"車両・気動車"の記事一覧

今月の埋蔵金鉄コレから「JR四国 1000&1200」

 いつもなら車両紹介ネタは毎週日曜日に書く事にしているのですが、今週は台風19号関連のはなしの為に予定を変更して水曜日の投稿になります。  今回は埋蔵金化している鉄コレから発掘したネタ。  第28弾のJR四国1000と1200から  前にも書きましたが、私個人は四国に行った事はあるもののそこの気動車の方にはとんと馴染み…

続きを読むread more

気動車の「盛岡色」オンパレード(汗)

 ここ1年くらい当ブログで701系の盛岡色ネタを散々振っていますが、一般に鉄道ファンが「盛岡色」と聞いて連想するのは大概が気動車だと思います。当レイアウトでも10年くらいかけて少しづつ増備していますが、今回はその中からマイナーな順に紹介します。  キハの盛岡色というのは帰省の折り等で見かけたのですが、個人的に配色が今ひとつなのに加…

続きを読むread more

TOMIXのキハ100形「POKEMON with YOUトレイン」

 帰省の入線車から。  先日発売されたばかりのTOMIXのキハ100形「POKEMON with YOUトレイン」仕様。  これもまた東日本大震災に伴う復興支援の一環として登場した車両です。  私の現住地近くの駅にもこの列車のチラシが置いてあったりしますが、現在も一ノ関~気仙沼間を1往復しているそうです。  1両目は…

続きを読むread more

帰省の工作(笑)キヤ28を弄る

 サブブログでは触れていますが、先日から例年より遅めの実家への帰省中です。   今回の帰省では往路で丸一日車を運転し続けて体の節々が痛くなり、グタグタと疲れ切りました。このところの湿度が高い気候のせいもあるのでしょうし、年齢的に体力が落っこちているのかもしれないです。  ただ、幸いなことに故郷の方が現住地よりも気温が低いので…

続きを読むread more

JAMの戦利品からKATOのキヤ28

今回はJAMの戦利品から。 JAMで買い物と言えば私でもまず連想するのが「マイクロの限定モデル」という奴です。聞くところでは会期が終わると奥などで定価にかなり上乗せされたプレミア価格での出品がパッと並ぶのだそうで、いわゆる「限定品商法」のある一面を垣間見ることもしばしばだとか。 という訳で早速行列に並びメーカーの配る整理券を…

続きを読むread more

TOMIXのキハ55のミステリ(笑)

 今月の入線車とそれにまつわるちょっとしたエピソードから  このあいだの事、たまたま立ち寄ったハード●フで何の気なしに見つけたのが  「TOMIXのキハ55、バス窓準急色」のブックケース入りのセットでした。  TOMIXのキハ55系は私も出物があれば欲しいと思っていた物でしたが、私が欲しかったのは同じバス窓でも急行色の方だ…

続きを読むread more

鉄コレ第28弾のキハ126系

 今回は手持ちの鉄コレの埋蔵金編成から。  第28弾に入っているJR西日本のキハ126系です。  同じJR西日本系でも前に紹介しました同じ28弾のキハ127系はデンシャっぽさを感じさせるデザインだったのですが、こちらの126系はそれとはデザインのベクトルが異なり見事な位にスパッと切り落とされたような切妻の前面、「潔さ」と言う言葉…

続きを読むread more

鉄コレのHB-E210系ハイブリッド車

 先日発売の鉄道コレクションの第28弾から  第28弾ではJR東日本のハイブリッド車が3タイプ4両含まれていますが、ハイブリッド気動車と言う珍しいタイプである事と私の現住地がJR東日本の縄張りという事もあってか、ばら売りではこの4両が真っ先に捌ける傾向があった様です。  この中で小海線で使われたキハE200はいずれ紹介したいと思…

続きを読むread more

「トランヴェール」とラウンドハウスの「東北エモーション」号

 前回の帰省ネタとそれにまつわる入線車のはなしから  私が新幹線で帰省する時の愉しみのひとつに「その月のトランヴェールを読む」というのがあります。  トランヴェールと言うのはJR東日本が新幹線の座席背もたれにいつも挟んでいるリーフレット風の月刊観光誌で毎号青森から石川辺りまでの東日本管内の観光地をとっかえひっかえした特集を中…

続きを読むread more

鉄コレ埋蔵金編成から 第28弾のキハ127系

 当レイアウトの鉄コレの埋蔵金編成から。  今回は入線間もないのに既に埋蔵金扱いになってしまっている(汗)第28弾のアイテムから。  まえにも書きましたが、今回のお目当ては主にJR東日本系のハイブリッド車だったので他の編成は基本的に埋蔵金扱いになってしまっていますが「ブラインドパッケージででもなければ出会う事自体が無い車両た…

続きを読むread more

TOMIXのキハ100入線とTMSの広告のはなし(汗)

 つい先日電撃入線した新車から  TOMIXのキハ100二次型の2連です。  実はつい最近までこのモデルのリリースを知らずリリースを知った時にはどこの模型屋さんでも予約段階で払底してしまっていたという失敗をしてしまっていたモデルです。 いつからかTMSの誌上からTOMIXの広告が消えて大分経ちますが、そのせいもあって…

続きを読むread more

鉄道コレクション第28弾

 今年に入って異様なほど新車の入線が相次いでいる当レイアウトですが、KATOのE353系と同時に入線したのが鉄道コレクション第28弾でした。  先のE353系と併せると22両もの大量入線となりわたし的には「模型屋さんで新車のモデルを一度に買った両数の新記録」となったと思います。  その28弾ですが最近のステンレス車体のJ…

続きを読むread more

今月の珍車・マイクロのキヤ92-1

 天賞堂、エバーグリーンの閉店セールでは結構な戦利品があった上に出費も抑えられたのでこれだけでも十二分だったのですが、帰途に別な中古ショップで思いがけない出物を見て飛びついてしまうのはどうした事か。  モデルとしては昨年の物ですが変態度は異様に高いゲテモノモデルではあります。  昨年のJAMでイベント限定品として発売されたマイク…

続きを読むread more

今月の入線車からKATOの「鹿島臨海鉄道ガールズ&パンツァーラッピング列車」

 先日の天賞堂閉店セールの戦利品から  前述の通り、今回のセールは値引き率の高いアイテムが結構あったのですが私だったらこういうセールでもないと買わなかったであろう物がいくつかあって有難いセールだったのも確かです。  今回紹介するのはKATOの「鹿島臨海鉄道6006ガールズ&パンツァー最終章ラッピング列車Ⅳ」(なんて長い製品名…

続きを読むread more

タンゴエクスプローラーとレイアウトの彩り

TOMIXの四季島が入線して当レイアウトもスペシャルトレインが花盛りの様相ですが、この種の列車を初めて入線させたのは10年ほど前、レイアウトが600×900の小サイズだった頃です。  今回はその紹介から。  当初のうちのレイアウトでは観光地という設定だったので様々な特急車輌が入線していましたが、当時の入線車両は比較的普通のデザ…

続きを読むread more

今月の入線車・KATOのキハ82-900

 さて今月の入線車のサプライズ  KATOが先日リリースしていたキハ82-900がまだ在庫があったとの事で急遽入線させる事ができました。  実車は僅か2両しか存在せず必然的に運用は制限されますがそれでも「やろうと思えば使える」というのは有難い。  ただ、私の手元にあるキハ82系は文字通り年代物の初期~中期の仕様(動力車がキ…

続きを読むread more

帰省の入線車から・マイクロのEast-iD

帰省土産からその4 マイクロエースのJR東日本East-iの3連。 以前入線させた東海仕様のキヤ93と並ぶ「今時の検測車」です。 キヤの時は新車でしたが、今回のは中古モデルです。 個人的に今時の車両っぽいあの独特の顔にいまひとつ違和感を感じていたことが新車での購入を躊躇させる一因だったのですが、今回半額以下の出物があった…

続きを読むread more

昨年最後の入線車・TOMIXのキハ40烏山線仕様

 もう2月だというのに掲載のタイミングを逃していた昨年暮れの入線車から(笑)  故郷のショップで見つけたTOMIXのキハ40.  国鉄復活色を交えた烏山線の仕様です。  昨年の夏の帰省では同じキハ40の国鉄急行色が入線していますが、これに限らず故郷で拾う出物はなぜか気動車が多い感じがします。  特に暮れの帰省ではこれまで…

続きを読むread more

帰省の戦利品から TOMIXのキハ40急行色

 世間ではJAMが真っ盛りですが田舎の悲しさで私は今年も行けそうにありません。  そんな訳で今回も帰省の掘り出し物から。  これまたTOMIXのキハ40、急行色です。  キハ40というとモデルでも実車でもタラコ色の首都圏色のイメージが非常に強い車両です。ですから中古ショップでこれを最初に見つけた時は一瞬キハ40に見えず「両…

続きを読むread more

マイクロエース20周年記念「キハ90・91」

一昨年は鉄コレが10周年記念で秋田中央交通の電動貨車を出し、昨年はKATOが50周年記念でC50を出し、今年はTOMIXが40周年記念でC11とDD13をリリースと、ここ2,3年Nゲージ業界は記念モデルづいています。 だからという訳でもないのでしょうが、マイクロエースも20周年記念モデルをリリースしてくるとは思いませんでした。 …

続きを読むread more

今月のジャンクから・TOMIXの富士重工車

 今月のジャンク車から。  「富士重工」というと一般にはスバルのクルマのイメージが強いと思いますが、富士重工としては船や飛行機も手掛ける乗り物の総合百貨店みたいなメーカーでした。  当然鉄道関係も車両の製造などをしていた訳ですが、Nゲージのモデルで「富士重工」の名を冠したモデルは珍しいと思います。  モノはTOMIXか…

続きを読むread more

昨年最後の入線車と今年最初の入線車・その1

 昨年最後の入線車は帰省中の中古ショップで大晦日の夕方に見つけた出物で、「入線即年越し運転に参加」という事になりました(笑)  一方で今年最初の入線車も同じショップの出物ですが大晦日の時点で少し逡巡していたものを年が明けたとたんに急に買う気になって入線させたものです。こちらについては次回に回すとして、今回は昨年最後の入線車と年越し運転…

続きを読むread more

偉大なる凡庸の系譜・キハ02編

 このところストラクチャー関連ばかりで久しぶりに書く「偉大なる凡庸の系譜・車両編」となりますか。  今回取り上げるのはTOMIXのキハ02系。  実車がそうと言うのではなく「気がついたら増えていた」と言う不思議な経緯を持つ車両です。  600×900のローカル線レイアウトや400×900のミニSLレイアウトを作って見るとサ…

続きを読むread more

鉄道コレクション第22弾「江若鉄道と加悦鉄道の気動車から」

 鉄道コレクション第22弾から  今回のラインナップは共通点が「気動車だ」という以外にないのではないかと思える位にバラエティに富んだ機種が並んだ気がします。  個性が強すぎて人によっては拒絶反応を示す向きもあるかもしれませんが私個人はこういうおもちゃ箱をひっくり返したようなのは好きです。  中でも個性的なのが江若鉄道キハ12。…

続きを読むread more

鉄道コレクション第22弾・キハユニの3連発

 月が4月に変わりようやく入手できました。  鉄道コレクションの第22弾。  今回の目玉は何と言っても「湘南電車顔のキハユニトリオ」に尽きます。  TOMIXやKATOでもなかなかモデル化してくれそうにない気がする機種だけに鉄コレでのリリースは嬉しい限りです。  私も早速三つを並べてみました。  個人的にはキハユニ15…

続きを読むread more

ブラスボディのキハ35系またまた(笑)

 先日の上京で見つけたジャンク品から。  恐らくTOMIX製と思われるキハ30とキハ35-900のT車2両組です。  かつてエンドウ製しか無かった頃なら結構なプレミアでもついていそうなモデルですがMODEMOやKATOが次々に追随した今となってはあまり見向きもされないようです。  個人的にはエンドウ、TOMIXのキハ35系…

続きを読むread more

「鉄道ホビートレイン」に教えられたこと(笑)

 昨日の記事の続きです。  先日買いそびれていたある車両の中古モデルが見つかり、ようやく入線を果たしましたが車両自体があまりに面白過ぎて盛り上がっています。  それが何かと言うとマイクロのキハ32「鉄道ホビートレイン」  実はこのモデルのリリースは知っていたのですがなかなか予約に踏み切れず(汗)実際の発売時期はKATOのC…

続きを読むread more

TOMIXのキハ02と「あの頃の基本セット」から

 8月は帰省やお盆などで地元のショップを覗く機会が殆ど作れなかったのですが、先日久しぶりに回って見る機会が作れました。  久しぶりに覗いてみると品揃えが変わっていたり、ショップによっては鉄道模型の扱い自体が縮小されていたりと色々変化もありました。  それでも何かしら手に入ったのは有難い事です。  今回入手したのはTOMIX…

続きを読むread more

先月の入線車・マイクロのキユニ28

 今回は先月の秋葉行きの時の戦利品(笑)から  秋葉の通称酒屋さんにて袋詰めジャンクを入手したものです。  マイクロのキユニ28の2連。  キハ58系の郵便車と言うと以前入線したTOMIXのキユ25がありますがそれに続く第二陣と言う事になります。  2連ですから当然M車とT車のペア。  手持ちのキハ58のトレーラーとの…

続きを読むread more

TOMIXの36-700入線のはなし

 今回は久しぶりに新車の話を。  先日TOMIXの三陸鉄道36形700番台が入線しました。  実車の方は開業直後からずっと運行されてきた36形の後継機と目される機種ですが、まずは先の震災で廃車になった車両の充当から入ってきています。  昨年秋の「SL銀河」のツアーで釜石駅の構内に留置されているのを見ましたがあっさり目のデザイン…

続きを読むread more

帰省と「キット・ずっと2号」のはなし

 今回は昨年の帰省の折に入線させた車両から。  TOMIXの三陸鉄道36形「キットずっとの2号機」です。  一見すると1号機と違わない印象なのですが並べて見るとピンクと白の組み合わせが1号の逆パターンに近いものでこちらの方がカラフルです。  一昨年の帰省の折にも1号機を入線させていますが最近「帰省=キットずっと」のパターン…

続きを読むread more

GMにキハ45のはなし

 今回は気動車の変わり種の入線から。  GMキットの組み立て品のキハ45の2連です。  見ての通り客車のオハフ62を気動車に改造した変わり種であります。  客車を改造して気動車にするというのは最近でも50系をキハ141にしたSL銀河みたいなケースがあるので決して珍しい物でもないのですが、旧客の側面に近代的な切妻の顔が付いている…

続きを読むread more

今月の曲者・マイクロの名鉄キハ8000系

 今月の入線車から。  行きつけのショップに出物があった中古モデルですがプロトタイプからして結構な曲者です。  ごくたまにとはいえ、こういうのに当たるから中古モデルは面白い気もします。  物はマイクロの名鉄キハ8000系「北アルプス」仕様の6連。  名鉄8000系というと当時の国鉄高山本線への乗り入れを前提に製作…

続きを読むread more

KATOのキハ20系のはなし

 今回はNの定番車両のはなしから。  出だしはやっぱり中古モデルからです。  昨年秋に見つけたKATOのキハ20セット。  国鉄旧塗装の仕様です。  昔はこういうのも「横須賀色」と称していた事もありましたが実際にはクリームの部分がくすんでいるので完全なスカ色とは異なります。  先日ジャンク箱で入線したアーノルドのレール…

続きを読むread more

GMのキニ05を動力化する

 昨日のネタの続きです。  とにかくまともに走ってくれなかったキニ05の動力にはひと月ほどストレスを溜めていました。  が、その後に鉄コレ第10弾の動力ユニットが入手できたのでGMキニ05のコンバートを行ないました。  プロトタイプが同じとはいえ動力ユニットがすんなり入る筈もないと思っていましたが(笑)長さ、幅ともほぼ同じでそ…

続きを読むread more

寝酒編成GMのキハ04&キニ05のはなし・1

 今回は昨年夏の入線車のはなしを今頃になって取り上げます。。  GMのキハ04とキニ05の組み合わせ。  キハ04は先日鉄コレでもリリースされているので今更GMのバージョンを入れる必要は少ないのですが相方のキニ05は鉄コレで出ていないので食指が動きました。  こちらもキット組み品で2500円位でしたからそれなりにリーズナブルで…

続きを読むread more

今月の自宅運転会から・キハ58系三社三様(笑)

 秋の運転会直後の週末は雨に降り込められる日々で気分が腐る事夥しい一日でした。  当然外出も殆どなしです。  そんな折ですから自宅の運転会が結構な気分転換になりました。  そして今回は「キハ58系縛り」で。  キハ58系は私にとってはキハ20系と並んで故郷でよく見かけたディーゼルカーでそれだけに思い入れもあるのですが…

続きを読むread more

TOMIX最古のキハ58から

 今回は先日書いたキハ58のちゃんぽん編成に関連したネタです。  TOMIXのキハ58とキユ25、いずれも初期モデルです。  それまでNの気動車と言うとKATOのキハ20系と82系しかなくラインナップの不足がささやかれていました。  この少し前頃のTMSのミキストで読者の要望アンケートの話があり、当時のNゲージャーが欲しいのは…

続きを読むread more

キハ58のちゃんぽん編成のはなし

 今回は先月の入線車から。  SL銀河に乗ったついでにまた故郷の中古屋などを少し回ってきたのですがそこの戦利品から。  と言っても特に変わったラインナップではないのですが。  TOMIXのキハ58のT車。HG仕様です。  私にとってはキハ20系同様キハ58もいくら居ても困らない機種ですが、KATO、TOMIX、エーダイと…

続きを読むread more

秋の駅ナカ運転会から・5・鉄コレの三陸鉄道36-500形のデビュー(汗)

 駅ナカ運転会でデビューした車両の話。  今回棚幡線で活躍したのはミニSLのほかにもうひとつ、三陸鉄道のDCもとっかえひっかえで運行されました。  メインは一般客の受けの良いお座敷仕様とキットずっと仕様の2連。  これが時々はノーマル仕様の36と組み合わされて(順列組み合わせで単行も含めて6組位)運行されました。 …

続きを読むread more