"車輌・電車"の記事一覧

今月の埋蔵金鉄コレから・205系京浜東北線仕様

 今回は鉄コレの埋蔵金車両のはなしから。  2月にリリースのNewDays鉄コレの205系京浜東北線仕様をば。  このシリーズの205系は山手線仕様の量産先行車と共に京浜東北線仕様の2タイプが出ています。  この仕様の205系自体は鉄コレとしては初めての製品化だそうですが、KATOを初めマイクロやGMが完成品やキットを…

続きを読むread more

帰省の戦利品 マイクロエースの711系100番台

帰省の戦利品からその2です。 マイクロの「711系100、200番台新塗装・3扉改造車・シングルアームパンタ3両セット」という見るからに長いネーミングの3連。 国鉄時代の2扉デッキ付きからJR化後は3扉化、平成以降はシングルアームパンタに改装されたという、カラーリングも「真っ赤な車体にクリーム色の帯がつく」と経歴も外観も実に個性…

続きを読むread more

KATOの200系新幹線ジャンク編成のそれから…

以前紹介したしなのマイクロ103系1000番台に続く「何事も待って見るもの」ネタの第二弾。  最も今度のは5年も待ちませんでしたがw  今年の初め入線させたKATOの最も古いバージョンの200系新幹線。  セットが4両でこれだけでも最小限の運転はできますが、レイアウトで走らせるにはいかにも短い。  200系自体はこれ以後…

続きを読むread more

夏の工作第一弾(笑)スケルトン700系

 タイトルこそ大仰ですが実質の制作時間10分位と言うお手軽さです(恥)  以前紹介したRM MODELSの付録の「スタートレインのスケルトン新幹線」  これを頂いたのは4月の事ですが何となく暫くおかれていた奴です。  つい昨日になって、そう言えば作っていない事に気が付きまして急遽作る気になったというお手軽さでした。  と…

続きを読むread more

しなのマイクロの103系と5年越しの成就(笑)

「何事も待って見るもの」そんな教訓を地で行っている様な、今回はそんな話です。 2014年の夏の事ですからもう5年は経ちますか。とある中古屋さんで入手したしなのマイクロの103系1000番代のモハ103。 一応動力車で(フライホイール付き)当初6500円の値札が付いていたのが値下げに次ぐ値下げで1550円にまでダンピングされていた…

続きを読むread more

KATOのE353系、またまた・室内灯と車掌室灯

先日探訪した鉄道民宿のはなしの続きと、KATOのE353系ばなしの第3弾です。 実は今回この民宿を探訪したのにはもう一つ目的がありました。 昨年秋にこちらを尋ねた折、そこでサードパーティ品の室内灯ユニット(グランライトと言うそうです)を扱っているのを知り、適当なタイミングで纏め買いしようと思っていました。実際は10カ月以上間が空…

続きを読むread more

鉄コレの205系武蔵野線仕様

 今回は鉄コレの埋蔵金モデルから  2月発売のJR東日本の鉄道コレクションから205系武蔵野線仕様をば。  先頭車メインと言うこのシリーズの特徴そのままに製品化されたのはクハ204 146。  武蔵野線仕様の205系、通称「メルヘン顔」です。  前面のブラック部分が曲線ラインなのと、通常縦に配置されているヘッドライト・テール…

続きを読むread more

KATOのE353系・それから

 この春入線したKATOのE353系のそれからのはなしです。  購入当初、付属編成を動力化した12連を自分のレイアウト(と言うほどでもないただの3連エンドレス)を走らせていたのですが、2,3回に一回くらいの割合で3両目と4両目の間で脱線が頻発しました。  最初はモデルの故障か何かかと思っていたのですが、付属編成と基本編成を繋…

続きを読むread more

701系盛岡色の三者三様(汗)

 先日のトレインフェスタでJREの鉄コレ701系盛岡色をものしましたが、前にも書いた様に私の手持ちで「701系現行盛岡色が3編成在籍」という昨年の今頃には考えられなかった状況になりました。登場時の旧塗装(マイクロ製)も入れると4編成なのだから豪儀な話です。  この3編成、何れもベースは鉄コレの青い森鉄道仕様の701系をリペイントし…

続きを読むread more

今月の埋蔵金鉄コレから・JR東日本クモユニ143

 当鉄道の鉄コレの埋蔵金編成から  今回は先日リリースのNewDays鉄コレのクモユニ143をば。  こちらは長野の方で使われている事業用車。  実は鉄コレとしては初登場だそうですが、ほぼ同じ仕様がマイクロから、キットがWinから出ています。  専用電車による郵便荷物扱いはとっくに終わっているのですが、長野では専ら職員の…

続きを読むread more

また、こんなタイミングであんまりな(涙)はなし

 先日SNSでクラブのメンバーとやり取りしている時に秋のKATOの新製品ラインナップが発表になったという話題が出ました。  最初はE233系の中央線ラッピング編成とかが話題に出ていたのですが、予告ポスターを見ていたら  「701系1000番台仙台色セット」と言うのを見つけて仰天しました。  マイクロに始まり、鉄コレでも70…

続きを読むread more

鉄コレの701系盛岡色をグランシップ入線させる(汗)

トレインフェスタでの入手品その3 とは言っても今回のは入手に関して偶然の要素はありません。 2月下旬にJR東日本のNewDays限定の鉄コレが出た折にその中の「701系盛岡色」の入手に苦労した話を書いたことがあります。 その時は先頭車が1両しか入手できず、目論んでいた編成化ができませんでした。 ですがその後、クラブのメン…

続きを読むread more

帰省とシンカンセンとE2系

 世間様の10連休もいよいよ終わりに近づき、行楽地からの帰途、あるいは帰省先から帰る車や乗客で高速や駅がごった返しそうな時期に掛かり始めました。  前述したように私の場合は、10連休が日曜日以外のほぼ全てが出勤になったので、ただの5月第一週。  因みに私の所属しているクラブでは今週初めに埼玉の駅ビルのオファーで運転会イベントの開…

続きを読むread more

KATOのE353系を動力化する

 先日入線したKATOのE353に絡んで。  このE353、普通の「あずさ」とか「かいじ」として使われるときは9連でも問題ありませんが、普通に付属編成を組み合わせた12連のほかに先日設定された「富士回遊」と言う3連を組み合わせた12連というのもあります。    ファンには言うまでもない事ですが、この「富士回遊」号は普通のあずさ…

続きを読むread more

KATOのE353系入線!

 昨年来リリースを心待ちにしておりましたKATOのE353系。  先日ようやくのリリースとなりました。  行きつけのショップの入荷日が月締めの土曜日と言う最悪のタイミングだったのですが、はやる気持ちを抑えつつ残業も早めに切り上げ、行きつけのショップに車を飛ばしてぎりぎり閉店間際のタイミングで入手しました。  同時に鉄コ…

続きを読むread more

NewDays 限定鉄道コレクションから

 鉄コレの埋蔵金編成から。  今回もNewDays KIOSKオリジナル鉄コレから。  実は今回の鉄コレは10種中6つが、鉄コレとしては初のリリースと言うのが売りになっています。  つまり残りの4種に関しては以前鉄コレでリリースされていたモデルという事になります。  それは101系中央総武緩行線、201系中央線快速、…

続きを読むread more

NewDays限定鉄コレから「ふたつのクハ205」

 鉄コレの埋蔵金編成から今回は先日リリースの103系山手線仕様から。  前にも書いた事があるのですが、当レイアウトに在籍する車両には山手線の電車はこれまで1両もありませんでした。  上京のたびに必ず一度はお世話になっている電車なのですが自分が乗るのと趣味で模型を買うのはやはり感覚が違うのでしょう。  尤も以前ジャンクの玉手…

続きを読むread more

NewDaysオリジナル鉄道コレクションから「仙石線の105系」

 鉄コレの埋蔵金編成から今回は先日リリースの105系仙石線仕様から。  105系の中でも仙石線の仕様はかつてマイクロから、後に鉄コレのオープンパッケージでもリリースされています。  元々が2連4両しか存在しない仕様だったそうでマイクロの4連セットさえあれば「実物と同じ数が揃う」事になります(笑)  ただ、鉄コレの仕様は登場…

続きを読むread more

NewDays KIOSKオリジナル鉄道コレクションの衝撃(笑)

 先日来、701系盛岡色のリベンジ工作をやってきましたが、その工作も佳境を迎えていた折も折、とんでもないニュースが飛び込んできました。  JR東日本の売店NewDaysにてオリジナルモデルの鉄道コレクションがリリース、しかもその中に701系現行盛岡色が入っているとの事。  この情報が入ってきたのが発売の1週間くらい前、まさに青天…

続きを読むread more

701系盛岡色のリベンジする・その2

 鉄コレの701系で現行盛岡色のふたつ目の編成を製作するはなし。  前回の続きです。  塗装と帯の貼り付けを済ませ、手持ちの年代物のJRインレタを前面に貼りつけ701系現行盛岡色はとりあえず完成。  早速前回のモデルとマイクロの更新前盛岡色と並べて見ました。  今回は前作とシルバーも帯色のトーンも異なるため4連の増結編成…

続きを読むread more

701系盛岡色のリベンジ

 昨年の秋頃にマイクロエースの701系盛岡色を入線させた時、現行色と異なっていた事から急遽鉄コレの701系を現行盛岡色の仕様に塗り替えた話を書きました。  ただ、苦労してやった割には効果が薄く、それが少々残念でした。  そんな折、昨年暮れのソニックシティのイベントでデカールを入手、今年に入って種車となる鉄コレの中古が再び入手…

続きを読むread more

TOMIXの四季島入線に思うこと

今週に入ってから当ブログはほぼTOMIXの四季島一色となってしまいました。 予約して購入した新製品でここまで引っ張った例は当ブログだとTOMIXのC57 135とKATOのC50の時以来になるでしょうか。 それ位この製品の模型としてのインパクトが強烈だったという事でもあります。 KATOの四季島から1年2か月も…

続きを読むread more

TOMIXの「四季島」入線3・内装とディテーリング

 TOMIXの四季島ネタ、二回を消化してまだ終わりません。  今回は内装と造形に関して。  実はTOMIXが四季島を出すと聞いた時、真っ先に連想したのがKATOとTOMIXでほぼ同時にリリースされ競合状態になったC11とDD13でした。  どちらもプロトタイプがほぼ同じな上に技術上は殆ど拮抗した実力のメーカーの競合でしたか…

続きを読むread more

TOMIXの四季島入線!その2

まずは動画をば TOMIXの四季島が入線してから走らせる度、手に取る度に驚かされっぱなしです。 前述した様にこの四季島の走り初めはこれを買ったショップのレンタルレイアウト(日本最大級のスケールなのでショップのおまけレベルではありません)、その後自宅のレイアウトや近所の鉄道カフェのレイアウトなど異なる条…

続きを読むread more

TOMIXの四季島が入線する!その1

一昨年の暮れにKATOから四季島が出た時、私の所属するクラブが地元テレビで紹介された時にはレイアウトの上に実車では絶対にありえない「四季島が4編成も並ぶ」と言う壮絶な風景が見られました。 ほぼ同じ時期、それとは別に普段鉄道模型などに縁のない故郷のローカル紀行番組の中でも地元商店街の模型屋さんの紹介でKATOの四季島が取り上げられていて…

続きを読むread more

KATOの200系新幹線と帰省の思い出から

 先日の衝動買い品から。  KATOの東北新幹線200系の4両セット。  東北新幹線の開業に合わせたタイミングでリリースされたビギナー向け4連。  当時これに飛びついたユーザーは結構多かった様で、現在でもあちこちの中古屋で出物を見かけるモデルでもあります。  現にこの間の帰省の時でも2軒のショップにありました。  今回…

続きを読むread more

昨年最後の入線車 HOBBY TRAINのET30

昨日当ブログの訪問者数が24万を超えました。 相変わらず鉄道と鉄道模型の話ばかりの当ブログですが今後ともよろしくお願いします。 今回は昨年暮れの帰省の戦利品から。 2018年の年越し運転では持ち込み車両とは別に帰省時に入線させた文字通り「今年最後の入線車両」が乱入する事があります。 帰省の折に中古ショップを漁って安い…

続きを読むread more

鉄コレ埋蔵金車両から 第26弾JR四国121系

 鉄道コレクションの埋蔵金ネタから  今回は第26弾のJR四国121系から。  実を言いますとあれほど琴電の車両を揃えているにもかかわらず当鉄道ではJR四国の電車と言うのは今回が初の入線です。  元々は本四連絡橋の開通に伴い電化された国鉄線用として登場したのが出自なので、JR仕様とはいえ国鉄電車の残渣を残す存在と言えます。 …

続きを読むread more

あの頃の流線形 モハ52系編

 先日から突発的にスタートした「昭和初期の流線形車モデル」のはなしから  ここまでは機関車の流線形を取り上げてきましたが流線形車両そのものはむしろ数的には電車の方で花盛りだったようです。  国鉄は勿論ですがその影響を受けた私鉄が似た様な電車や気動車を出してきた事でバラエティが広がったという面もありました。  後に屋根だけ丸…

続きを読むread more

偉大なる凡庸の系譜 701系編

 久しぶりに語る「偉大なる凡庸の系譜」  但し今回は相当に地域を限定する「JR東日本(とその譲渡車)の701系電車」なのですが。 「機械工学、空気力学、安全工学、材料科学、すべてのバランスの中で進化してきたんだ。701系、美しいと思わないか?」(By湯川先生)  などと某有名ドラマで言わしめた(爆笑)701系ですが、いつの間に…

続きを読むread more

KATOの「エメラルドグリーンの103系」

先日の静岡行きでの戦利品から。 次回の運転会で103系の「混色編成」をやろうと思っていたのですが、手持ちの常磐線カラーの103系は4両しかなく、他の色を混合しても「常磐線の電車に見えない」のが兼ねての難点でした。 エメラルドグリーンの103系が後3、4両は欲しいところだったのですが、丁度藤枝の中古ショップでエメグリの4連セットの…

続きを読むread more

鉄道コレクションの719系

 鉄道コレクション第26弾の埋蔵金ネタです。  物は719系磐越西線仕様。いわゆる「あかべぇ」仕様と言う奴です。  実は719系自体は数年前にマイクロの仙台色の仕様を入線させています。あの頃は関東以西でしかお目に掛かれなかった「211系顔」が仙台にまで進出してきた事に驚かされたものですが、いつの間にかそれもあまり違和感を感じ…

続きを読むread more

鉄コレ版701系盛岡色を作る(大汗)

 先日紹介したマイクロエースの701系盛岡色。  前にも書きましたが、今回の仕様は200年代の登場時に準拠した仕様で特に帯の色が現行と異なります。  後のIGRや青い森鉄道の第3セクター移管で、ほぼ同形の701系が異なる塗装で同じ駅に集まる事になった時、前述のふたつの第3セクターがどちらも青基調の帯色になったせいかそれらと見分け…

続きを読むread more

今月の新車から・「マイクロエースの701系1000番台盛岡色」

 今月の新車から  かねて長い事待ち望んでいましたマイクロの701系1000番台盛岡色。  製品化予告からかなり待たされましたがようやくの発売に勇んでショップへ駆けつけました。  701系は仙台色を筆頭に秋田色、田沢湖色、果ては青い森鉄道やIGRの仕様まで出ていたのに(しかも最近では鉄コレまでリリースされた)盛岡色だけはこ…

続きを読むread more

帰省の戦利品から TOMIXの455系訓練車

 今他の方のブログを覗いているとこの世界、ほとんどJAM一色ですが、今年もスケジュールと予算の都合もあってやっぱり出かける事はできませんでした。  それは残念ですが、先週の帰省の前後は例年になく収穫が多かったので多少なりとも慰めにはなっているかと。  そんな訳で今回は帰省土産から  物はTOMIXの455系訓練車3連。 …

続きを読むread more

ワールド工芸のクモヤ22001

 今月に入ってから続いている「夏の車両工作祭り(と言っていい状況になっていますw)」  そして実は今回も「コンテナネタ」だったりします。  先日紹介したワールド工芸のクモヤ22001キットの製作から。  購入から大分寝かせていましたが先日のチラ1に引きずられる形でなし崩しに製作を開始しました。  私にとってワールドのキッ…

続きを読むread more

鉄コレのクモハ52系から

 今回はある意味何をいまさらなネタです。  5月のアキバツアー最後の訪問地は八王子のハー●オフ。  ここはいつ行っても空手では帰らせないある意味悪魔のような存在ではあります。  ここでの入手品は鉄コレのモハ52系横須賀色の飯田線仕様。窓周りの伸びやかさが魅力の2次形車です。  青とオレンジの独特のカラーリングの方は新発売…

続きを読むread more

クモヤ22001と夏の宿題(笑)

先日のアキバ行きのサプライズ。 前々から書いているようにアキバやら新宿やらに買い物に行く時「新製品を買うことは滅多にありません」 地元のショップで予約した方が確実ですし交通費の差額を考えるとコストもほぼトントン。第一、人気モデルは「ヨド●シ」とか「タム●ム」辺りでは発売日の時点でほぼ瞬殺の勢いで売れてしまうので二日後以降に行って…

続きを読むread more

グランシップ入線車(笑)TOMIXの209系0番台南武線仕様

 先日のグランシップ前夜祭スワップミート大会での戦果から(爆笑)  TOMIXの209系0番代南武線仕様6連です。  この時代の通勤型は私の元々の嗜好とは少しずれているのですが、そこに逆に惹かれました。  先日の「新年の福袋」と同じような感覚とでも言いましょうか。鉄道模型というのは各個の嗜好の幅が狭くなりがちな側面があって…

続きを読むread more

今月の入線車・マイクロのクモヤ193

秋葉原のUDXのイベントでは大した買い物はしなかったのですが、その後中野ブロードウェイに行った時には結構掘り出し物に当たりました。 そのひとつがマイクロのクモヤ193でした。 サーモンピンクの検測車というのは時折盛岡近辺でも見かけたもので、それなりに懐かしさと親しみを感じる車両です。 加えてクモヤ193の場合は一見165系…

続きを読むread more