第二モジュール・プランニング、それから・・・


 風景のモチーフに川と橋を設定する事、サブラインとして独立したエンドレスを敷設する事は決定しましたが、第一条件の踏み切りをこれに加えるとモジュールとしてはかなり様々な要素が詰め込まれる事になります。
 そこで手持ちのパーツを様々に配置して検討しました。

 モジュール用のボードに線路を配置した所です。一番手前の本線部分は線路が曲がっていますが本来は直線になります。
 運転会に使われる手前側の3線と平行する形でサブのエンドレスが配置されますが、R140のエンドレスだと多少スペースに余裕が出来ることが解った為にエンドレス自体本線と完全に並行させずやや角度をつけて配置し見た目の変化をつけることにしました。
 川の予定地(と言う言い方も変ですが)はモジュールの中央よりやや左側モジュールを縦に分断する形で配されます。
 川幅は280㎜前後を予定します。これはTOMIX製のガーダー橋を配置する事から導き出した数字です。
 実際にはこれとは別に本線と支線用に書く一本づつ、エンドレスの奥側にもう一本と少なくとも4本の橋が掛かる事になります。

 建物を配置した図です。川の右側は町並みと併用軌道をモチーフとします。町並みでは最近急に充実してきた数十年前の町屋(ジオタウンや街コレ等)を配置しこれまでよりもやや落ち着いたレトロ調のものにする事にしました。
 又、サブラインのエンドレスはそれだけだと車輌の入線がしにくくなる為、連絡線を敷いてモジュール外のサブセクションに接続する形としました。
 余談ですがミニカーブレールのシリーズは当初からカーブ半径が3種類用意されていた事や、ポイントばかりかクロスレールまで設定されていたおかげでかなり自由度の高い線路配置が可能で重宝しました。路面化パーツまでリリースされており至れり尽くせりです。

 そんな訳で線路配置が決定した時点で早くも試走列車が走り出しました。この時点では西洋紙に描かれた仮配置図の上を走るだけですが、実際の運転のイメージがこの段階で纏まった事はこれまでのレイアウトやモジュール造りではなかった事です。
 
 さて、このブログですが先程カウンターを観ると3万アクセスを達成していました。
 不器用な内容のブログですが、どうにかここまでこられた事は感慨深い物があります。
 御覧の皆様、ありがとうございます。

この記事へのコメント

2008年07月20日 09:10
おはようございます。
3万件アクセス達成おめでとうございます。鉄道模型にこだわって、3万件は凄いと思います。
次々と新しいモジュール、レイアウトに挑戦している姿は、素晴らしいです!。
これからも、楽しい鉄道模型の世界を見せて下さい。
目指せ!、4万、5万・・アクセス!。
2008年07月20日 21:11
>杉やんさん

 いつもコメントありがとうございます。
 いよいよ梅雨も明けて猛暑の季節。稀代の汗かきなので夏中は製作も滞りがちなのですが、ブログは出来るだけまめに更新して行きたいと思います。

 今後ともよろしくおねがいします。

この記事へのトラックバック