ワールド工芸の「TMC400A」

今回は積みキットではなく、最近になって入手したモデルのキットメイク(要するに「素組み」)です。  物はワールド工芸のマルチマテリアルキットのひとつ「TMC400A」モーターカーです。  これの入手に際しては少なからず行きつけの店のご店主にお世話になりました。この場を借りてお礼を申し上げます(汗)  このタイプのABSと…

続きを読むread more

ビル街の屋上のアクセントのはなし

 先日来、モジュールの改修と並行してメインのレイアウトの電気街の改修もすすめているところです。  特にNゲージスケールの場合、ビルが立ち並ぶシチュエーションであっても「街並みを上から見下ろす様な」眺め方になる事は多いものですが、その眼で見ると気になるのがあまりに画一的すぎる屋上の造作です。  (次に気になるのが非常階段の有無ですがw…

続きを読むread more

NewDaysの鉄コレから「クハ103仙石線仕様」

 先日入手したNewDaysの鉄コレから。  今回は仙石線仕様のクハ103から。  この間仙石線ネタや103系ネタでも取り上げましたが、旧国の改造車ばかりの仙石線にようやく(?)新世代の103系が入線したのは昭和54年頃のこと。  最初のうちは普通にオレンジとかライトブルーだったのが徐々に派手な帯やカラーリングの車両が増えだし…

続きを読むread more

モデラーとコレクター、そして運転派のはなし

 先週書いた「中古モデルを買ってふと思ったこと」のはなしの続きです。  かねて当ブログでも何度か書いていますが、鉄道模型の趣味には「モデラー」と「コレクター」という二つの方向性がありました。  日本における鉄道模型趣味が元々「欲しいモデルを自分で組み立てる」というモデラーの立場からスタートしているせいか、「(製品化された)欲…

続きを読むread more

みにちゅあーとの「ビルC 」に燃えたはなし(笑)

 みにちゅあーとの積みキットの消化・・・と言いたいところですが、実を言いますと今回のはわざわざ新品を注文したものです。  ものは組み立て難易度が★5つ満点の★4つという「ビルC」  実はさんけいさんのHPで作例写真を見ていてつい「これは欲しい!」と思えるキットだったので、即注文を入れたというネットの衝動買いの典型みたいな買い…

続きを読むread more

今月の入線車・鉄コレの「JR103系東海色更新車」

 先日発掘した中古モデルから  以前、NewDaysのJRE鉄コレで川越線仕様の103系2000番代の話を書いた事があります。  そこではクーラーユニットを屋根上に二つ搭載した独特な重厚感のある車体に琴線を動かされたと書いたのですが、似た様な仕様の103系がJR東海からも出ていることを忘れていました。 こちらは名古屋で…

続きを読むread more

「鉄道模型 少年時代」のはなし2

 先日、鉄道模型少年時代のレールクリーナーの話を書きましたが、肝心の本誌のことを書く機会を逸しておりました(汗)  本誌が出ていた頃は毎週買うだけの資力と根性(と置き場所)がなかったので通しで読むことができなかったのですが、先日クリーナーと一緒に本誌を数冊買うことができ何冊か通しで読むことができました。  だいぶ前に創刊号を…

続きを読むread more

中古モデルを買ってふと思ったこと

 先日訪れた中古ショップで久しぶりにとある鉄コレの中古を入手しました(何かについてはいずれ触れる機会もあるかと思います)  その折にふと思った事から。  今回入手した鉄コレはいわゆる「Nゲージ化した」アイテム。  元々の鉄コレは「無動力でプラスチック製の車輪、大雑把な造形のパンタグラフが付いている」ものです。  実質的に…

続きを読むread more

ク5000と「脱獄12時間」

 数年前にCSで観たアクションドラマ「ゴールドアイ」(昭和45年 日本テレビ 東映)の一編に「脱獄12時間」というのがありまして、東京の警察を脱走したふたりの容疑者が、車を乗り継いで神戸に向かうという話がありました。  ストーリーでは、東名高速道路で検問に引っかかりそうになった二人は車を乗り捨て、跨線橋の上からたまたま通りがかった…

続きを読むread more

みにちゅあーとの「看板建築B」

 先日の積みキット消化ネタから。  今回紹介するのは「看板建築B」です。  看板建築自体は古くはGMのキットとして、後にジオコレやジオタウンでも製品化されている定番商品です。  ただ、それらのいずれもが田舎か下町の町屋をベースにファザードを取り付けたタイプで並べると些か単調な感じもしていました。  今回製作し…

続きを読むread more