私版「SL銀河作戦」4・試運転とスケールアウト(汗)

 私版「SL銀河作戦」のラストです。  先週の日曜日には「SL銀河」が釜石線で運行を始めましたが、当鉄道の「C58みたいなの」はそれから5日遅れの昨日営業開始の運びとなりました。  レイアウトの大エンドレスにC58(のようなもの)を載せ、パワーパックのスロットルを回して走り出した時の快感はたまらない物があります。  これで…

続きを読むread more

趣味の思い出を振り返る37・趣味の再開と「RM MODELS」

 以前にTMSやとれいんについてその読み始めの話をした事がありますが、趣味の中断中に創刊された「RM MODELS」と「N」の事を書いていませんでした。  前々から書いていますが私の趣味の中断期間は大体1983年頃から2004年頃までなのですがまさかその間に鉄道模型の専門誌が2誌も新規に創刊される事になろうとは思いませんでした(笑…

続きを読むread more

私版「SL銀河作戦」3・とりあえず形にする(笑)

 私版SL銀河復活作戦のその4です。  ベースとなったKATOのC62の先輪は皆さんもご存じのように2軸でC58の1軸のそれとは異なります。  当初はC62のパーツを1軸化する事も検討したのですがどうやっても動輪とピストンの間が間抜けに空いてしまうため、結局C62用をそのまま装着してしまいました。  これでますますC58か…

続きを読むread more

トミーナインスケールの貨車たちのはなし

 先月の末の事ですが、久しぶりに車両ケースなどと言う物を買ってきました。  TOMIXのワラ1対応24両詰めの奴です。  どうしてこれを買う気になったかと言えば、最近になって「トミーナインスケールの2軸貨車が増えてきたから」だったりします。  40代以上のNゲージャーでナインスケールの2軸貨車を持っていなかった人はほとんどいな…

続きを読むread more

私版「SL銀河作戦」2・従輪をでっちあげる(笑)

 先日来紹介している童友社版プラモのC58をNゲージ化するプロジェクト「SL銀河復活作戦」のその2です。  前回で動力のコンバートは済みましたが、これだけではまだ「機関車」としては使えません。  何故なら動輪だけでカプラーもなく、貨車も客車も牽引できないからです。  C62の場合、動輪から後ろは本来なら2軸の従輪が付くのですが…

続きを読むread more

今月のジャンク車・謎のED78(?)

 増税後初(汗)の中古ショップめぐりにて見つけたジャンク品から  しなのマイクロ製らしいED78です。  「らしい」と書いたのは前のユーザーの手で手が加えられていたからであまり自信はありません。  製品の写真なんかと比べると微妙な差異もありますし。  某有名中古ショップでジャンク扱いで袋詰めになっていた奴です。  ボデ…

続きを読むread more

私版「SL銀河作戦」・動力のコンバート

 童友社C58の復活・通称「私版SL銀河作戦」いよいよ開始です。  とは言っても実際に手を加えるのはボディよりも動力に使うKATOの旧C62なのですが。  以前のC61の時と同様、ボディに動力を収めるためにウェイト部分を切削して細くする事、端梁をカットするのが主な工作です。  とはいえC62の場合ウェイトがそのまま集電を兼…

続きを読むread more

マイクロのC59-127・重油専燃機

 2月の豪雪時の新規入線したロコのはなしです。  前回のはDE11でしたが今回のもこれまたマイクロです。  C59127号機。いわゆる「重油専燃機」です。  一般に蒸気機関車と言うと石炭を燃やして蒸気を発生させるのが常ですが、要するに蒸気さえ発生できれば熱源は何でもいい訳で模型の世界ではライター用のブタンガスや電気ヒーターを使…

続きを読むread more

私版「SL銀河復活作戦」(笑)のはなし

 昨日まで紹介してきた童友社のNサイズC58。  造形やプロポーションはかなり大雑把な上にタンク機と間違えそうな構成にすらなってしまっているのですが、それでも当時の思い出を持つものとしては非常な懐かしさを感じさせます。  このままプラモとして保有していても一種のお宝モデルとして通用するかもしれませんが、私の場合どうにかして「…

続きを読むread more

趣味の原点を振り返る 童友社のNゲージ「C58のようなもの」のはなし

 童友社の9ミリゲージセットのはなし、先ずは車両から。  今回入手したのは私が持っていたC10ではなくそれより前にリリースされていたらしい「C58」のセットです。  ラインナップにはこのほかC11のセットもあったそうですがこれは見た事がありません。  そのC58ですが、写真をご覧頂ければお分かりのように「これのどこがC…

続きを読むread more