(私にとって)今年最初の運転会(汗)

 どういうわけか今年はこれまでクラブの運転会に参加できませんでした。  何れもスケジュールが合わなかったのが最大の理由なのですが、殊に5月のグランシップの参加が直前でできなくなってしまったのは今思っても口惜しい感じがします。  そんな訳で今年最初の運転会の参加がそろそろお盆を目前にしたこの時期になったのもクラブに入ってこの …

続きを読むread more

久しぶりに「とれいん」の新刊に触れる(苦笑)

 今回の話はやや旬を逃した話なのですがご勘弁を  最近、近所の書店が「とれいん」を扱い始めました。  TMSは定期購読していますし、RM MODELSやNは大概の本屋にはあるのですが、田舎の悲しさで「とれいん」はなかなか、と言うか殆ど当地の本屋で置いてくれないのです。  雑誌の場合定期購読を除けば「手にとって中身を確かめられな…

続きを読むread more

鉄道模型の買い物のはなし3「旅先で鉄道模型を買う」こと

 先日まで故郷に帰省してきました。  今回はそれに関連したはなしから。以前から触れている鉄道模型の買い物についてに一部重なる内容もありますがご容赦を。  最近は帰省の途中(故郷が遠いだけに「途中」と言っても結構な長さとなります)或いは故郷で中古屋を中心に出物を覗いてくるのが恒例となっています。  秋葉やら中野やらの「掘り出…

続きを読むread more

KATOの旧型カニ21をマニ20風にしてみる(大汗)

 先日来お知らせしているKATO旧20系の余剰車を使った工作から。  さて次の工作ですが今でさえ4両もたまっているカニ21です。  こちらは車体を切りついでマニ20風にでもして見ようかと。  さてそのカニ21→マニ20への改造計画から。  マニ20は元々カニ21の原型みたいな機種です。  全長はカニの21メートルに…

続きを読むread more

偉大なる凡庸・ED75またまた(汗)

 当レイアウト開設この方、順調に保有量数を増やしている「偉大なる凡庸」の最右翼は何と言ってもED75とEF65といえます。  どちらも中古の出物が出ると入線するパターンが非常に多いのですが、EF65は0番台、500番台や1000番台とタイプによる個体差が大きいので数が揃ってもそれほど増えた印象が意外にありません。  その一方…

続きを読むread more

KATOの旧20系からナハネフ22をでっちあげる(大汗)

 先日来お知らせしているKATO旧20系の余剰車を使った工作から。  先ずは70年代の終わり頃にTMSのプレイモデルにも掲載されていた工作。  ナハフ20とナハネフ23のエンド部を交換して「ナハネフ22とナハフ21を作る」というものを。  幸い当時の工作記事は手元にありますからこれを参考に実行します。  先ずふたつの客車…

続きを読むread more

日本型Nゲージの50年と思い出から・近鉄あおぞら号編

 昭和39年版の「模型と工作・鉄道模型ガイドブック」から50年前の16番モデル工作とそれ以降のNモデルの思い出を語るある意味支離滅裂な企画(汗)です。  今回は近鉄の修学旅行電車のあおぞら号から  近鉄と言うと先ずビスタカーに代表される2階建て電車がメジャーどころですが、本書で取り上げられていたあおぞら号も個人的に大好き…

続きを読むread more

あのころの「プレイモデル」を懐かしむ

 毎年梅雨明け以後は私自身が汗っかきな所に持ってきて、夏バテでやる気が失われやすく特にレイアウト関連の工作が殆どストップしてしまう時期に当たります。  だからという訳ではあるのですが(汗)「台所の隅っこでもできる」Nの車両の改造や加工がここ数年の夏休み工作になっています。  古くは切り継ぎによるワサフ8000とかEH10のシ…

続きを読むread more