マイクロエースED91を合成する(汗)その5「デッキ部を合成する」

 マイクロエースのED91の合成モデルのはなしの続きです。  ここまでの改造でボディ本体の方はどうにか形になりつつありますが問題として残ったのはデッキの部分です。  もともとED91タイプに付いていたデッキ部はシャシとほぼ一体となっており鉄コレの12M級動力とのマッチングの点で問題を残していました。  何しろED91動力の…

続きを読むread more

鉄道模型の買い物のはなし5・「可能性にカネを払う」ということ

 前回の「レンタルレイアウトに完成なし」を考えていて付随的に思いついた事から。  先日のホビセンの買い物なんかは特にそうですが単体では別にどうという事もない製品でも「あ、これはレイアウトに使えそう」とか「これがあるとこのミニシーンができるな」とか思いながらアイテムを買い物かごに放り込む事が多かった気がします。  実際にそれがレイ…

続きを読むread more

マイクロエースED91を合成する(汗)その4「塗装と屋根上」

 この間から悲惨さだけが加速しているED91合成作業の続きです。  今回の改造に当たって昨年暮れに秋葉原のGMに出向いて必要と思われるパーツを調達しました。  パンタはTOMIXのED75用を転用、碍子類は彼の地でも銀河の物が残っていなかったのでGMの交直流電車用を数両分入れました。  配線類についてはエバグリの処分品に燐青銅…

続きを読むread more

「もっともくわしい機関車鉄道図鑑」

 今回は久しぶりに70年代の児童向け鉄道入門書のはなしから。  ものは朝日ソノラマの「もっともくわしい機関車鉄道図鑑」です。  本書の著者は先日物故された竹島紀元氏。  ファンには言わずと知れた「鉄道ジャーナル」の元編集長、レールウェイライターの草分けだった方です。  「入門」でも「大百科」でもなく「図鑑」を名乗って…

続きを読むread more

鉄道博物館風モジュールを改修する・1・反省点と展望から

 先日も運転会の折にちょこっと紹介した鉄道博物館風モジュールの改装作業の話を今回から不定期で書こうと思います。  実はこのモジュール、製作したのは2011年~2012年にかけての期間で、実際に運転会に供したのは2012年に二回だけでした。実はこの2回で出来の粗さと当初の計画の甘さを痛感してしまい、更にそれ以後は同じベースを共用する…

続きを読むread more

運転会の撤収とミニバンのはなし

 先日の雪とそれに続く急激な冷え込みはついこの間までの暖冬傾向を記憶の彼方に吹き飛ばした感があります。  今朝などは氷点下5℃を更に下回り完全に真冬モードとなりました。  しかもこれがあと1週間は続くとの由。全くどこが暖冬かとため息が出るほどです。  ですが先日の運転会の最終日はメンバーの半数が先々恐々だったのに比べればまだま…

続きを読むread more