レイアウト改修2011・11・出品の前後のはなし

 今回のコンペでは「二回目の努力賞」を頂きました。  努力賞と言うのは殆ど自慢にはなりませんが、それでも参加しなければもらえない訳ですし賞を頂けるのは有難いことではあります。  それは置いておいて  実際、コンペに応募する前後の時期をピークとしてできたての作品(おそらくこれはレイアウトに限った話ではないと思いますが)と…

続きを読むread more

レイアウト改修2011・10再びレイアウト外に出る

 本当に久しぶりになりましたレイアウト改修のはなし。  コンペ出品のための撮影の話です。  今回の写真の撮影はふたつのシーナリィを持つというレイアウトの性質から4回に分けて行いました。  時期は2月から5月上旬にかけてですがこの時期は雪さえ降らなければ気候が比較的安定しているので撮影には好適な季節と思います。  又、時間…

続きを読むread more

マイクロの485系動力ユニットのはなし

 先日のC622の入線の際に一緒に購入していたアイテムがあります。  かねて予約していたマイクロの交換用動力ユニット。485系用です。  数年前に入線させていた485系3000番台、あの当時でさえかなりガサツな走りとラピッドスタートが気になっていたのでどうにかならないものかとかねがね考えていたのですが(実際は旧モデルでも抵抗の交…

続きを読むread more

2機のC62を比べてみる

 先日も触れた様にKATOのC622、マイクロのC623と2機のC62が揃いました。  入線時期も接近しているのでここはどうしても比べてみたくなります。  そこで外見を中心に並べて比較してみようと思いますが、これらはすべて個人的な印象ですので優劣の決定と言う意味では殆ど役に立たないものである事をあらかじめ申し添えておきます。 …

続きを読むread more

C623、マイクロの。

 実を言いますと今回のC622の入線の直前くらいのタイミングで地元の中古ショップでマイクロのC623を見つけて入線させていました。  小樽築港仕様の重装備バージョンです。  大昔、Nゲージを始めた直後位でしたか、当時の天賞堂の広告でC623の写真を見た事があるのですが当時のNは蒸気機関車自体がろくに出ていなかったのに16番で…

続きを読むread more

「ハレ」の機関車・C622

 今回は前振りが無闇に長いですがご勘弁を。  私の故郷を含めた田舎では今でも一部に「ハレとケ」という言葉、または概念があります。  Wikipediaから詳しく確認してみたのですが、「ハレ」と「ケ」というのは柳田國男が見出した「時間論をともなう日本人の伝統的な世界観」と定義されています。  民俗学や文化人類学において「ハ…

続きを読むread more

鉄博?風モジュールの展示車両

 今回はモジュールの話。番外編です。  通常の展示車両についてですが、もしこれが「鉄博」や「リニア館」の引き写しであれば「実際の鉄道の歴史的車両」という基準で車両を選択する所でしょう。  ですがこちらはあくまで自分(或いはメンバー用)の車両展示を目的とするので「模型史の上で意味のある車両」や「自分の思い出の歴史的車両」が展示…

続きを読むread more

「しなのマイクロエース」の185系

昨夜来のサーバートラブルで当ブログも半日以上閲覧も書き込みも出来ない状態でしたが、今はどうにか落ち着いているようです。  さて、今回は中古車の話です。  この間HidakamiさんのブログでKATOとTOMIXの185系を比較する話があり面白く拝見しておりました。  実は私の手持ちにもKATOの185系の200番…

続きを読むread more