HOスケールの「丘の上の一軒家」

 最近上京すると何故か出物に当たるジャンルという物があります。  現住地とか故郷とかのショップではなかなか買えないジャンルだったりするとそれなりにお得感もありますし図体の割には案外安価だったりして財布の負担も大きくないのが有難いです。  但し、異様にかさばるという問題点もありますが。  それは何かというと16番・HOスケー…

続きを読むread more

EF13の3連発(笑)

  今回は中古モデルの入線車から  物はワールド工芸のEF13戦時型です。  これの同形は昨年マイクロの物を入線させているのですが、そちらは初期も初期のタイプで「デッキなし、電車用のPS13パンタを搭載」というタイプでした。  ですが今回のワールドはデッキ付なので仕様が異なる凸型EF13が2両揃った訳です。  それを…

続きを読むread more

KATOのタム500と2軸タンク貨車のはなし

 KATOのC12と同時位に2軸貨車が発売されていましたが、予算不足でこれまで買えていませんでした。  と言う訳で10月になってようやくタム500の入線です。  それにしても2軸貨車で1両1000円を超えていますからKATOの貨車も高くなったものです。 (例外的なケースとしてホビセンで買ったASSY寄せ集めのワサフ8000が3…

続きを読むread more

小さな時刻表に「掌の小宇宙」を感じた話(笑)

 今回は書籍のはなしから  先日の帰省の折に押入れをひっくり返している時に見つけたもののひとつに列車時刻表があります。  表紙に「1982年6月23日からの新ダイヤ」と書かれている様に東北新幹線の盛岡~大宮間が暫定開業したタイミングで出された(あるいは配布された)ものです。  これだけだったら「単なる古い時刻表」であり時刻表マ…

続きを読むread more

カーコレで出ないかな?日産ブルーバードのはなし

 今回は久しぶりにレイアウト絡みで車の話をば。  カーコレの新シリーズは最近なかなかその話を聞きませんが個人的にぜひ出してほしい車種がありますので今回はそのはなしから。  16番スケールのカーコレの80ではかつて歴代のスカイラインをモデル化した事がありますし、Nスケールのカーコレ自体も歴代フェアレディを出した事があります。 …

続きを読むread more

最古のNゲージ10系客車・CABのナハフ10のはなし

 先日お話した10系客車の話の続きです  まず、この箱をご覧ください。  まるで日本茶かお線香でも入っていそうな緑の紙箱(そういえば昔の中村の蒸機の箱もそんな感じですが)  実はこれの中身はNゲージの客車です。  それもトミーナインスケールより早くNゲージに参入した幻のメーカーの手になる「ブラスボディのナハフ10」だった…

続きを読むread more

日本型Nゲージの50年と思い出から・ナロ10・ナハフ11編

 昭和39年版の「模型と工作・鉄道模型ガイドブック」から50年前の16番モデル工作とそれ以降のNモデルの思い出を語るある意味支離滅裂な企画(汗)です。 今回は10系軽量客車から  ナロ10とナハフ11を取り上げます。  本書が出た昭和39年当時、10系は最新型の部類に属する客車でした。  当時の旧客(と言ってもその大半…

続きを読むread more

あの頃の8ミリ映画に見る「遊園地のキシャたち」

 しばらく間が空きましたが、40年前の鉄道関連の8ミリフィルムから  前回予告した通りやや搦め手です。  東京見物という性質上、鉄道関連の映像にもいくつか変り種がありました。  それは「遊園地関連のミニ鉄道」の映像です。  最初の映像は大船ドリームランドのミニ列車。  遊園地列車特有のディフォルメの効いたフ…

続きを読むread more