甘味横丁裏の製作・アクセサリ


 風景としての大体の形ができてきた所で雰囲気つくりのアクセサリを追加して行きました。この部分はレイアウトを作っていて一番効果を実感でき、且つ楽しい部分であります。
 まず、道路の区分線を引いて道を道路らしく整えた所で電柱、街路灯、踏切警報機、道路標識、線路柵の順に追加して行きます。
 今回は限られたスペースにアクセサリを詰め込んだ印象が強く少し過剰すぎたような感じもありますが、車を何台か配置してみると実際の風景もこんなものかもしれないと思い始めています(結構いい加減ですね)

 手前の通りからトロリー線の踏切を覗き込むと独特の臨場感を感じました。
 実際に試運転するとどういう感じになるでしょうか。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック