「少年サンデーとテツドウモケイ」のはなし

今回は1970年代の一般雑誌における鉄道模型の扱いのはなしから。 1970年代前後の時期、一般も読むような雑誌類では鉄道模型のステイタスというか立ち位置がどの様なものかについてはかねて断片的にこのブログでも書いてきました。 中でも今わたしが読みたいと思っているのがかつて水野良太郎氏が自著で取り上げていた「レイアウトの連載…

続きを読むread more