番外編・踏切色々

 私が加入しているSNSで最近踏切はどこのメーカーの製品を使うかと言ったような話題があり、興味を持って拝見しました。
 考えてみたらNゲージで日本型の踏切は私の知っている範囲でも実物通りに作動するタイプが2機種、形だけで動作しない物が3種市販されています。
 実際に作動するタイプは高価な上に自分のレイアウト上では路線が短すぎて短時間に何回も作動してしまいそうなのでダミーの物を専ら使っています。これらは先程も触れましたが、市販品で3種出ているのですがそれらを全てレイアウト上に組み付けているので比較が出来そうです。

 先ずは最初に取り付けたGM製の物から。キット形式で塗装も自分でやらなければならないのですが、警手小屋やセンサー類などのアクセサリが充実しておりかなり本格的なものが作れます。実はレイアウト製作当初は踏切製品はこれしか知らなかったので迷わずこれを購入しました。塗装は確かに手間ですが、支持柱等は細身でなかなか良い感じです。

 その後製品の存在を知り使ってみたのが河合製の完成品です。構成パーツが大柄で太め。見る人によっては玩具っぽく見えるかもしれませんが塗装済みで購入後すぐに取り付けられるのは魅力です。但し、地面にそのまま置くと遮断機の位置が高すぎてしまう事がありその場合は加工が必要です。

 最後に一番最近にリリースされたトミーテックの物。印象としてはGMと河合の中間と言った印象でしょうか。遮断棒が長めで
道幅によってはカットして使う必要があるかもしれません。又、ベース部分が高くて状況によってはベースをカットして遮断棒を低くした方がよい場合もあります(私のモジュールでは遮断棒の下をクルマがくぐれそうな位高かったです。写真のものはベース部分をカットしています)

 と、このようにメーカーによって一長一短がありますが、実際使った感じからすればどれを択んでも使いでのあるアクセサリと思います。ただ、意外に警報機のバリエーションが少なくよく見かける高い所に警報ランプのあるタイプや遮断機にワイヤーを使ったタイプなども欲しい所ではあります。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック