鉄道ミステリとNゲージを語る13「急行出雲」から

 今回は鮎川哲也の「急行出雲」から  大阪で起きた殺人事件の容疑者が出雲に乗車したアリバイを主張、所が該当の車両の客は誰ひとりとして被疑者を見ていない。  被疑者は本当に出雲に乗っていたのか、もしそうならアリバイは何故消されたのか。  これが本作の大まかなあらすじです。  本作の肝は列車編成で素人がイメージしがちな思…

続きを読むread more