"鉄道模型"の記事一覧

大昔のメルクリン基本セットから 線路とパワーパック

 先日来続いているメルクリンHOの基本セットのはなし  あれから手持ちの資料でこのセットについて触れている物がないか調べてみたら、1977年度版工作ガイドブックにそのものずばりの写真が載っていました。 (科学教材社 77年版工作ガイドブック 408Pより画像引用)  当時の価格は1万5千円。当時の16番でこれとほぼ同じ構成のカ…

続きを読むread more

大昔のメルクリンHOに触れる・1

 これまでの私のホビーライフでそれまでとは異なるフォーマットへの参入、それは例えばZゲージのスタートといい、16番の再開といい、その きっかけは「中古ショップで基本セットに出会った事」というのが大きく影響しています。  だからというわけではありませんが、今回の出会いも何か運命的なものを感じさせるものがありました。  先月の平日休…

続きを読むread more

思えば今年も「鉄夏」でした・・・

 今振り返れば今年の8月はいろいろとイベントが重なり、文字通り「テツドウモケイの夏」の様相でした。  このブログではこういうのを指して「鉄夏」と勝手に呼んでいます。  これまでこの呼び名を使ったのは3回目(2013年と昨年)ですが実際、今年の夏は特にそう呼ぶのがふさわしいひと月だったと思います。  なにしろ月の出だしからシ…

続きを読むread more

真夏の運転会2019で「Tゲージ」に驚く

先日設営の話をしたショッピングセンターでの夏の運転会から 勤務の都合上私が参加できたのは最終日の午後だけだったのですが、いつものクラブの運転会とは異なるノリだったので時間こそ短かったものの随分堪能させて頂きました。 今回の運転会は設営も含めると足かけ4日にもわたる長期のものでしたが、グランシップでさえ3日かけた事を考えると結…

続きを読むread more

猛暑の中、鉄道カフェでくっちゃべる休日(大汗)

 この猛暑の折、工作やイベントやらとある意味夏らしい気分は堪能していますが、その中で休日の昼間に一昨年オープンしている鉄道カフェに入り浸る事が増えています。  こうした地元鉄道ファンのオアシス的な存在の店、それも喫茶店という形態の店の存在は非常に有難いものです。  店の名物のレンタルレイアウトは先日、何度目かの改修で悠々…

続きを読むread more

アトラスのレールクリーニングカー

先日の静岡の戦利品から 今回紹介するのはレールクリーニングカーです。 一見別にどうということのないTOMIXのクリーニングカーですが、色が真っ黄色で前後のゼブラ塗装が個性を主張します。 実はこれはATLASブランドのモデル。 格好がそっくりなのは当然で「TOMIX MAID IN CHAINA」との刻印が付いています。A…

続きを読むread more

メルクリンとファーラーのカタログに酔っぱらう

 先日の秋葉行きでの土産物から  秋葉や中野の中古ショップではモケイの他古本のカタログなんかも割合安価に入手できます。  中でも外国メーカーのそれはボリュームといい情報量と言い日本メーカーのそれを軽く圧倒する中身なので、帰りの電車の中で読んで盛り上がるには好適な題材と言えます。  今回入手できたのはファーラーとメルクリンの…

続きを読むread more

梅雨時の謎のイライラに・・・(汗)

 6月に入ってこの方何となく気が沈みがちです。  朝と昼で極端に違う温度差と梅雨入り以来高い湿度などが精神状態に影響していると思っていたのですが、ここ数日ストレス感覚が高まりどうにもしようがない気分になっていました。  梅雨時に気分が沈むのは毎年の事です(むしろいつもの年よりも湿度は低めなくらいです)がそれにしても今年のストレス…

続きを読むread more

フィギュアとテツドウモケイの融合か?

 先日久しぶりで覗いた鉄道カフェでまみえたアイテムから  いつものこのブログとは少々ノリが違いますがご勘弁を。  そこに並んでいたのは店のカウンターと丸椅子のペーパーキット  バス停のベンチも試作中です。  鉄道模型のモデルの場合、150分の1か80分の1のスケールなのですが、ここに出ていたキットは12分の1スケール…

続きを読むread more

モジュールと背景の威力

 昨年のトレインフェスタでいくつかのクラブを見学した折、モジュールの中の背景画が大きな威力を持つ実例に数多くお目に掛かりました。  中でも駿河鉄道模型クラブの見学の折に、何枚も自作の背景画を見せて頂きましたし、季節によって背景画を差し替える事でレイアウト自体の印象が大きく変わる効果についてご教示頂き、大いに意を強くした…

続きを読むread more

エバーグリーン最後の買い物へ

 この間天賞堂エバーグリーンの話をしたばかりですが、そのエバーグリーンも2月17日で営業終了との由。  田舎者の私が銀座にまで出かける最大の理由だった店だっただけにショックも大きい物があります。  ですから、閉店直前に最後のエバグリ巡りをやったとしてもまあ罰は当たらないでしょう。  予想はしていましたがエバーグリーンシ…

続きを読むread more

1年の計

本来ならこういう事は元日に書くべきですが(汗) たとい趣味のレベルであっても、今年の目標などと大仰な事はなかなか思いつけない物ですがとりあえず今年やってみたいことを書き並べて見ようかと。  昨年ホテルとその周辺をモチーフにモジュールを改修しましたが、ホテルの建物を依頼主に引き渡したためそのスペースが再び更地になりました。モジ…

続きを読むread more

枕元のキハ40

ここ数ヶ月、寝る前の枕元に何の気なしに置いてあったモデルに和まされています(笑) 物は昨年の帰省の折に故郷で入手していたTOMIXのキハ40急行色。 キハ40に特に強い思入れがあったわけでは無いのですが、毎晩これを眺めていると何かホッとした気分になります。 国鉄色、それも急行色の気動車を見なくなって優に30年は経っていると…

続きを読むread more

去りゆく「鉄夏」をふりかえる

 いよいよ今日から9月  思えば七夕前の梅雨明けから始まり、猛暑と大雨の繰り返しみたいな夏ではありました。  7月前半の常識外れの猛暑にははっきり言ってまいりましたしゲリラ豪雨と台風の連続には驚かされました。  この夏はJAMにもまた行けずじまいでしたが、それでいて私個人にとっては一種の「鉄夏」と言っていいくらい色々とやった夏…

続きを読むread more

そして、この夏最大の大物(笑)

 いよいよ今日から8月ですが、7月からこっち、当鉄道は妙な位に車両工作が続いています。  今年の初めから色々なきっかけで購入していたキット類の消化という面もあるのですが、素材とか題材の面で「これ、作ってみたい」と思わせるようなアイテムに当たっている事も大きい。  乗工社のキットメイクから手を加えた山梨交通モハ7風路面電車など…

続きを読むread more

上京してジャンクパーツを買うはなし

先月の上京の折のはなしです。 銀座のエバーグリーンは私にとって「特に欲しいものがなく入るときに限って掘り出し物に当たる」という不思議な場所です。 その掘り出し物とは大概の場合「外国型のHOモデル」だったりするのですが、今回は少々勝手が違い日本型Nゲージのモデルが店内の大半を占領していました。 こういうのをみるのは寡聞な…

続きを読むread more

久しぶりの「ソロ運転会」

 今年に入り新規入線車のテスト走行を除いて纏まった時間と編成を用意しての運転と言う物をやっていませんでした。  この3か月例のホテル製作に掛かりっきりだった事やら日常の生活の疲れなどから、なかなかレイアウトを使う気分にならなかったのがそうした要因だったと思います。あと今年の冬は殊の外寒かったですし。  ですがこれだけ長く運転をし…

続きを読むread more

趣味の原点を振り返る・番外編「関水金属のEF65・その1」

 先日も書きました、この趣味を始めた頃の車両たちの話から。  殆どおっさんの懐古話ですがそこはご勘弁を。  一回目は昭和50年頃の関水金属製EF65から。  この趣味を始めた頃は(今も原則同じではありますが)一番のネックは予算でした。16番より安いとは言っても「カツ丼が300円、醤油ラーメンが180円で買えた時代」に「ナイ…

続きを読むread more

シーズンオフ直前の福袋のはなし

つい先週の話ですが今年最初の秋葉行きを敢行。その時の話です。 今回も研修会のついでという事もあって堪能しました(笑) まあ、いつもの富士そばで富士山盛りを食べ、いつものショップを巡った程度なのですが。 (メイド喫茶の真上にできた有名鉄道模型ショップとか、某有名ホビーショップのビルの一階にあるたい焼き屋とか、缶ジュース一杯で…

続きを読むread more

2017年を振り返る5 今年のモデルたち10選(笑)

2017年を振り返るその4 当ブログにとっては毎年恒例、私にとっては紅白歌合戦よりもノってしまう「今年印象に残った車両たち」から 数字は打っていますが順不同です。 1.C11(新車 KATO TOMIX、中古マイクロエース、トラムウェイ) 今年前半最大の旋風がC11でした。二大メーカーがほぼ同じタイミングで新車をリリ…

続きを読むread more

鉄コレ26弾予告のはなし

このブログでまだ出ていない新製品の話をする事はあまり無いのですが、今回は例外と言うことで。 まだ25弾の発売もまだなのに先日のホビーショーで鉄コレの26弾が発表されたとの由。 その中に701系(写真で見る限り仙台色?)とその派生車種が入っていて驚きました(青い森鉄道仕様) 701系といえば仙台以北の電車の主力車種で第3セク…

続きを読むread more

久しぶりの自宅運転会で汗をかく

 夏のくそ暑い時期、冷房のないレイアウトでの運転の頻度も必然的に下がり気味になります。  特に今年の蒸し暑さときたらたまったものではありません。  今回の運転は梅雨明け以来初めてですし、実家の運転会から数えても半月くらい空きましたか。  今回の運転にきっかけは先日の14系さくらの記事を挙げたのがきっかけでした。  それは…

続きを読むread more

73系と211系に室内灯を組みつける

 先日、中古ショップと模型屋さんの特売で室内灯ユニットをまたいくつか補充する事が出来ました。  電球式ながら細幅の純正ユニットと白色LEDながらも旧式のタイプ、いずれも6両分づつです。  特に現行の細幅のユニットは最近の車輛には標準ですから取り付けられる車両の幅も更に広くなります。  そこでかねて懸案だったTOMIXの73系と…

続きを読むread more

うちのレイアウトの「救援プッシャー」のはなし

 うちのメインレイアウトは線路配置こそ単純なエンドレス、しかも無勾配ですがベースが壁面に密着している関係で奥の方の線路に手が届きにくくなっています。  ですから手が届きにくい奥の方で列車が脱線したりえんこしたりするとおいそれと手が出せないのが悩みの種です。  レールのクリーニングならTOMIXのクリーニングカーの性能がなかな…

続きを読むread more

照明ユニットでトラブる・その2

 照明ユニットのはなしその2です。  TOMIXの照明ユニットが旧製品だったのに対してKATOのそれは現在も売られている「LED室内灯クリア」  こちらはここ十数年位に新規設計でリリースされた殆どのKATO車に対応するはずです。  ですからこちらに関してはTOMIXほど神経質に考えていませんでした。  こちらは何に装着し…

続きを読むread more

中古の室内灯のあれこれ・1

 話は昨年夏の帰省にさかのぼります。  帰省先の中古ショップでTOMIXとKATOの照明ユニットの割合安い出物があり、2セット、11両分を購入しました。  その時は何にそれを組み込むか全く決めていなかったせいもあって丸々1年近く寝かせていた状態となりました。  ですがその間、先日のトレインフェスタや運転会などで他のメンバーの走…

続きを読むread more

ロマンスVSビスタ!久しぶりの自宅運転会(笑)

 実を言いますと今年に入ってからモジュールの改修やら消防団の練習やら年度末と年度初めの多忙さやらで家のレイアウトでの運転会を殆どやっていませんでした。  グランシップもひと段落した事もあって少し暇が作れたのでこの間の平日休は久しぶりに3線フルに使っての運転を愉しみました。  今回セレクトしたのはグランシップで走らせるかと思っ…

続きを読むread more

Nゲージの「ガチンコ」に思うこと(笑)

 今月はTOMIXのDD13、C11がリリースされていますが、先日はKATOもC11をリリース、またDD13の後期型も昨年夏頃にKATOが出していて、私も今年の元日に入線させています。  こんな風にごく接近した時期に同じ形式のモデルが複数のメーカーから相次いでリリースされるというのは昔を知るものからすればすごい時代になったものだと…

続きを読むread more

SONYマイクロトレーンのレールのはなし

 今月のこのブログの主要な話題のひとつになってしまった感のあるSONYのNゲージのはなし  今回が一応の締めになると思います。  先日入手したSONYのED75にはエンドレス1個分のレールも付属していました。  線路については車両と異なりメーカーの刻印がありません。  マイクロトレーン解散時にセットばらしの車両やら線路や…

続きを読むread more

今年最初の・・・

 前にも書きましたが、今年の正月は元日までは実家に帰省、仕事が2日からずっと続いていたのでテレビで箱根駅伝の中継が掛かっていても「え?今日はまだ3が日だったっけか?」という感じでした。  それ位この時期は正月気分とは全く持って縁がない日々だった訳です。  私の日程で言うならこの時期いちばん正月気分になれるのは第一日曜日の「消防の…

続きを読むread more

今更ながらの「一年の計」(大汗)

 元日は実家から自宅に帰ってくるので精一杯でしたし、今日は今日で一日勤務でしたので一月二日のこの時間になってようやく落ち着いた感じです。  そんな訳で本来なら昨日書くはずだった今年の一年の計のはなしをば。  昨年はキットメイクやキットバッシュなどで車両工作も多かったですし、久しぶりにモジュールも新作を作ったりと意外と手を使う…

続きを読むread more

2016年を振り返る・3・今年の入線車両から

 2016年を振り返る、今回は今年の入線車で特に印象深かった物をピックアップします。  例によって新車からジャンクから加工品まで、更には日本型・外国型も全く問わないごった煮みたいなラインナップですが、要は「私の思い出にどれだけ残ったか、私の趣味性にどれだけ影響を与えたか」と言う徹底的に独断に満ちたラインナップです。  関水金属の…

続きを読むread more

「レイアウト内のイベント」のはなし

 レイアウトのミニシーンにイベントを加える方向性は2,3年前にジオコレやジオタウンがほぼ同じタイミングでお神輿やお祭りを製品化した辺りから注目され始めているジャンルと思います。  これは従来の様な車両主体にレイアウトや鉄道模型を捉える向きには思いもつかなかった展開と思います。  (とはいえ海外では例えば「ミニチュアワンダーラ…

続きを読むread more

Nゲージとディスプレイケースのはなし

 先日格安で入手したKATOの151系12連。  おそらく安かった理由のひとつがこれだったと思われます。  12両が丸ごと(とはいえ3両づつ4段)収まるディスプレイケース。  この中にこだま号が12両入ったままの状態で売られていたのです。  店員さんもこの状態からそう思ったのか「セットに動力車が入っていない」と思い込んで…

続きを読むread more

今月の入線車・鉄コレの「弘南鉄道7000系弘南カラー」

 3月に入り暖冬らしさが春らしさに切り替わった様な先日の平日休。  久しぶりにモデルに手を動かせられます。  モジュール改修をはじめとして課題はまだ多いですが。  今回やったのは手軽にできる「鉄コレの動力化」  これを「工作」と呼べるかどうかは大いに問題ですが(汗)  先日帰省の折に故郷の模型屋に残っていたTM-06を…

続きを読むread more

2015年を振り返る・2今年印象に残った車両たち

 2015年を振り返る  今回は今年を振り返って印象に残る車両たちを    例年同様に新車、中古、ジャンクがごった煮になっていますが自分の主観という事でご勘弁ください。  KATOのC12(新車)  ある意味今年出た新車の中で最も待ち焦がれていたロコでした。過去に出ている中村・マイクロのネガが殆どつぶされ小型レイアウトで運…

続きを読むread more

Nゲージ50周年と思い出から、工作ガイドブックとNゲージ

 個人的な「Nゲージ50周年」記念企画。実際には私の趣味歴を差し引いて40年分ですが(汗)  鉄道模型の趣味を始めようとしたときに私を誘ってくれた本の中の一冊に科学教材社の「工作ガイドブック」と言うのがあります。 この頃は「模型とラジオ」や「子供の科学」が鉄道模型の工作記事を定期的に掲載していた頃で本書も「模型とラジオ」の別冊…

続きを読むread more

死蔵一歩前の鉄コレをサルベージする(汗)

 今年に入って鉄道模型も値上げのラッシュが続き財布も細りぎみです。  新車の増備もですが、動力ユニットを含めたパーツ類の高騰も馬鹿になりません。  そんな事もあって例えば鉄コレの走行パーツも車輪だけ他社製品で対応するケースも増えています。    先日の上京でもKATOの中空車輪やGMの非集電車輪などをサンプル購入して試したり…

続きを読むread more

上京中の買い物・ASSYパーツに感じる「都会と田舎」のはなし

 先日の上京の折の戦利品から  今回は手持ちのモデルのレストア関係の買い物が多かったです。  完成品や新製品なら予約さえきちんとしておけば都会も田舎も入手そのものに大きなハンデはありません。  最近は通販や奥もありますし。  ですがレストア用の補修用品となると都会のショップの層の厚さは大きなメリットです。  以前、現住…

続きを読むread more

16番の中古パワーパックのはなし

 最近上京すると何故か出物に当たるジャンルという物があります。  現住地とか故郷とかのショップではなかなか買えないジャンルだったりするとそれなりにお得感もありますし図体の割には案外安価だったりして財布の負担も大きくないのが有難いです。  但し、異様にかさばるという問題点もありますが。  それは何かというと16番・HOスケールの…

続きを読むread more