今月の入線車 TOMIXのEF58大窓仕様

先日の棚幡線モジュール改修の折、買い物に出た中古ショップで見つけた出物です。  EF58という機関車、これまでにエンドウやKATOの製品を入線させているのですが「TOMIXのEF58」は兼ねて欲しかった機種でした。  書籍の写真や何かで見るとTOMIXの「大窓のEF58」にはKATOのそれにない不思議な雰囲気が感じら…

続きを読むread more

特撮テレビ映画とテツドウモケイ

 今回は鉄道模型ネタとしては搦め手といいますか、少々ヘンな話です(汗)  なのでそのつもりでご笑覧ください。  最近、CSで1968年放映の「ジャイアントロボ」の再放映があり懐かしさにかまけて毎度視聴しています。  その中に怪獣が湖畔の線路で重要人物を乗っていた列車ごと飲み込んでしまう話があったのですが・・・  「なんで…

続きを読むread more

モジュール改修前の困った障害

 ミニSLレイアウト「棚幡線」をベースにしたモジュールの改修ネタ・・・  と言いたいところですが、その前にクリアしなければならないハードルが聳えていました。  これをクリアしないと話が進まないので今回はそのはなしから。  以前から紹介していますがクラブのモジュールのベース板はKATOのレイアウトボードを使用しています。実は…

続きを読むread more

タキ3000が行き交う ひとり運転会のはなし

 久しぶりに自宅運転会の話から。  先日TOMIXからリニューアルのタキ3000の話をしましたが手持ちのKATOや香港TOMIXのタキ3000も複数入線させている事もあって「タキ3000の貨物列車を走らせたい」欲求が高まりました。  前にも触れた通り香港TOMIXのタキ3000はKATOのそれと併結できないくらいに造形と…

続きを読むread more

ザ・人間の「サバゲーの人々」

 久しぶりのアクセサリネタから。  ジオコレの「ザ・人間」の新製品に「サバゲーの人々」と言うのを見つけました。  当ブログでもたびたび書いていることですが殊、海外の鉄道模型メーカーでは情景用の人形のバリエーションが異様なほどに幅広く「まさか、こんなのが製品化されているとは」と驚かされることもたびたびです。  翻って日本…

続きを読むread more

TOMIXのリニューアル版タキ3000

 久しぶりに入手した新車ネタ。  まず余談ですが、先日現住地からほど近い駅前に開店したヨ●バシカメラ、家からは車で結構な距離なのですが、気が付いてみると10日に一度くらいのペースで押しかけています。  鉄道模型をはじめとするホビー系の品揃えが良いのはまあ、予想通りでしたし、実際これまでは地元のショップで扱っていないアイテムばかり…

続きを読むread more

次回イベントに向けてのモジュール改修計画

 ようやく気候も涼しくなり、レイアウトやモジュールの作業が行いやすくなる時節を迎えつつあります。  ここ数年はグランシップトレインフェスタでのクラブの出展にかこつけて手持ちのモジュールの改修やバージョンアップなどを行なっていますが今年もその方向で考えています。    今回の改修対象はミニSLレイアウトの「棚幡線」  実は…

続きを読むread more

鉄道ミステリとNゲージ番外編「少女七竈と七人の可愛そうな大人」

 前回に引き続き「鉄道ミステリとNゲージ」の番外編  なお、今回のはミステリですらありません。  今回取り上げるのは現在角川文庫(あるいは電子書籍)で買える桜庭一樹作「少女七竈と七人の可愛そうな大人」  いんらんな母から生まれ「大変遺憾ながら美しく生まれてしまった」と自他ともに認め、その美しさ故に常に孤高の存在を運命付けら…

続きを読むread more

ジャンクのKATO189系をいじる

 先日紹介したジャンク品のKATO189系のその後のはなしです。  購入時のこのモデルの問題点は  ・ヘッドマークが両方ともない  ・ヘッドライトが片側しか点灯しない  ・4両目までが密連タイプ、5両目以降がナックルカプラーでコンバートの控車が無い  の3点に集約されます。  このうち3番目のカプラーの問題は…

続きを読むread more

ヘルヤンの「パン工場」

 先日紹介したヘルヤンの積みキット消化のはなしをば。  まず手をつけたのは「パン工場」と称する奴です。  恐らくこの外見から見て、元々は機関庫のキットだったのを妻板のパーツを改修して工場風に仕立てたものではないかと思います。  さてこのキット、パッケージの作例写真を見るとお分かりの様にそのまま素組みすると見た目に地味な…

続きを読むread more