシーが5台、パトカーが1台、3輪トラックが2台混じっていたのは辛い。現代の立体駐車場に使うにはどうしても躊躇します。

 とはいえ、それを除いてもまだ30台くらいあるので当初の目的をギリギリ最低限満たすことはできそうです。
光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。


posted by 光山市交通局 at 06:00| 岩手 ☔| Comment(4) | アクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月01日

カーコレ80のR32


 今回は何をいまさらのネタですが・・・
 今年の初め秋葉に出かけた時「鉄道模型の福袋」の中に入っていたアイテムのひとつです。
 カーコレ80のR32スカイライン。

 同形のモデルは以前に白を入手していたのですが、今回のは真っ赤なモデルです。
 前に白モデルではプロポーションのぽっちゃり感が気になったのですが、ボディカラーが赤くなっただけで幾分ですが、その印象は薄められているようです。
DSCN9747.jpgDSCN5545.jpg
 しかも驚いた事に白と赤でホイールを作り分けています。まさかそこまでやっているとは思わなかったので嬉しい余禄ではあります。


 ただ、今回のモデルに関して言えばやや腰高なのが惜しい。まるでレオーネの4WDみたいな感じになってしまいスカイラインらしさがスポイルされている気がします。タイヤ自体も幾分かボディから出っ張り気味です。
 尤もコレクション用ではなく現在計画中の16番セクションのアクセサリに使うつもりなので車軸をカットしてタイヤをシャシに接着でもすれば修正は容易と見ました。
DSCN9750.jpg
 それにしてもR32は4ドアでも赤が似合います。

光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。


posted by 光山市交通局 at 06:00| 岩手 | Comment(0) | アクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月28日

カーコレクションの新作から

先日入手したカーコレクションの新作から。

通常品の色替えでないオリジナルの新車モデルも本当に久しぶりです。
ただし、今回はいつものブラインドパッケージでなくオープン仕様で4台2400円強という値付け。
2台1組と考えるとかつてのカーコレクションのブラインドパッケージが一箱1200円前後と鉄コレ1両と大して変わらないものになっています(涙)
本当にカーコレも高くなったものですね。これではレイアウトの彩りに大量にというわけにも行きません。

今回リリースされたのは一言で言えば「日産車セット」
Y30グロリアバン、NV350キャラバン、先代のセレナ、エクストレイルの4車種。
グロリアを除いて現代の街並みの彩りには似合う車種です。
DSCN5276b.jpg
中でもNV350の「幼稚園バス」は街並みの中では結構目立ちますし、セレナやエクストレイルも同ジャンルの国産車の中では割合見かける車種なのでレイアウトでの利用価値は高いと思います。
DSCN5278b.jpgDSCN5277b.jpg

 ですが個人的にお気に入りはこの中では一番古いY30グロリアのバンだったりします。
 セドリック・グロリアは30・130・330・430と割合コンスタントにNスケールミニカーになっているのですが今回のY35で5種類目になりました。これで230が出ればねえ・・・

 以前に比べてリリースのペースはだいぶスローになりましたがカーコレにはもう少しラインナップの拡充をお願いしたいところです。物が爪先ほどのサイズの車なだけに自作品で何十台も用意できないですから(汗)
光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。


posted by 光山市交通局 at 06:00| 岩手 ☀| Comment(0) | アクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月31日

「建機コレクション」のパワーショベル・ほか

 先日入手した福袋から

DSCN9743.jpg
 ジオコレの建機コレクションからコマツPC300-8 油圧ショベル。

 レイアウトに限らず「風景のモデル化」を考えた時にこの種の建設機械類は意外と大きな存在価値を持ちます。工事現場だけでなくそこいらの田園地帯の片隅にもポッと置いてあったりしますしトラックに積まれて街中を走っている事だって結構見かけるものです。
 調べてみたらこのシリーズもリリースから7年も経っていたのに驚きましたが、7年も経っていたのに私が一つもこれを入手していなかったのも我ながら驚きです。
DSCN9744.jpg
 うちのレイアウトに工事現場と呼べるものは殆ど無かったのですが、こうしてレイアウトの片隅に置いただけで不思議なリアリティを感じさせます。
 おそらくパワーショベルと言う物を普段あまりに当り前に見ていたせいで、その存在の見せる演出力を見落としていたのかもしれません。
 線路際の住宅街の片隅にでも置いてみようかと思っています。
DSCN9507.jpg
 余談として、福袋のついでに入手したジャンク品。
 またもや「TOMIXの高架駅の側壁パーツ」
 これを買うのもいったい何個目でしょうか(笑)
 ビルの壁面や窓ガラス、あるいは屋根のパーツにも転用できますし応用範囲の広いマテリアルです。
光山鉄道管理局
 HPです。昨日「思い出の書籍」の項一部追加しました


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。


posted by 光山市交通局 at 06:00| 岩手 ☁| Comment(4) | アクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月24日

日本の翼のはなし

 先日、セスナ172のNスケールモデルがリリースされた話を書きましたが、先日新装オープンした模型屋さんに出かけた折にまたNスケールの飛行機関連を入手してきました。
 いずれもエフトイズの「日本の翼コレクション4」「緊急出動!救命・防災ヘリ」
DSCN9513.jpg
 どちらも平時でも見かける機体なのでまあまあレイアウト向けと言えます。

 前者は三菱MU-2、テキサン、メンターの練習・連絡機トリオ(MU-2は捜索救難仕様ですが)
限りなく軽飛行機に近いサイズと親しみやすいフォルムは飛行場においても良し、博物館や駅前広場の飾り物にも使えます。


 後者はヘリボーンコレクションの一環なのですが、ドクターヘリなんかは今でもかなりの頻度で見かけるようになりました。
 どうかすると患者さんらしき人を吊下しているところを見かけたりする事すらあります。


 今回入手できたのはメンターとHU-1の警視庁仕様。まだ未組立ですが製作が楽しみです。
(と、こうして積みプラが増える)
 ここに来てレイアウトの空も徐々ににぎやかになってきました。
 このショップ、地元にしては品ぞろえが豊富なのは有難いですがなぜか鉄道模型だけなかったのが惜しいというか不思議と言うか。
 それが去年の暮れの話です。
その後、暮れの帰省の折に出かけたショップのひとつで「日本の翼4」を見つけました。

 前回買った折はメンターがひとつしか取れなかったのですが私の本命は実は三菱MU-2の方でした。
 が、現住地のときは最後の一個だけしか引けなかったので、少々残念感があった事もあって故郷でのリベンジマッチと相成った次第です。
 今回はMU-2を引くまで買うつもりだったので最悪6、7回くらい引けば当たる事になります。

 結果、4回目でどうにかMUー2を引きましたが「買ったそばから開封しては再びレジに向かう繰り返し」を3回くらいやりました。まったくいい歳したおっさんが何やってんだか。
DSCN9754.jpg
 ちなみに他の三つはメンターひとつにテキサンふたつ。よくみると「旧日本軍仕様のカラーリングのテキサン」が混じっています江田島での展示品の仕様らしいですがこれがシークレットだったと言う事なのでしょう。

 どのみちレイアウトの展示品用途しか考えていなかったのでこれはこれでよかったかと。
 余談ですが昔のGMのカタログで「レイアウトに空港を作ろう」とか言う記事が載っていた事があったのですがそこの記述に「ゼロ戦を塗り替えてテキサンに見せる(素人は騙せる)」と言うのがあったのを思い出しました。
 あの当時ゼロ戦やF4EJの戦闘機系の144分の1は割合容易に手に入ったのですが練習機や民間機のモデルはなかなかリリースされなかったものです。現に私もレイアウトの空港用にと「メッサーシュミットのMe262」を買った思い出が(爆笑)
 テキサンの実機は大昔現住地の駅前近くの公園に展示されていた事はあります。

DSCN9758.jpgDSCN9718.jpg
 帰宅後、早速テキサンとメンターを一機ずつ試作してみました。
 組み立て自体は以前紹介のセスナより簡単な位でしたが、デカールを貼るのがややこまかかったかなと言った所でしょうか。
 MU-2も暇を見て作ろうかと思います。

光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。


posted by 光山市交通局 at 06:00| 岩手 ☀| Comment(0) | アクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月20日

HOスケールのVWキャディ

HOスケールミニカーからこの間紹介したVWカラベルに続いてもうひとつ

DSCN9326.jpg
リーツェのVWキャディ、消防指揮車(たぶん)
なんとドイツ車なのに「フランス消防」の仕様だったりします。
まあ、ルノー4なんかでもこういうのがありましたし形態自体はそう珍しくないのですが。
DSCN9327.jpg

(そういえば「アルトハッスル」なんてのもあったなあ)
 個人的に何となく「花屋の配送車」を連想してしまうこのボディで消防が活躍するというセンス(現実にはかなりの実用性があるとは思います)は流石花の都のお国柄です。
DSCN9329.jpg

 先日のカラベルで「ワイパーが車体にモールドされている」事に驚いたのですがこっちのキャディはフロントばかりかリアワイパーまでそうなっていて、しかもリアウィンドウの熱線処理まで付いています。
 ジオラマや鉄道模型での需要が多いこのスケールのミニカーですがどうかするとトミカやHWも侮れない事をやっているのには驚かされます。
DSCN9328.jpg
 ですがこれが似合う様な和風HOスケールのセクションってどんなのだろう?

光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。


posted by 光山市交通局 at 06:00| 岩手 ☀| Comment(0) | アクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月09日

Nスケールの「アイスクリームカー」

IMG_2489.jpg
サブブログでは既に書いているのですが先日の平日休を使って秋葉〜銀座〜落合南長崎の「聖地ツアー(爆笑)」を敢行してきました。
 今回はそれらの戦利品から。

毎年この時期のホビセンはレイアウト用品を中心にジャンク品のセールがあるので、今回も勇んで出かけたのですが、生憎車両のASSYパーツが中心でやや当て外れでした。

それでも決して空手で帰らせないのがこのショップのすごいところです。
DSCN9504.jpg
今回のアイテムはウッドランドシーニックスのミニカーです。
 このメーカーは「サブテレイン」で随分とお世話になっていますが、ミニカーも出しているとは知りませんでした(恥)

やや値が張るのですが「アイスクリーム屋台カー」なんてありそうでなかったアイテムだけに見逃せませんでした。
DSCN9506.jpgDSCN9505.jpg
おまけに「お客のガキ3人」のフィギュア付きですし開きかけのドアから店員が顔を出しているなんてのも小技が効いています。

 実は明日、地元のターミナル駅コンコースで某イベント協賛の運転会があるのですがそこに持ち込むモジュールの彩りに早速これを追加しました。
IMG_2519.jpg
 こういうのがぴったりくるのはスーパーかデパートの前と相場が決まっています(偏見)
 なので駅前デパート前に配置したのですが「バスの陰になって見えない」事実が発覚
 (移動するモジュールと言う性質上クルマの類は原則路面に接着しています)
IMG_2521.jpg
 急遽バスの方にどいてもらいどうにか形を付けました。
 これがあるだけでデパート前の閑散とした雰囲気はかなり和らげられた気がします。

 明日の運転会では何か反響があるのか気になります(笑)

 そう言えばこの手のウォークスルー車、カーコレとかではあまり見ません(アイコムだったかが過去にメタル製を出した程度と記憶しています)屋台カーはもとより配送車やオフィシャルカー(シロアリ駆除業者が使っているケースもあります)と応用範囲の広いクルマでもあるので改造しやすい構造でどこか製品化してくれないでしょうか?
光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。


posted by 光山市交通局 at 06:00| 岩手 ☁| Comment(2) | アクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月02日

WIKINGのHOスケールVWカラベル

 今回はHOスケールのミニカーの話になります。
DSCN9323.jpg
 先日のマスタングがきっかけになったのか中古ショップでWIKINGなどの出物を見かける事が増えています。
 目的とメーカーの性質上、並ぶのが殆どドイツ車の特装車系なのがなんですが、それでも日本のミニカーメーカーがあまりやらない題材も多く意外と楽しめます。

 今回はWIKINGのVWカラベル(個人的にはヴァナゴンと呼ぶのがしっくりくるのですが)のアンビュランス仕様。
 ・・・と言いたいのですが室内が「きっちり3列シート」しているのでこれで患者さんが運べるか疑問ですが(笑)
DSCN9324.jpg
 マスタングほど目立たない物の色刺しはきちんとされています。というか、実車の加飾におけるアメ車と欧州車の違いがそのまんま感じられる処理ととらえた方が良いかもしれません。
 87分の1スケールでボディがプラ造形色そのまんまなのに「ワイパーがガラスでなく車体にモールドされている」ところはこのメーカーの凄い所です。
DSCN9325.jpg
 この車特有の「ずんぐりしているのになんだか知性的に見える」ところは日本のミニバンがぜひ見習ってほしい所なのですが・・・

 そういえばカーコレ80はここ2,3年とんと音沙汰がないですが…
光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。


posted by 光山市交通局 at 06:00| 岩手 ☁| Comment(2) | アクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月28日

ハイスペックミニ・セスナ172

DSCN9278.jpg

 10月20日の当ブログで航空祭の話を取り上げた折「Nスケールの軽飛行機か練習機が欲しい」と言う意味の事を書いたのですが、先日、九度有さんから8月頃にNスケールのセスナが出ているという情報を頂きました。

 あのブログを書いていた当時はそんなアイテムが出ているなんて全く考えていなかったので偶然に驚くとともに思わず狂喜したものです。
 で、情報を見ると同時に通販サイトにアクセスする馬鹿な私がそこにいたりすると(大汗)

 九度有さん、改めてお礼申し上げます。

 さて当該のモデルと言うのはエフトイズから出ている「ハイスペックミニ」のシリーズのセスナ172.
 シークレットも入れて7タイプ出ているのだそうです。

 さすがに箱買いという訳にはいかず一機だけサンプルのつもりで購入したのですが。
DSCN9280.jpg

 箱から出してみると実に小さい。
 感覚的には機体は「大きめのメダカ一匹分」主翼は「うまい棒のスティックの3分の1くらい?」と言うボリュームでパーツもかなり細かそうです。
DSCN9281.jpg
 組み立て自体は簡単ですが主翼の下の支柱や上のアンテナなんかがかなり細かく折ったり飛ばしたりするリスクはかなり高いと言えます。その意味ではヘリボーンよりも難物と言えます。
DSCN9283.jpg
 それだけに完成した時の達成感はなかなかです。
 このキットには無塗装ながら整備士か何かのフィギュアも2体付属しており、芝生シートの上にこれらを配置するだけで田舎の飛行場気分は十分味わえそうです(但しフィギュアの造形はややラフですが)
DSCN9282.jpg
 なお、このモデル、重心がかなり後ろに寄っているのでそのままでは地面に置いた時に機首が上を向いてしまう欠点があり、それを補正するためのクリアパーツの馬が付属しています。
 レイアウトでは車輪を接着すれば済みますが、上から見るなら馬でも十分。むしろどこにでも置けるメリットの方が高い気がします。

 鉄道模型を意識していないモデルではあろうとは思いますが、利用価値はかなり高いと思います。
 下からピアノ線で支える形でレイアウト上空に配置しても楽しそうですし、そこいらの空き地にポンとおいても(滑走路の端っこぽい演出は必要ですが)様になりそうです。
 もちろん凝り性ならば飛行場の一部を作り込んでもいいでしょう。

 今年出たアイテムの中では文句なしのサプライズNo1ですね(わたし的に)
光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。






posted by 光山市交通局 at 06:00| 岩手 ☁| Comment(6) | アクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月13日

WIKINGのマスタング

DSCN9114.jpg
今回はHOサイズミニカーから

いつかは16番セクションをと中古アイテムをここ数年集めていますがふと気がついてみると
「ミニカーばかりが増えている」というこの現実。
カーコレ80のご利益はもちろんですがKATOやチョロQまで参入しているから始末が悪い。

今回のは先日近所の中古屋にあったWIKING。

初代フォードムスタングカブリオレ、それも真っ赤。
とどめに内装色が白と来たもんだ(笑)
DSCN9116.jpg
日本風のレイアウトにこれがあると思いっきり成金感全開モードのミニシーンができること必至です。
でも幼少の頃からマスタングが大好きだった身としてはみのがせなかったのもじじつです。
DSCN9119.jpg
トミカより一回り小さいHOスケールなのに色差しの細かさは軽くトミカやマジョレットのそれを上回ります。ただ、惜しいことにスケールが16番より小さい為カーコレのスカイラインあたりと並べると不自然に小さくなってしまう(アメ車に見えない)という弱点も併せ持ちます。
DSCN9115.jpg
それにしても鉄道模型用のミニカー(アメリカでは大ヒット車でしたが)でこれほど浮世離れした雰囲気のものは結構まれな気もします。

光山鉄道管理局
HPです。


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。


posted by 光山市交通局 at 06:00| 岩手 ☔| Comment(0) | アクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月16日

そう言えばこんなのも買ったんだった

 9月も半ばだというのに未だに先月初めの帰省のはなしで引っ張ってしまっている事に愕然とします(汗)
 帰省の折に入手したものから。今度こそこれが最後です(大汗)
DSCN8764.jpg
 中古品という訳ではないのですが、現住地のショップで見掛けなかったアイテムです。
 以前はレイアウトで道路の区分線やセンターラインはジオタウンのそれを多用していたのですが、最近(ユニトラムが出た辺りから?)どこのショップでもジオタウンのそれが払底して困っていました。

 今回故郷のショップ(地元では聖地)にこばるさんの製品が出ていた事を知り、早速飛びつきました。
 インレタ系なので少し貼り付けに注意が必要ですがこれは存在自体が有難いです。
DSCN8921.jpg
 やっぱり60年代車ばかりが売れ残っていた「ジオコレのタクシー群」
 今のモジュールはどう見ても80年代以降なのですが、タクシーだけは60年代。
 現代のクルマの入手しづらさを思うと、風景との年代差は思い切って割り切るしかありません。

 とりあえずモジュールの賑わいの足しにはなります。
光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。



posted by 光山市交通局 at 06:00| 岩手 ☁| Comment(2) | アクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月13日

レイアウトにこんなミニシーンはどうか?

 先日、平日休を利用してドライブ中、特に何もないのに車を止められました。
 前方で工事か事故でもあったのかと思ったのですが、よく聞いてみると「ドラマのロケで道路が一時止められているとの由」
IMG_1848a.jpg
 私の現住地の近在はドラマのロケが結構ある所で、実際これまでも街中で劇用車のパトカーとすれ違ったりすることもあったのですが、ロケ現場そのものに当たったのは今回が初めてです。

 これは珍しい経験なのでロケ現場と言う物の特徴を通過しながら観察しました。
 撮影現場それ自体は、他のメイキングものでも観る事が出来るのでその周囲がどうなっているかがチェックポイントです。

 まず、誘導棒を使って道路で車を止めているのがガードマンとも作業員とも違う私服のスタッフである事。こういうケースは他では殆どありません。
 しかもとてもこういう仕事に似合わないOL風の服装の女性もいます。

 次にロケ現場から適度に離れた空き地にマイクロバス、1BOXが集中的に止まっている事。
 そのくせほかのセダン・SUVの類が居ない事。
 こういう停め方は普通の住宅地や山の中では葬式の時以外はめったに観ません

 ドラマロケの掲示は普通の工事看板を用い、その上から張り紙で告知している事。
IMG_1848b.jpg
 撮影が走行シーンだったためピックアップトラック改造のカメラカーが居る事。これは特装車の中でもかなり特殊な形状なのでスクラッチでそれらしく見せる事は可能と見ました。

 平日の山の中なので見物人は絶無(笑)

 これらの呼吸が解ればこれは「レイアウトのミニシーンに使えそうです」
 そういえば劇用車のパトカーもちょっとした加工で作れます(撮影でなく合間の移動など)
 因みにそこで撮影されていたドラマは現在放映中ですがどんなドラマだったかと言うとヒントはこれです。
IMG_1849.jpg 
 ●部警察のロケをレイアウトに組み込むネタは以前にも紹介していますが、そこまで大掛かりでなくともこういうのは再現できそうですね。

光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。


posted by 光山市交通局 at 06:00| 岩手 ☁| Comment(2) | アクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月18日

帰省の戦利品から・人形と自転車・そして・・・

 帰省の掘り出し物からその3
 今回はアクセサリ編です。

 どこでもそうですが中古ショップで鉄道模型用アクセサリというのは一種のワンダーランドみたいなものと思います。

 但し、アクセサリを置いている店なら、という但し書きが付きます。実際地方の中古屋さんでアクセサリが充実していることはあまりありません。
 今回は割合面白いモノが入手できたと思います。こういうアイテムの入手は即レイアウトの彩りとして使われる事が多いですからその即戦性は高いと言えます。

DSCN8763.jpg

 トミーナインスケールの人形。

 BACHMANNの車両や建物がメインだった頃のアイテムですからカラーリングやポージングがもろにアメリカンなのですが他のフィギュアに混ぜ込んで仕舞えばそれほど違和感はありません。座りポーズの奴なんかは最近の「座る人」よりもよほど個性的です。

 TOMIXの自転車。

 昔の車上駅に装備されていたアクセサリ。ランナーから切り取ってハンドルを90度ひねるだけで「駅前の駐輪車」に化けます。これも即戦力として使えるアイテムです。
DSCN8874.jpg
 そして古ぼけたライケン(笑)

 今回異なるショップでふたセット入手しています。緑色のライケンは彩度が高すぎて意外に使いづらい事が多いのですが、今回のは適度に色あせているのでパウダリングの素材に使えると思い、入手しました。

 番外編

 TOMIXの給水塔
DSCN8875.jpg
 いまでは覚えている人も少なくなりましたし、若年ユーザーには存在自体知らない人も多いと思います。TOMIX登場初期に国産の日本風ストラクチャーが出始めた頃に、ナインスケール時代のアメリカ型建造物の中から給炭塔と共にTOMIXに引き継がれた建物です。
DSCN8872.jpg
 当時の外箱込みで並んでいましたので出自はわかりましたが、今回はミニSLレイアウトの改修に使えるかと思っています。

光山鉄道管理局
 HPです。「車両紹介」の項「自作・改造車両」一部追加しました


にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。

posted by 光山市交通局 at 06:00| 岩手 ☔| Comment(0) | アクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

コンテナダンボー8戦全敗(涙)

スナップショット-5-(2017-01-14-23-26).jpg
ここしばらく帰省のはなしでしたが今回は少しばかり時間が遡ります。
子供が夏休みに入って最初の平日休。
たまには昼御飯を外食でとばかりに近場のショッピングモールに出かけました。


昼食を済ませてふと覗いたガチャコーナー。
そこで目に入ったのは当地でははじめて見える「コンテナダンボーガチャコレクションの第2弾」
グランシップの前後にはもう出ていたはずですが当地ではなかなか目にする事のなかったアイテムです。

世間的にはフォークリフト目当ての向きも多かったので運が良ければ当たるかなとか思いつつたまたま持っていたニ千円札を両替機に(笑)
IMG_1947.jpg
結果は「8戦全敗」
なぜか西濃運輸のコンテナにばかり当たりました。

まあ、私のくじ運に照らし合わせればこういうものでしょう。
よく考えて見たら仮にフォークリフトが当たっても置き場がないという問題がありますし。
DSCN7224.jpg
尤も、第一弾もそれなりの数を入手していますし、運転会のネタ車たる「ダンボー列車」に使うには十分すぎる量ではあります。
それにしてもこのネタで第二弾が出せるくらいには売れたという事でしょうか。
第3弾とか第4弾にも期待がかかります(何の?)
光山鉄道管理局
 HPです。

にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。

posted by 光山市交通局 at 06:00| 岩手 ☁| Comment(0) | アクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月29日

技ーMIXのCH-47を作る

IMG_1862.jpg
 先日諏訪湖へドライブしたのですが、そこでも「やっぱり」中古ショップも覗いてみたりします。

 ですが当地のショップでは鉄道模型はほぼ全滅状態だったので特に見るべきものはありませんでした。
 が、一方で見るからに昔懐かしい模型屋さんと言った風情のお店にも当たったのでこれはこれで悪くありません。
 いや、むしろ「これだけ落ち着いた雰囲気の土地に模型屋さんがあることの幸せ」を素朴に感じさせられたりしました。
IMG_1861.jpg
DSCN8546.jpg
 それはさておき、
 今回は鉄道模型ではなく、同スケールの模型で出物があったのでそれを紹介します。
 トミーテックの「技MIX」

 これの中古は現住地や故郷の中古屋ではあまり見かけなかったのですがこちらでは飛行ユニットや動力ユニットも含めて結構な出物がありました。
 とはいえうちのレイアウトに似合いそうなものと言えばやはりそれはヘリコプターになります。
DSCN8551.jpg
 (F4EJやF15Jがぶんぶん飛び回るレイアウトなんてのは、それはそれで怖いですし)
 やはりごつい事はごついのですがCH-47Jを選びました。

 これに動力ユニットと飛行ユニットも合わせて定価の3割引きくらいのお値段。

 帰宅後2時間くらい掛けて組み立てました。
 チヌークは以前山火事で出動した際に、上空からの放水で大活躍している所を見ていますし怪獣が絡まなくてもそれなりに使い道はあります(笑)
DSCN8548.jpg
 モーターも当然ふたつ内臓させ、飛行ユニットと組み合わせました。
 パッと見ではかなり目立つのですがひとたびローターが回り出すとそっちの方に目が行ってしまうので案外気になりません。
 ただ、私の作り方が悪かったのかそのままでは「いつまでもホバリングしたまんま」
 これはこれで意外とリアルで悪くはありません。
DSCN8549.jpg
 やじろべえの理屈で反対方向にセットされた電池ボックスとの釣り合いで飛んでいるように見せているのですが、ローターを回しながらゆらゆらと浮遊する雰囲気はなかなかのものです。

 ところがホバリングをしばらくやっていたら、ぱちりと音がしてローターの一本が折れ飛んだのには驚いた。
 調整がきちんとしていないと期待にローター端が接触するようです。
 早速付け直しです。
 
 ですが、モデルの発想自体は悪くはなく、レイアウトに積極的に組み込みたくさせる説得力のあるアクセサリと思いました。
 自衛隊に限らず民間型のUHやV107とかも出ていてくれればなおよかったのですが。
光山鉄道管理局
 HPです。車両紹介「自作・改造」の項一部追加しました。


にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。


posted by 光山市交通局 at 06:00| 岩手 ☁| Comment(2) | アクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月03日

Nスケールミニカーの極北(笑)

 先日来シンゴジラだ小暮課長だ両津勘吉だと妙にオタッキー度の増している改修中のモジュールですが、またもや極北レベルのアイテムが加わりそうです。
DSCN8119.jpg
 何も知らない人がこれを見たら「一体なんのクルマなんだこれは!?」と頭を抱えること必至。
 ウルトラマンタロウの「ウルフ777」のNゲージサイズのミニカーです。
 「まさかこんなのが存在しているとは!」と心底驚きました。
DSCN8120.jpg
 実はこれサブブログでも紹介しているバンダイのウルトラメカシリーズのひとつ。
 それも宇宙ロケットの「アンドロメダ」のおまけアイテムです。
 先日スカイホエールを買った中古ショップで見つけたものですが、まさかこんなおまけが付いているとは知らなかったので望外の収穫でもありました。
 (大体、購入理由が「アンドロメダが屋上遊園地の回転飛行機のパーツに使えないか」でしたから)

 このサイズのウルトラカーは以前ポインターや科特隊専用車が出ていましたがいずれもプラの一体成型でぱっとしない(でも存在は非常に貴重)ものでした。
 ですがこの777ボディとシャシが別パーツ、しかも裏返すと足回りのモールドが再現されているという拘り様。
DSCN8122.jpg
 なにより「ウルトラメカの中で(否、ヒーローカー全体を取って見ても)群を抜く複雑怪奇なデザイン(爆笑)」をNサイズできちんと造形してきた所は感動的ですらあります。
DSCN8118.jpg
 何しろ特車サファリの隣に居ても全く引けを取らない存在感!
 プラの地色が安っぽいのだけが難点ですが、それも「きちんと塗装したい!」と思わせるインパクトがあります。
 (細かすぎて目をやられそうですが)
DSCN8121.jpg
ですがこれをどうレイアウトの風景に溶け込ませましょうか?
光山鉄道管理局
 HPです。

にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。

posted by 光山市交通局 at 06:00| 岩手 ☀| Comment(4) | アクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月29日

トレーラーコレクションから

先日の上京の折の戦利品から
トレーラーコレクション第7弾のセットです。
DSCN8198.jpg
これは自衛隊仕様のキャリアカーがあるせいなのか歴代のシリーズでもそれなりに人気のあるモデルでしたので中古の入手はかなり難しいと思っていたのですが、先日新装開店した中古ショップの回転セールの出物で見つけることができ早速ゲットした次第です。

とはいえこの入手に目論見がなかったわけではなく、上述のキャリアカーを「マウントドラゴンの輸送車に使いたかった」というニードがありました。
DSCN8195.jpg
今回はセットでの入手でしたから他のラインナップも同時に手に入ったわけですが、大半がコンテナトレーラーだった中で普通のトラックのフルトレーラー(要するにトラックの2両編成)があったのが目を引きます。
DSCN8196.jpg
形態は単純ですが自作するとなると案外難しそうなのでこちらも望外の収穫だったと思います。
これの隣に適当に普通のセダンとか並べるとそれだけで一級国道の雰囲気が出て来るのですから大したものです。
DSCN8197.jpg
光山鉄道管理局
 HPです。

にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。



posted by 光山市交通局 at 06:00| 岩手 ☀| Comment(3) | アクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月10日

津川洋行の人形たち

 昨年暮れの静岡土産から
DSCN7406.jpg
 前回津川洋行のミニカーの話をしましたが、今回は同じ津川のNスケール人形から
 おそらく30年くらい前の製品だったと思います。

 「乗客(ベンチ坐像)」と「保線区員」

DSCN7408.jpg
 アップの写真をご覧になると分かる様に造形自体はラフな上にカラーリングが一種毒々しい。
 保線区員も体形が微妙な上にわざわざモールドされている顔の表情が微妙というか不気味だったりします。

 ですが見るからに手作り感の溢れる、リアル系というよりも少しマンガチックなところが意外と憎めません。
 昔読んだ世界的に有名な伝説のレイアウト、GD LINEの上に屯する「作者の自作の人形」に通じる物すら感じさせます…と書くとほめ過ぎでしょうか。
 (GD LINEの人形は確か針金の骨組みに蝋を徐々に重ねて作っていたと思いますが、ポージングや体形が何ともユーモラスで不思議と細密度の高いレイアウトの風景にマッチしていました)
DSCN7407.jpg
 今回の人形群はジオコレともジオタウンとも異なるノリで作られている物ですが、それゆえに他社の人形だけでは画一化しがちな風景へのアクセントとして使えそうに思えます。現実の世界では人間が100人いたら全員の体形や顔や服装が違うのが当たり前ですから(詭弁)

 どうかしてレイアウト、それも棚幡線辺りで使ってみたいと思っています。
光山鉄道管理局
 HPです。

にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。


posted by 光山市交通局 at 06:00| 岩手 ☁| Comment(4) | アクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月06日

カーコレ80のスカイラインパトカーたち

 先日の静岡行きの戦利品から。
DSCN7409.jpg
 ポポンデッタが新幹線のある駅ビルにあると言うのは個人的にはかなり嬉しいロケーションではあります。
 店内も東京ほど忙しない雰囲気もないですし、何より駅ビルだけに「帰りがけに昼ご飯を食べて帰れる」というのが有難いです。

 ですがそこで買って来たものが鉄道模型でなくミニカーばかりと言うのがなんですが(汗)

 今回入手できたのはカーコレ80のスカイライン3台。
 それもどれもこれもが「パトカーばかり」というのが何ともですが東京の中古ショップでは一時にパトカーが3台も買えるという事はまずなかったですからこれだけでも有難いです。
DSCN7411.jpgDSCN7413.jpgDSCN7414.jpgDSCN7410.jpg
 ハコスカのバン、ケンメリとジャパンのセダンがベース車ですが、トミカよりやや小さめのサイズでありながらプラゆえの造形のシャープさがものを言います。
 特にケンメリのパトカーはパートU以降の西部警察の顔みたいな存在ですから、嬉しさもひとしおと言うところです。

 ホクホク顔で帰宅して並べてみて気付きました。
 カーコレ80ではこれ以前にもクラウンバン、R30バン、それにジャパンの覆面車なども既に持っていたのですが、今回のも加えると
 「16番スケールでパトカーコンボイができる」位の数になっていた事に唖然としました。
DSCN7419.jpgDSCN7418.jpgDSCN7417.jpg
 トミカやNゲージスケールのカーコレでも結構パトカー好きではあるのですが、まさかこれがHOサイズにまで波及しようとは。
 尤も、半分はバンなのですが。
光山鉄道管理局
 HPです。

にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。

posted by 光山市交通局 at 06:00| 岩手 ☀| Comment(0) | アクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月27日

Nスケールのミニカーから

 先日の戦利品から。

 同じショップでカーコレ80のミニカーを何台か入手したのですが(これについては次の機会に)Nゲージの方でも買ってきたのがクルマだったりします。

 じつはこちらでは津川洋行の中古(?)が割合格安で並んでいたのですがその中から目ぼしい物をふたつばかり拾ってきました。
DSCN7402.jpg
 ひとつはマツダR360とスクーターのセット。
 もうひとつはミニのピックアップ。

 どちらも従来のカーコレにはない組み合わせです。
DSCN7404.jpg
 昔の津川のミニカーは結構渋い車種選択で唸らせてくれた物ですが、逆に渋すぎて(あと高価だった事も)レイアウトでなかなか使えなかったものです。

 今回入手した物は若年層の鉄道マニアの気をあまり惹かない車種の様な気もするのでそれで売れ残っていたのかもしれません。
DSCN7405.jpg
 帰宅後、この車種が似合いそうな棚幡線レイアウトの中に配置して見ましたが、このふたつが入っただけでレイアウトの雰囲気が60年代になったのには驚きました(笑)

光山鉄道管理局
 HPです。

にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。

posted by 光山市交通局 at 06:00| 岩手 | Comment(4) | アクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月19日

「車止め線路」

 ホビセンの戦利品その二。

 こちらはASSYでもなければ処分品でもないのでどこでも買えるものではあるのですが。
 先日発売された車止め線路。
DSCN7420.jpg
 レールを逆Uの字に曲げた形状の車止めは実物を目にする機会は結構多かった物ですが、特にNゲージスケールのモデルではこれまでとんと見なかったものです。
 従来の車止めよりもはるかにコンパクトなサイズな上に線路一本の両端に配置してもディスプレイ用として中々様になる物と思います。

 ユニトラック用ですが接続する線路のジョイナーをいったん外して接続(接着?)する必要がありジョイナー外しも付属しています。
 この手の車止めに必須の枕木一本と標識も別パーツで取り付ける形式でアイテムとしては単純ながら何となく「軽工作をやった」という不思議な満足感がありました(笑)
DSCN7421.jpg
 不満を言えば線路パーツがレールとは明らかに質感の異なる黒色プラの造形で、できれば接続レールの一部も含めて錆色に塗りたい所です。
 とはいえ、素組みした状態でも何か車両の1両も配置すると結構様になって見えるのは大したものです。

光山鉄道管理局
 HPです。

にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。

posted by 光山市交通局 at 06:00| 岩手 ☔| Comment(6) | アクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月26日

「コンテナダンボーガチャコレクション」のはなし

DSCN7225.jpg
 先日、夕ご飯の材料を買いに近所のスーパーに出かけた折、そこの入り口のガチャの列をふと見て、
 そこの表示の隅っこに「TOMIX」の文字があるのが目を引きました。

 なんでこんな所にこんなものがとか思ってよく見たら
「コンテナに手足が生えています」
DSCN7224.jpg
 先日タカラトミーアーツが発売したガチャの「コンテナダンボーガチャコレクション」と言う奴でした。
「ダンボー」というのはダンボール戦記のメインメカのひとつで無痛ガンを乱射しつつ頭部を外して投げつける必殺技を持つ最強戦士の一人
・・・なんてな事は微塵もなくあずまきよひこの人気まんが「よつばと!」に登場する文字通りの段ボール箱のロボット(の着ぐるみ)の事です。

 まさかマンガのキャラそのものがNゲージのコンテナになるなんて考えても見ませんでした。
 実は「よつばと!」はここ数年読んでいないのですが、私が読まなくなってから「ダンボーがコンテナ貨車になる話」が描かれたのでしょうか(笑)
DSCN7226.jpg
 まあ、それはさておき
 頭部のコンテナは胴体から取り外し可能でそのままTOMIX規格のコンテナ貨車に搭載可能です。
 最近はTOMIXの貨車にも最初からコンテナが載っていない空車モデルが結構出ているのでそこに載せる冗談企画としては悪くはありません。
DSCN7227.jpg
 しかもラインナップにはNISSAN仕様や旧国鉄仕様、タンクコンテナまであるので「スーパーの買い物ついでにコンテナの増備ができる」というある意味お得なオモチャと言えます。

 私のお目当てはJRか国鉄の仕様かNISSANの奴だったので手持ちの硬貨を注ぎこんで3個引いたのですが
 「ダンボール製のコンテナが2個、JRが1個」という惨憺たる成績に終わりました。
(原作準拠と言う意味ではダンボール表記の方が良いのですが)

 帰宅後手持ちのコキに早速搭載。
「鉄道むすめ」とかのコンテナには多少抵抗を感じているのですが、こちらはぎりぎり冗談で済ませられるレベルなので悪くない企画かもしれません(テツドウモケイの世界でも年配者を中心に「萌え系」への風当たりと言うか抵抗はそれなりにあったりします)
DSCN7228.jpg
何しろ裏から見たら「ただの実直なコンテナ」に見えますし(笑)
DSCN7246.jpg
 その後も何度かスーパーに足を運びもう2,3個増備。
 これでようやくお目当てのタンクコンテナも手に入りました。
 個人的にはこちらの方がいい味出している気もします。

 こいつらを次の運転会辺りで他のネタ車と共に走らせてみようかと思います。
光山鉄道管理局
 HPです。

にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。



posted by 光山市交通局 at 06:00| 岩手 ☁| Comment(2) | アクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月09日

「銀河鉄道」のストラップ

 今回は先日の帰省の戦利品から

 ここ2年ほどの傾向ですが、帰省の折の戦利品はどこかしらおかしいというか、癖のあるアイテムによく当たる感じがします。それはモデルに限らず他の「レイアウトに使えそうなモノ」についてもいえる事なのですが、使い道があると思えたものについては入手するようにはしています。

 まあ、前振りはそれくらいにして
DSCN7173.jpg
 帰省先の道の駅で売られていた「銀河鉄道」のストラップ。
 故郷の土産物を物色中に弟が「これ、何かに使えるんじゃないか?」とか言って持ってきたものです。

 サイズはZゲージのモデルの更に半分くらい、Nゲージ車両の脇に置けば「ひとの乗れるミニSL」で通用しそうな大きさではあります。
DSCN7175.jpg
 材質はラバー製、ロコと客車は鎖で繋がっているのでそれなりに編成っぽく見えます。

 もちろん、模型として使う訳にはいきませんが上述の「ミニSL」としてレイアウト上のイベント会場に使う事もできそうですし、ショーティ化すればデパートの屋上遊園地も良いかと思います。

DSCN7174.jpg
 もちろん私の頭に浮かんだのは「鉄博風モジュールの展示品」だったのですが(笑)
 これを具体的にどう使うかは追々検討するつもりでいます。
 
 それにしてもこの製品「銀河鉄道」を名乗っていますが「SL銀河」でなく「ばんえつ物語」がモデルになっているのが凄いといえばすごい。売る側も作る側もプロトタイプに無頓着な辺りは如何にも観光地の土産物臭くて独特のノリを感じます。
 (まあ、買う方は私を含めてもっと気にして居なさそうですがw)

光山鉄道管理局
 HPです。

にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。

posted by 光山市交通局 at 06:00| 岩手 ☁| Comment(0) | アクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月22日

レイアウトにレビンとRX-7

 中古ショップの100円セールで見つけたアイテムから
DSCN6998.jpg
 ほぼNスケールのAE86とFD7S。
 これ自体はそう大したものではありませんが、注目点は86がトレノではなくレビンである点にあります。

 頭文字Dの影響で86と言えばトレノという印象が強い向きも多いと思いますが、実際に売れていたのはカローラ店で売られていたレビンの方でした。
 厳密に言うなら当時は4A-Gを搭載したGT-APEXやGTVよりも女性仕様といて出ていたライム(トレノではリセ)の方がはるかに売れていましたし、街中で見る比率も高いものでした。
 ですから形式名も「86」ではなく「85」なのですがNスケールではどっちでもいい様なものです(笑)
DSCN6999.jpg
 ライトがリトラクタブルではなく固定式なので顔つきの印象はかなり異なります。
 が、レビンがいるとそれだけで80年代当時の街角の雰囲気が出てくるから不思議ですし、有難いポイントでもあります。

 RX-7の方はそんな軟弱な仕様が存在しないので(笑)単に「Nスケールの硬派なスポーツカー」ですが今のNスケールミニカーのラインナップがGT-RやZばかりの中ではかなり映える車種である事もまた確かです。
DSCN7000.jpg
 因みに裏を返すときちんと足回りがモールドされているのは(レイアウトでは使わないスペックですが)なんだか得した気分になれます。
光山鉄道管理局
 HPです。

にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。

posted by 光山市交通局 at 06:00| 岩手 ☁| Comment(2) | アクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月12日

バスコレの「ヒト・ものバス」

 買ってから一月以上経つのですが、今更の帰省の戦利品シリーズ。

 トミカではギャランだセリカだレパードだと景気が良いのですがNスケールのミニカーではこういうのも買いました。
DSCN6832.jpg
 バスコレの「岩手県北バスのひと・ものバス」という奴
 聞くところでは県北バスとヤマト運輸の連携により路線バスと宅急便の輸送車を兼用したものだそうです。

 要するの路線バスの合造車、ディーゼルカーで言う所の「キハニ」みたいなものですが、鉄道の合造車から連想される「鈍行」とか「普通列車」というイメージとは異なりこちらはれっきとした急行バスで運行されていたりします。

 前の帰省の折にこれが街中を走っている所は見ましたが、まさかこんなのまでがバスコレになるとは。
 モデル自体は現住地の模型屋にもあったのですがやはり買うなら実車が走る地域で「現地調達」の方が気分が出ます。
DSCN6834.jpg
 それにしてもこの手の合造車、路線バスタイプの車体が似合いそうな気もするのですが長距離バス用の車体を使って妙なスペシャリティ感を出している所が面白い。
 これをベースに「物置き付きキャンピングカー」なんてのがあっても面白そうな気もします。
 まあ、誰がそんなのを買うのかとも思うのですが(笑)
DSCN6835.jpg
 バスと言えば帰省絡みでもう一つネタがあるのですがそれについては次回にでも。

光山鉄道管理局
 HPです。

にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。


posted by 光山市交通局 at 06:00| 岩手 ☁| Comment(0) | アクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月14日

カーコレ80の「スカイラインターボ」

 最近、カーコレ80や他社のモデルの入庫が相次いでいるせいでHOスケールのミニカーが活況を呈しています。
 建物類も少ないながら入手しているのでこのスケールのジオラマもそのうち作れるかもしれません。

 今回入手したのもそんな中のひとつです。
 カーコレ80のR30スカイラインの4ドアセダン。
DSCN5329.jpg
 このシリーズでは一時期スカイラインのラインナップを充実させていましたが、中でもR30はセダンやHTは元より5ドアHBやバンまでリリースして当時のファンを驚かせたものです。
 このセダンはマニア受けのいいRSやRS TURBOではなく当時普通のグレードだったGT-ES。
 普通のグレードを敢えてモデル化する所がこのシリーズらしいところです。
 外見上RSとの違いはフロントグリルの造形程度。遠目で見ればRSとの区別は殆ど付きません。

 ですがこのモデル、当時実車であまりお目に掛からなかった「ブルーのメタリックのツートン」と言う所が一番目立つポイントだったりします。
 普通に白か銀でよかったのに(笑)
DSCN5330.jpg
 当時「ターボの日産」を標榜していた頃の車らしくフロントバンパーに「TURBOの鏡影文字」が書いてあるところが80年代ぽいです(笑)
 (これは「先行車のバックミラーに見せる」為の「威嚇用」の装備で日産のほか、三菱も良くこれをやっていましたw)

 モデルの造形については前にも書いた気がしますがそれに特に付け加える事はありません。
DSCN5332.jpg
 それにしても私が最近入庫させるHOスケールの日本車は日産ばっかりです。
 別に指名買いしている訳ではないのですが。
光山鉄道管理局
 HPです。

にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。

posted by 光山市交通局 at 06:00| 岩手 ☁| Comment(0) | アクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする