師走のみつけ物

 先日の運転会は私にとっては年に数少ない上京の機会でもあったので、ついでに銀座の某時計店も覗かせてもらってきました。
 流石に老舗だけあって面白い物もありそうでしたが、時間の都合もあって事前に知っていたアイテムを押さえるのみでした。次の機会にはゆっくり覗いて見たい物です。

 レイアウト用品コーナーにあった「レイアウト建物用のネオンサイン」アメリカのメーカーらしいです。
 サイズ的にHO用の雰囲気ですがNでもある程度の大きさのビル(例えばTOMIXの総合ビル)には使えそうです。
http://jp.youtube.com/watch?v=QEla9t_Gcgs
 動画はこちらですが、この製品のいい所は電飾部分が極めて薄いことで、看板でなくてもビルの壁面に取り付ける事もできそうに感じました(実際やってみないと効果の程は解りませんが)
 駆動は単4乾電池3本、発光パターンも複数選択できます。

 もう一つは4階の中古コーナーで見つけたフォルマーの近代型駅舎。実はこれもHOスケールですが私にある目論見があったのであえて購入しました。中古なだけに部品の欠落も散見されましたが私の狙いには使えそうです。
 この建物の特徴は開放的なコンコース部分にあります。日本のレイアウト用の建物にない個性がポイントでした。

 これらと、先に購入していた品と併せて次のレイアウト(モジュール)改修の方向性が見えてきました。
 その計画については追々紹介したいと思います。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック