街並みの小改修プラン1

 先週来、路面電車線での運転を続けていますがこれまでの細切れシーナリィでのぶつ切り運行と比べ、風景の連続性と拡がり感が随分違って見えてきました。
 又、運行距離も伸びた事から電車を走らせながら眺める「流れとしての風景」がこれまで以上に意識されてきた感じもします。

 そうなるとこれまで使ってこなかったアクセサリや建物類で気になるものもいくつか出てきました。これから当分の間はそうしたものを徐々に追加して行きつつレイアウトを改修してゆこうと思います(この他、線路自体の改良も必要ですが・・・)


 そうしたアクセサリの一つに「歩道橋」があります。
 ぶつ切り状態の時にはこれがあると却って風景がうるさく感じられる気がしてこれまで敢えて使わなかった施設ですが、レイアウトが合体して路線自体の奥行が出てくると今度は逆に線路が長すぎて走行が単調に感じられてきました。
 そこでふたつのベースの接合部付近の交差点に歩道橋を追加して変化をつけようと思い立ちました。


 幸い以前のモジュール製作の時のGMのキットの余りがあったので木工ボンドで形だけ仮組みしてどこに配置するかを検討しています。道路をまたぐ形で配置されるために、その先の奥行が十分でないとレイアウトを狭く感じさせる危険のある施設と思いますが、今見た限りではどうにか様にはなりそうです。
 また、これを配置する事で視覚的に街並みの風景を分断して風景の流れにメリハリが付けられるかもしれないとも考えています。

 ただ、このキット自体が下に電車を通す事を想定した設計でなかったらしく江ノ電の通過では派手にパンタを引っ掛けました(笑)歩道橋自体のかさ上げは必須です。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック