レイアウトの新住人・こういうのも出てましたか…


 先日宝山のピンセットなどを購入した秋葉原での買い物で私を驚かせたのがこれでした。
 アイコム製造の「メイドっ娘」。
 秋葉原のショップでこういう品が買える事自体「出来すぎ」の感じもします(笑)

 これだけでもかなりの驚きでしたが、最初、店頭で見かけた時は上の写真の物しか見つけられなかったのですが、レジに持って行った時に店員さんに「このタイプでいいですか?」と聞かれて二度びっくり。
「まだバリエーションがあるんですか?」と思わず聞き返してしまいました。

 結局2セット手に入れました。実はもう1セットと聞いて反射的に「色違いの同一品」位に考えていたのですが、帰宅して開封してみると色ばかりか型自体が違っていて3度びっくりです。
 服装もかなり細かいところまで塗り分けられていてかなり力の入った製品と見受けました。

 余談ですがメイドのフィギュアというのはこれが初めてではなく、かのプライザーの製品でも2005年現在で少なくとも2種類が出ています。但し、今回のそれとは違い「ホテル従業員のひとり」とか文字通りの「家政婦」といったノリの物ですが。


 年甲斐もなくこんな物に手を出してと我ながら思いますが、レイアウトに電気街を組み込んでいる関係上ぜひ必要なアイテムだったので今回の製品は実に有難い物があります。
 何しろメイドがないばっかりに代役としてブルトレのウェイトレスやクリスマス用ミニスカサンタまで動員していましたので(爆笑)

この記事へのコメント

2009年07月04日 11:30
小物類もいろいろあるんですネ。
メイドなんて、イイですね。実際のメイドさんに一度くらいは会って見たい願望はあるのですが・・・。
Nサイズで発売されているのですね。Nの世界でそれが可能になれば、それもまたイイですネ。
アイコムですネ、購入を検討します!!。
先の「建売住宅」、私も買いましたが、なかなかイイですね。
こうした小物類がたくさん販売されて、イイのですが、最近は財布と相談になっちゃっています。
2009年07月04日 23:19
>杉やんさん

 ひところに比べて減った気もしますが、秋葉原に行くとどこかしらでメイドさんがチラシを配っている光景を見かけますね。ある意味電気街(秋葉原に限らず)の風物詩と言えるだけに是非欲しいアイテムではありました。

 実はこのフィギュア以上に驚かされたアイテムがもうひとつありました。
 海外製品で「レイアウト用のミステリーサークル(ご存知でしょうか?主に欧州で見られる「畑に麦を倒して描かれた円形を中心とした一種の図形」で一時宇宙人のいたずらなどと騒がれていた物です)と言うのが出ていました。

 どうもこの種のお遊びアイテムはまだまだ欧米が数段上手のようです。

この記事へのトラックバック