今月の埋蔵金鉄コレから・JR東日本クモユニ143

 当鉄道の鉄コレの埋蔵金編成から  今回は先日リリースのNewDays鉄コレのクモユニ143をば。  こちらは長野の方で使われている事業用車。  実は鉄コレとしては初登場だそうですが、ほぼ同じ仕様がマイクロから、キットがWinから出ています。  専用電車による郵便荷物扱いはとっくに終わっているのですが、長野では専ら職員の…

続きを読むread more

フィギュアとテツドウモケイの融合か?

 先日久しぶりで覗いた鉄道カフェでまみえたアイテムから  いつものこのブログとは少々ノリが違いますがご勘弁を。  そこに並んでいたのは店のカウンターと丸椅子のペーパーキット  バス停のベンチも試作中です。  鉄道模型のモデルの場合、150分の1か80分の1のスケールなのですが、ここに出ていたキットは12分の1スケール…

続きを読むread more

「全国森林鉄道」

 今回はこの間見つけた古本から。  この間JTBの鉱山鉄道の本を紹介しましたが、鉱山鉄道とくると何となく森林鉄道の本も欲しくなります。  そんな事を考えていた折に近所の古本屋でこれを見つけるというのも何かの縁かもしれません。  JTBキャンブックスの「全国森林鉄道」  4扉の20M通勤車が行きかう私鉄電車は都会に行く…

続きを読むread more

モジュール改修2019 車の配置と時代設定の変更のはなし

 今回はモジュール改修ネタから  今回風景を差し替えたモジュールの右半分の人形や小物の配置は大体すみましたが、車の配置で少し困った事がありました。  カーコレの登場この方、Nゲージスケールの日本車のミニカーはかなり充実して来ました。  しかしここ数年のカーコレ新製品は現代の風景に対応した車種が多い反面、単価が高くなり過ぎた事と…

続きを読むread more

 NゲージのED75の歴史を俯瞰してみる

   日本のNゲージが始まってからもう50年以上が経ちますがその間の歴史の中でモデルの進化が最も感じられる形式と言うとまずED75があげられると思います。  かのSONYがNゲージ黎明期に発売を企図したのがED75だったのは知られていますが、その後もトミーナインスケール初の日本型機関車としてリリースしたのもED75ですしKATOがこ…

続きを読むread more

今月の新車から KATOのED75 700番台

先日の入線車から KATOのED75 700番代です。 現在リリースされているED75の中では最新モデル(とはいえリリースから3年くらい経っていますか)で最近最密志向を強めている同社のノウハウが注ぎ込まれた75といえます。  とはいえ、リリースからだいぶ経っているので新車の入線はまず無理と思っていたのですがアキバの某ショッ…

続きを読むread more

また、こんなタイミングであんまりな(涙)はなし

 先日SNSでクラブのメンバーとやり取りしている時に秋のKATOの新製品ラインナップが発表になったという話題が出ました。  最初はE233系の中央線ラッピング編成とかが話題に出ていたのですが、予告ポスターを見ていたら  「701系1000番台仙台色セット」と言うのを見つけて仰天しました。  マイクロに始まり、鉄コレでも70…

続きを読むread more

「駅前文化遺産」

中野の某同人誌屋さんで入手したアイテムから。 「八角文化会館 駅前文化遺産」 これを買ったショップは普段アニメとか特撮、あるいは昔のドラマの同人誌が並んでいることが多く、こうしたシーナリィガイドみたいな物件紹介の同人誌が並ぶとは思いませんでしたw 本書は内容的には以前紹介した「都市、街の建築」に似た構成ですが、本書の場合地…

続きを読むread more

ブログ12周年に思うこと

 気が付いたらこのブログを始めて干支が一回りしていました。  5年前にブログサービスを変更していますが、この形式のブログとしては今日が12回目の誕生日であります。  自分で言うのもなんですが、鉄道模型と鉄道関連のはなししかしないブログがここまで続くとは思いませんでした。  とはいえ、その間当初Nだけだったこの趣味も16…

続きを読むread more

モジュール改修2019、線路際の小商店街

モジュール改修ネタの続きです。  当モジュールは元々テーマに応じて線路以外の風景を差し替えるというコンセプトのモジュールですので常に意識して場所ふさぎを作らないと空き地ばかりが目立つ事になります。  クラブの規格ではメインラインの手前側に約10センチ程度の空白の場所があります。  本来はここもシーナリィのスペースなのでここ…

続きを読むread more