週刊SL鉄道模型・蓄電池式機関車の二号を作る(汗)

 週刊SL鉄道模型にまつわるはなしその2です。  先日ショーティ化させた蓄電池式機関車。前にも触れましたがショーティ化に当たってキャブを詰めるかボンネットを詰めるかで迷った挙句ボンネットを詰めた経緯があります。  ところがこれを見ている内に「キャブの方を詰めたバージョン」も作ってみたくなってしまいました。  先日も触れ…

続きを読むread more

モジュール改修2011・見学者の増員

 今回はモジュール改修の続きです。    人形類は前作から更に増員を行いました。そろそろ二百人レベルでしょうか。  幸いな事に先日上京した折にショップの改装処分セールにあたり、通常価格の更に3割引きくらいの値段で入手できたものがあったので増員は前回より若干楽です。  小学生の見学は前回紹介した時の3倍になりました。 …

続きを読むread more

週刊SL鉄道模型第3号

 「週刊SL鉄道模型」第3号。  我ながら往生際が悪いと言いますか、また買ってしまいました。  これで迷いに迷いつつ49号まで行ってしまったら単なる「優柔不断なあほ」となってしまう気もします(大汗)  今号のパーツは貨物駅のホーム。  ジオコレのそれそのまんまの製品ですがまだこの辺りなら「改造のベースとして使う」と言う言…

続きを読むread more

モジュール改修2012・レイアウトの中にレイアウト・その2

 モジュール改修は遅々として進まないのですがその遅々たるところの中から。  前回紹介した「レイアウトの中のレイアウト」ですが前作よりもましな物をとリテイクを行いました。  実際に配置してみて気付いた点として「写真素材をそのまま使う」のでは如何にNスケールとはいえのっぺりした感じがぬぐえなかった事です。  ホームひとつとって…

続きを読むread more

今月の16番・KATOのC56

 週刊SLのはなしはひと段落つけて秋葉ツアーの買い物話の続きになります。  今回一番お買い得感の高かった一品  KATOの16番C56でした。もちろん中古です。  このモデルは私の地元や故郷ではなかなか見かけない機種でかねて出物があれば欲しかった機関車でした。  今回も新車ショップなどを回ってみたのですが大体2万…

続きを読むread more

週刊SL鉄道模型・蓄電池機関車を改造する・2・塗り変える

 前回、形だけは作った蓄電池機関車ですが実際に入線させて見ると形態はともかくとして色が元と同じ黒色なので目立たない事がおびただしい事に気づきました。  やはり完全なイメージチェンジを図るならリペイントは必須のようです。  とはいえカラーを買いに行く暇が無いので(理由は後述)手持ちのカラーから使えそうなものをセレクトしまし…

続きを読むread more

週刊SL鉄道模型・蓄電池式機関車を改造する

 今回は先日来話題にしている週刊SL鉄道模型の付録の話を。  第一号に付いて来た蓄電気式機関車ですが、鉄コレ第一弾のデキ100からパンタを取っただけと言うデザインはやむを得ない事とはいえ違和感を感じていました。  どうせならこのレイアウトに似合うようなもう少し小型の機関車にできないかと購入時から考えてきたのですが、手持ちのポ…

続きを読むread more

週刊SL鉄道模型の第二号

 週刊SL鉄道模型の第2号。  実を言うと未だにこれからどうするか逡巡しています。  50号購入特典のBタンクは確かに先週の日曜日までは魅力的だったのは確かです。  ところが先日の秋葉巡りでフライッシュマンの98式Dタンクが入線した事で状況が変わってしまいました。  先述のとおり98式はKSKタイプCタンクとほぼ同じ…

続きを読むread more

二両の小さな機関車(?)TMC100モーターカーと98蒸気

 今回の秋葉ツアーの掘り出し物と新車から  小型機関車(とモーターカー)の組み合わせです。  まずはフライッシュマンの98式蒸気。  一応ジャンク品扱いで出ていた物ですが、外見上の疵が見当たらない事から外箱がなかった事で処分された物ではないかと思います。  価格的には後述のモーターカーより安価だったので外国型としてはかな…

続きを読むread more

今月のジャンク車サロ185・リレー号仕様を捌く(笑)

今回もジャンク品大行進のひとつから。  マイクロエースのサロ185の200番台。いわゆる「リレー号」仕様です。  外箱のデザインなどから80年代中頃にしなのマイクロを有井が吸収した前後の時期のモデルのようです。  このサロの大きな特徴は「付随車なのに動力車」と言う点です。  これはアリイに吸収された前後の旧しなのマイク…

続きを読むread more