「ガメラ対ギャオス」に鉄道模型とレイアウトの魅力を観る(笑)

 レイアウトの観点から特撮映画を考えるコーナー(笑)かなりやぶにらみの所もありますがご勘弁を。  今回は「大怪獣空中戦・ガメラ対ギャオス」から。  昭和の大映の怪獣映画のミニチュアで特徴的に感じるのはセット自体のパノラマ性です。  シネスコの横長画面をフルに生かすためにセットを横に広く作りその中で怪獣同士が横への動きで対決…

続きを読むread more

MOREのキ620牽引力強化作戦(笑)その3

 この間から書いてきたMOREのキ620のその後です。  大分間が空きましたが少し目鼻がついてきたので報告させて頂きます。  前回、ウェイト追加でもキ620の走行性の改善が少なかった事を書きました。  その折にはレサレサさんからも「モータを抜いてトレーラー化してもKATOのD51の抵抗は意外に大きい」事などの指摘も頂き…

続きを読むread more

鉄コレのジェットカー

 今回も鉄コレの中古ネタです。  年度末の前後は大概の中古ショップに出物が並びやすくなるようですが、たまに田舎では見掛けない様なアイテムが出て重宝します。  今回の鉄コレも事業者限定品。  秋葉辺りの中古ショップでも見かける仕様ですが動力化、パンタ交換がしてあってこれより安いなら掘り出し物の部類です。  阪神電鉄5201形、…

続きを読むread more

ユーノスロードスターのミニカーに思うこと

 20年以上前の事になりますがあの狂的なバブル時代、三菱GTOとかHONDAのNSXとかセルシオやインフィニティと言ったバブリーそのまんまの車が街中にあふれた時期でもありました。  (そんな時期にあえてシャレードなんかに乗っている私などは金が無かったとは言っても相当にへそ曲がりな人種でしたw)  そんな時期に1.6リッター車であ…

続きを読むread more

今月の入線車・GMの名鉄5700系

 これまた中古ショップ入線です。  こちらはGMのキットメイク品の名鉄の5700系2連。片側動力車でカプラーはKATOカプラーに交換されています。  但し実際の5700系は純粋な2両編成がありませんでしたからここは姉妹機の5300系のつもりで使った方が精神衛生上良いかもしれません。  動力がGMなので走行性は鉄コレのそれよ…

続きを読むread more

懐かしの「エンドウの駅舎」から

 秋葉の某ショップで見つけたアイテムから  エンドウの「駅舎」  もちろん16番のアイテムです。  40年前位のモデルですが、NゲージではまだTOMIXすら出ていない時期に「テツドウモケイの駅」というとこのエンドウの駅舎を指していた時期が確かにありました。  当時の16番では最もシステマティックな金属道床線路と組み合わせる形…

続きを読むread more

日本型Nゲージの50年と思い出から・103系編

 昭和39年版の「模型と工作・鉄道模型ガイドブック」から50年前の16番モデル工作とそれ以降のNモデルの思い出を語るある意味支離滅裂な企画(汗)  今回は103系電車から。  103系と言うと今でこそ国電を代表するかつてのスターと言うステイタスでノスタルジーの代表格のひとつですが、本書の出た当時は101系の後継としてバリバリ…

続きを読むread more

「テツドウモケイの店」にふと思うこと

 今回の内容は最近よくある「酔っぱらいのたわごと」の延長です。  内容に整合性がない事もありますがご勘弁を。  かつて銀座の三越について書かれていた随筆の一節にこんなのがあります。 ~入り口をはいると天井が高くて、頭の上がガランとしているのは気持ちがいい。  桜の時節だとここの空に造花がいっぱいに飾ってあったりして、正面…

続きを読むread more

ホンダシティのミニカーのはなし

 今回はホンダシティのミニカーから  写真のモデルは通称「ブルドッグ」と呼ばれたシティターボⅡのものです。  実は私が免許を取った時最初に買うクルマでG11系シャレードと最後まで迷ったのがこのターボⅡの中古(爆)でした。  結局はシャレードターボになったのですがもしここでターボⅡを選んでいたらその後の私のカーライフもそれなりに…

続きを読むread more

今月の入線車・「マイクロのDF90」

 今月の中古モデルから。ディーゼル機関車の中でも変わり種の1両です。  物はマイクロのDF90秋田機関区仕様。  モデルの登場当時「まさかこんなのまでNゲージが出たのか」と一部で話題になったマイナー機のひとつです。  新発売当時は私などは存在自体知りませんでしたし(笑)  昨年でしたか、同じマイクロのDF91が入線し…

続きを読むread more